近畿コンピュータ電子専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

近畿コンピュータ電子専門学校は大阪府にあるIT・コンピュータ・Web系の専門学校です。
近畿コンピュータ電子専門学校は学校法人に認可されています。

近畿コンピュータ電子専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
IT・コンピュータ・Web系
デザイン・写真・芸術系
大阪府栄市西区鳳西町3-712 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

近畿コンピュータ電子専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

南海本線羽衣駅/JR阪和線鳳駅

近畿コンピュータ電子専門学校の入試情報

AO入試:AO面談、書類審査
AO特別入試:オープンキャンパス、学校見学会、進路相談会のいずれかに参加必須、AO面談、書類審査、筆記試験(作文)
指定校推薦入試:書類審査(書類審査の結果、必要と判断された場合は、面接あり)
高等学校推薦入試:書類審査(書類審査の結果、必要と判断された場合は、面接あり)
一般入試:書類審査、一般常識(国語・数学・社会・理科・英語)、面接
特待生入試:面接、適性検査、作文、数学、筆記(分野に関する内容)、デッサン(CG・デザイン分野のみ)

近畿コンピュータ電子専門学校のオープンキャンパス情報

近畿コンピュータ電子専門学校にはオープンキャンパス、進路相談会、学校見学会、また午前中や土日に参加する事が難しい人を対象とした放課後のオープンキャンパスがあります。
これらのイベントに参加すると、入学選考料の2万円が免除される特典を受けられるので、ぜひ参加しておきましょう。
オープンキャンパスでは、各学科の専門的分野の体験授業に参加することができます。
また、保護者に向けての説明会も併催され、学校の特色や学費等についての説明を行けることができます。
オープンキャンパス参加者は入学前に無料の授業「ステップアップセミナー」を受講することができます。
オープンキャンパスの日程に参加できない場合は、学校見学会も随時実施されています。
個別に進路についての相談をしたい人には、不定期土曜日に開催される、進路相談会もおすすめです。
これらのイベントへの参加申し込みは、公式ホームページにて受け付けています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ITスペシャリスト専攻(2年制)|学費:201~300万

概要

ITスペシャリスト専攻は、2年という短期間で効率よくIT技術の基礎を学ぶコースです。
システムの開発・設計から利用まですべてを網羅し学ぶことで、IT技術者(SEなど)に必要不可欠な知識を学びます。
また、より実践的な技術を身につけるために、インターンシップを実施します。
資格試験対策を一人ひとりに合わせて行って合格へと導いていくことも、特色のひとつといえます。

学費詳細・費用

ITスペシャリスト専攻 総額224万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

情報処理技術者国家資格の取得を目指して学びます。
近畿コンピュータ電子専門学校の所定カリキュラムを履修していると、試験の一部が免除されるというメリットがあるのもポイントです。
個々人の能力、習熟度に合わせて試験対策を行うので、1年次から2年次の内容も学ぶことができるようです。

就職・内定先の実績

就職内定率は100パーセントの実績があるようです。
主な就職先は専攻ごとには発表されていませんが、IT・エンジニア・ビジネス分野のOB、OGの就職先として、株式会社ソフテム、東芝テックソリューションサービス株式会社、株式会社ソフトウェアサービスの名前があげられています。

システムエンジニア専攻(3年制)|学費:301~400万

概要

システムエンジニア専攻は、上級エンジニアの育成を目指す3年制のコースです。
ITの基礎を学びつつ、プロジェクトを進める力の養成を狙った実践的な授業として、自主研究をカリキュラムに取り入れています。
また、作品制作発表会、グループワークなどによって、上級エンジニアに必要なコミュニケーション能力を学びます。

学費詳細・費用

システムエンジニア専攻 総額326万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

Javaプログラミング能力認定試験や、マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)、情報処理技術者能力認定試験などの資格取得を目指せるようです。
近畿コンピュータ電子専門学校の校内で受験できるテストセンターがあるようです。

就職・内定先の実績

システムエンジニア専攻単体の就職先は発表されておらず、ほかの同分野の専攻と同等の内定先であると考えられます。
株式会社ソフテム、東芝テックソリューションサービス株式会社、株式会社ソフトウェアサービスの名前があげられています。

ITエキスパート専攻(4年制)|学費:401~500万

概要

ITエキスパート専攻では、より高度なカリキュラムで実践的な力をつけ、IT・ネットワーク関連のエキスパートを目指す四年制の学部です。
実践的なプロジェクトマネジメントや、技術の開発を学びます。
自身で設定したテーマや最新技術などについて、研究の結果を卒業時に発表し、プレゼンテーション能力を養います。

学費詳細・費用

ITエキスパート専攻 総額428万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

ITエキスパート専攻では、より専門的、ハイレベルな資格取得を促していきます。
国家資格である情報セキュリティスペシャリスト試験、応用情報技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験などの取得を目指します。
また、卒業時は「高度専門士」の称号を得ることができ、大学院への入学資格となります。

就職・内定先の実績

主な就職先は専攻ごとには発表されていないため、ほかの、IT・エンジニア・ビジネス分野の専攻コースと同等の内定先であると考えられます。
株式会社ソフテム、東芝テックソリューションサービス株式会社、株式会社ソフトウェアサービスの名前があげられています。

ゲームプログラマ専攻(2年制)|学費:201~300万

概要

ゲームプログラマ専攻は、ゲーム制作の基礎であるC言語やC++を学ぶことで、1年次から一人でゲーム制作を行える技術を身につけていきます。
二年次には、3Dの技術を学んでいき、チームが一丸となって3Dゲームを作ります。
また、年間300時間以上にも及ぶ実習で、より実践的な技術の習得を目指します。
プレゼンテーション能力の向上にも力を入れているようです。

学費詳細・費用

ゲームプログラマ専攻 総額224万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

ゲームプログラマ専攻では、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験などの国家資格や、C言語プログラミング能力認定試験などの民間資格の取得も目指していきます。

就職・内定先の実績

ゲーム分野の各専攻の内定先として、株式会社アクワイア 、株式会社アンビション 、合同会社シュガーカットなどの情報が見つかりました。
卒業生はそれぞれゲームプログラマーや、プランナーとして活躍されているようです。

ゲームクリエイタ専攻(3年制)|学費:301~400万

概要

ゲームクリエイタ専攻は、完成度の高いゲームを作ることができる人材を三年間で育成していくコースです。
1年次と二年次には、ゲーム制作の基本を学び、ひとりで完成させる技術を身につけます。
3D技術を用いたゲームも制作し、成果物を発表する機会も設け、プレゼンテーション能力も磨かれるようです。
3年次には、シェーダプログラム等についても学ぶことで、よりクオリティの高いゲームを作っていくことで、企画力を身につけることも狙います。

学費詳細・費用

ゲームクリエイタ専攻 総額326万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

ゲームクリエイタ専攻では、国家資格や民間資格の取得を目指します。
一例として、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、C言語プログラミング能力認定試験などがあげられています。

就職・内定先の実績

ゲーム分野の内定先は、他の専攻と同様、ゲーム関連会社が多いようです。
公式ホームページでは、株式会社アンビション 、合同会社シュガーカット、株式会社アクワイアの卒業生が紹介されています。

ゲームエキスパート専攻(4年制)|学費:401~500万

概要

ゲームエキスパート専攻では、4年間学ぶことでより高度なゲーム制作能力を身につけていくコースです。
1年次には、ゲーム制作の基本的知識、技術と並行して、高度な技術を要する3Dゲーム制作技術も会得していきます。
課題にチームで取り組むことで、コミュニケーション能力を身につけながら、高度なスキルを習得していきます。
4年次には、ネットワークについての知識を取り入れ、オンラインゲームの製作に挑戦していきます。
完成したゲームは、日本各地で行われるゲームコンテストへ出展することができるようです。

学費詳細・費用

ゲームエキスパート専攻 総額428万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

ゲームエキスパート専攻では、卒業することで、大学院入学資格である「高度専門士」の称号が付与されます。
また、他のゲーム分野の各専攻と同様に、応用情報技術者試験、基本情報技術者試験などに挑戦できるようです。
得られた資格は、ゲームプランナーゲームデザイナーなどの仕事に有利になるようです。

就職・内定先の実績

公式ホームページでは、株式会社アンビション 、合同会社シュガーカット、株式会社アクワイアの卒業生が紹介されています。
ただし、これはゲーム分野の各専攻合わせての卒業実績のようです。

ビジュアルデザイン専攻(2年制)|学費:201~300万

概要

ビジュアルデザイン専攻は、多種多様なソフトを駆使し、幅広い分野で活用できるデザイン技術の会得を目指していくコースです。
1年次にはデッサンでデザインの基本を丁寧に学びつつ、ソフトの操作方法なども学習します。
2年次には、ウェブページやポスター、3DCGなど、様々なジャンルの作品を制作していき、実践的な技術と感性を向上させていきます。

学費詳細・費用

ビジュアルデザイン専攻 総額224万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

CG・デザイン分野の各専攻では、CGクリエイター検定、画像処理エンジニア検定、Webデザイナー検定などの民間資格試験合格を目指せるようです。

就職・内定先の実績

CG・デザイン分野の卒業生の多くがデザイナーとして活躍しているようです。
就職先として、有限会社キャンプライズ、株式会社D4A、株式会社ジェイオンラインなどがあげられています。

ゲームグラフィックキャラクター専攻(3年制)|学費:301~400万

概要

ゲームグラフィックキャラクター専攻は、3DCGの高度な制作技術を学ぶ3年制のコースです。
1年次と2年次には、デッサンによって基礎的な力を身につけます。
デッサンで培った技術を活かし、3DCGで創作キャラクターを生き生きと動かす術を学びます。
3年次には集大成としてアニメーション制作にも挑戦します。
チームで課題に取り組むことで、コミュニケーションスキルも身につけていきます。

学費詳細・費用

ゲームグラフィックキャラクター専攻 総額326万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

取得を目指す資格として、CGクリエイター検定、画像処理エンジニア検定、DTP検定などがあげられています。

就職・内定先の実績

ゲーム・CG分野では、特別講師として現役の技術者を招いた授業を行っており、企業とのつながりも強いようです。
就職先として、有限会社キャンプライズ、株式会社D4A、株式会社ジェイオンラインなどがあげられています。

CG・デザインエキスパート専攻(4年制)|学費:401~500万

概要

CG・デザインエキスパート専攻は、CG・デザイン分野の技術をより深く、そしてより広く学んでいき、プロフェッショナルを育成する4年制コースです。
1年次から3年次までは、専門的なソフトの使用方法を学ぶとともに、CG概論や造形学から、様々なデザインを立体的に作り上げる技術を養います。
4年次には、映像作品の制作にチームで取り組み、成果物をコンテストへ出展します。
ちなみに、ゲーム分野の専攻学生とのコラボによるゲーム制作も行うようです。

学費詳細・費用

CG・デザインエキスパート専攻 総額428万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

一例として、llustratorクリエイター能力認定試験、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、Photoshopクリエイター能力認定試験などがあげられています。

就職・内定先の実績

CG・デザイン分野のほかの専攻と同等の内定先であると考えられます。
就職率は100パーセントにのぼるようです。

電気工事専攻(2年制)|学費:201~300万

概要

電気工事専攻は、オームの法則などの電気に関する基礎知識から着実に学んでいくとともに、電気工事の技術の習得ならびに必要な資格試験の合格を目指していくコースです。
2年次になると、現場に即した形での実習を取り入れ、適正な工事を行うスキルを学びます。
また、消防設備の点検や整備などを学び、関連資格の取得も目指していきます。

学費詳細・費用

電気工事専攻 総額224万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

卒業することで、第2種電気工事士の国家資格を取得できることは強みと言えそうです。
そのほかにも、工事担任者DD第1種、消防設備士 甲種第4類、消防設備点検資格者などの国家資格の取得も在学中に目指していきます。

就職・内定先の実績

電気・通信分野の各専攻を卒業すると、電気工事士や、消防設備士、ビル設備管理者などとして活躍するチャンスを得られるようです。
内定先の一例として、六興電気株式会社があげられています。

データ通信専攻(2年制)|学費:201~300万

概要

データ通信専攻では、多岐にわたるネットワークの接続業務や、各種設定などの全般について、2年間で学んでいくコースです。
1年次には、インターネットや電話などの通信手段の仕組みを基礎から学習します。
2年次には、現代社会において必要不可欠となっている、光ファイバやLANケーブルなど通信技術においての知識や技術を学びます。

学費詳細・費用

データ通信専攻 総額224万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

卒業することで、工事担任者 DD第1種の国家資格を取得できるほか、工事担任者A・IDD総合種、第1級陸上特殊無線技士などの取得を目指して学べるようです。

就職・内定先の実績

無線エンジニア、ネットワークエンジニアを目指す卒業生が多いようです。
株式会社協和エクシオが一例としてあげられています。

総合エンジニア専攻(2年制)|学費:201~300万

概要

総合エンジニア専攻では、様々な分野で力を発揮できるマルチなスーパーエンジニアを育てる2年制コースです。
1年次には電気や、通信技術、プログラミングなどの基本を学びます。
2年次にはドローン実習や車両実習など、多岐にわたる分野を学びます。
ネットワークについても学び、配線工事の技術も育てます。

学費詳細・費用

総合エンジニア専攻 総額224万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

取得を目指せる資格は多岐にわたり、電気工事士や、工事担任者、IT関連の ITパスポート・基本情報処理技術者などの資格も目指すことができるようです。

就職・内定先の実績

卒業後の就職先として、ヤンマーヘリ&アグリ株式会社が挙げられています。
ほかの電気・通信分野と同様に、就職率は100パーセントのようです。

電気通信専攻(3年制)|学費:301~400万

概要

電気通信専攻は、3年間で、電気と通信の双方の現場で活躍できる高度な技術を学んでいくコースです。
1年次には、データ通信と電気工事の基本を習得し、2年次のより実践的な実習につなげていきます。
3年次には、スキルアップを図りつつ専門的な知識を学んでいき、現場に即応できる人材を育成していきます。

学費詳細・費用

電気通信専攻 総額326万円
入学金:20万円
授業料:64万円
実習及び施設設備費:38万円

取得可能な資格一覧

卒業することで、第2種電気工事士と工事担任者DD第1種の国家資格を取得することはポイントのひとつといえそうです。

就職・内定先の実績

内定先の一例として、ヤンマーヘリ&アグリ株式会社、株式会社協和エクシオ、六興電気株式会社があげられています。

近畿コンピュータ電子専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生が親身になってくれ、設備もそろっているので、学生が安心して学べる環境が整っている。

口コミ元

ネガティブな口コミ

駅からの徒歩が坂道できつい。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*