バンタンデザイン研究所東京校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

バンタンデザイン研究所東京校は東京都にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
バンタンデザイン研究所東京校は

バンタンデザイン研究所東京校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
バンタン ファッション・アパレル系
美容・理容・ヘアメイク系
東京都渋谷区恵比寿南1-9-14 無認可

姉妹校の情報

バンタンデザイン研究所は東京だけでなく、大阪にも校舎があります。

バンタンデザイン研究所東京校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅

バンタンデザイン研究所東京校の入試情報

AO入試:作文または作品アピール、面接
学校推薦入試:学校推薦書、調査書または成績証明書
一般入試:筆記試験、面接

バンタンデザイン研究所東京校のオープンキャンパス情報

デザインや美容に興味がある方、バンタンって面白そうだなと思っている方、憧れの業界があるけどどうしたらいいか分からない。
など進路に悩んでいる学生さん、どなたでも参加できます。
自分に何が向いているのか、憧れの業界の実際の仕事内容、バンタンで学習できること、在校生がどんな学生生活を送っているかなどなんでも気軽に質問に答えてくれ、相談に乗ってくださるので、将来の進路や学校選びに悩んでいる方は、一度参加してみるのがおすすめです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ファッション学部|学費:101~200万

概要

時代のニーズを捉え、その時に沿ってトレンドを生み出すデザイナーを育成し、ファッションのプロを目指します。
クリエイターを目指す学生が就活やフリーランスとして活動する際に必要となってくるポートフォリオは、自身の能力を評価してもらうために必要な重要なツールです。
このポートフィリオを一流のプロ監修により制作を進めることができるクリエイティブポートフォリオのプログラムがあります。
また、現役コレクションデザイナーやスタイリストに直接指導してもらうことができるクリエイター育成プログラムが用意されています。

学費詳細・費用

ファッション学部 総額150万円
入学金:10万円
設備充当費:35万円
授業料:80万円
実習費:25万円

取得可能な資格一覧

なし

就職・内定先の実績

アビステ、マークスタイラー、ジャパンブルー、マッシホールディングなどからの内定を得ています。
現場で活躍している講師が授業をしてくれるので、就職後に即戦力として勤務ができるケースが少なくないことも魅力です。

ヘアメイク学部|学費:101~200万

概要

その時の流行りや個性を活かしたヘアメイクで表現できるアーティストを育成し、ヘアメイクのプロを目指すことができます。
バンタンでは在学中から業界デビューを目指すため、現場を経験できるインターシップの参加を徹底的にサポートしてくれます。
コネクションのある企業だけでなく、実際に現場で活躍しているプロの講師からの紹介といったインターシッププログラムが多くあります。
また、バンタンの学部を超えた実践的授業があります。
現場で求められる動き方やコミュニケーションなどを在学中から身につけることができ、実戦経験を積むことができます。
その他、在学中にレベルの高いポートフォリオを作成していくために、一流プロの監修による「ポートフォリオディレクション」プログラムを学ぶ授業を実施しています。

学費詳細・費用

ヘアメイク学部 総額120万円
入学金:10万円
設備充当費:20万円
授業料:68万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

なし

就職・内定先の実績

アストアロボット、アーバンリサーチ、アヅマ、アルテリア、アルマーニ、アロー、アングローバル、アンティローザ、イズム、イッセイミヤケ、インターモードステーション、インパクト21、エー インターナショナル、エム ティーカンパニーなど数多くの就職実績があります。
プロと同じ現場での実践にこだわったカリキュラムなので、クリエイティブ業界への就職率は高く93%以上となっています。

デザイン学部|学費:101~200万

概要

現時代の需要に応えたトレンドを生み出す事が出来るデザイナーを育成し、デザインのプロを目指していきます。
クリエイターを目指す学生に必須であるポートフォリオは、就職活動やフリーランスとして活動する時に必ず必要になってきます。
このポートフォリオを学生のうちから、プロが監修してくれて制作をすることができ、「クリエイティブポートフォリオ」プログラムを実施しています。
また、在学中にプロの現場を経験できるプログラムも用意されており、提供企業や現役で活躍しているプロの講師からの紹介などあらゆるネットワークを利用したインターシッププログラムがあります。
希望するすべての学生に現場を経験できるチャンスがあります。

学費詳細・費用

デザイン学部 総額120万円
入学金:10万円
設備充当費:20万円
授業料:68万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

なし

就職・内定先の実績

カゼプロ、マルク、日本アイ・ビー・エム、エヴージャポン、エディ、アザンティー、アバンサー、アンティローザ、アオキインターナショナル、イトヤマデザイン事務所などへの内定・就職実勢があります。
在学中に現場を経験しているため、戸惑うことなく仕事に馴染むことができます。

映画・映像学部|学費:101~200万

概要

時代のニーズと捉え、トレンドを作り出すクリエイターを育成し、映画や映像のプロを目指します。
講師は現役活躍中の最前線のプロクリエイターです。
基礎から現場で実際に使うスキルなど、ハイスペックな授業を受けることができます。
業界・企業とのダイレクトなコミュニケーションにより就職活動も有利になります。
バンタンでは産学共同案件やオーディションプログラムを豊富に実施しており、学内説明会は100社以上あります。

学費詳細・費用

映画・映像学部 総額158万円
入学金:10万円
設備充当費:35万円
授業料:91万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

なし

就職・内定先の実績

映像プロデューサー、映像クリエイター、映像編集者、プロデューサー、映画監督、映像ディレクター、CGデザイナー、CGクリエイター、映画宣伝などの職につくことができます。

バンタンデザイン研究所東京校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

毎日新しいことを学ぶことができ、充実した学生生活を送ることができる学校です。
プロの講師が教えてくれることもあり、プロと同じ環境で学ぶことができ、ハイレベルなスキルを身につけることができます。
就活フォローもしっかりとしてくれ、バンタンの学生だけが閲覧できる求人サイトには、魅力的な企業の求人がたくさんあります。
死後tをしながら通学している社会人の方もおり、働きながらプロの指導を受けることができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

バンタンでの学校生活は充実した時間をすごすことができます。
しかしながら希望通り企業への就職が必ずできるわけではありません。
個人の努力や実力により差がでてくることもあり、途中で学校を辞める方もいらっしゃるようです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*