織田きもの専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

織田きもの専門学校は東京都にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
織田きもの専門学校は学校法人に認可されています。

織田きもの専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系 東京都中野区中野5-32-8 認可

姉妹校の情報

織田ファッション専門学校、織田調理師専門学校、織田栄養専門学校、織田製菓専門学校、おだ認定こども園(東京都多摩市)があります。

織田きもの専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR中央・総武線・東京メトロ東西線中野駅

織田きもの専門学校の入試情報

指定校推薦:書類選考
学校推薦入学:書類選考
AO入学:面談
キャリア入学:書類選考、面談
一般入学:書類選考

織田きもの専門学校のオープンキャンパス情報

織田きもの専門学校では、事前申し込み制のオープンキャンパスを随時行っています。各回、学校説明以外にも体験実習を用意しています。
事前予約が必要で、定員がありますので注意しましょう。
毎回浴衣や着物の着付け体験と、和装小物の制作体験の両方を1日で体験することができる充実の内容となっており、和の文化に触れることができます。
制作体験ではつまみ細工や帯飾りを作ったり、毎回違った内容が用意されています。
実習は教員だけでなく在校生もフォローしており、生の声を聞くことも可能です。
入学相談課のスタッフによる個別相談も受け付けているので不安な点がある方はぜひこの機会に相談しましょう。
オープンキャンパスには何度でも参加することが可能です。
さらに、遠方に住まれているため10時開始に間に合わない方のために、1度のみ前泊の宿泊施設を用意することも可能です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

きもの科|学費:201~300万

概要

きもの科では、2年課程できものについて学びます。
学生は着付認定などの資格取得を目指し勉強し、きもの関係の会社やブライダル企業などに就職し活躍します。
着付けや和裁についてはもちろんのこと、ヘア・メイクや和装小物、日本刺繍、そしてきもの文化の歴史背景にある日本の文化まで、きものに関わるありとあらゆる知識・技術を幅広く学びます。
また、きものブランドや百貨店と提携し、ファッションショーや展示会を開催する「産学協同プロジェクト」にも積極的に参画しています。
きもの文化を盛り上げる取り組みをしています。
学生にとっては実際の現場に出て学ぶ絶好のチャンスになります。
1年次でスタイル画や被服構成、着付けなど幅広く基礎を固めていき、2年次でそれらを生かして応用的技術や、スピードとクオリティに磨きをかけます。
企業とコラボした実習も行っており、自分の考えた企画が採用されることもあるので、やりがいを実感する体験ができます。

学費詳細・費用

きもの科 総額224万円
入学金:15万円
授業料:116万円
その他:93万円

取得可能な資格一覧

和裁検定(R)、販売士などの資格取得が可能です。

就職・内定先の実績

三越伊勢丹 、高島屋、千總、 丸栄商会、三松、 マイム、明治記念館、オンワード樫山(和装部)、 丸上、ベルコーポレーション、クイーンズエリアジャパン、松竹衣装、石狩和服縫製所、新装大橋、辻和 など、きものを取り扱う企業やブライダル業界へ就職しています。
また、一般企業に就職し趣味できものを楽しむ卒業生もいるとのことです。
1年次から就職ガイダンスを行い、クラス担任だけでなく就職担当職員やキャリアセンターも連携し、学校全体で就職をサポートする体制が整っています。

きもの専攻科|学費:100万以下

概要

きもの専攻科では、きもの科で2年間学んだあと、さらに学びを深めたい方のための1年課程の学科です。
3年次目の扱いとなります。
特殊な形のきもの、袴、七五三祝着、綿入れ半纏などを中心に学び、総仕上げの卒業制作作品として比翼付の五つ紋、花嫁衣裳または留袖を自分たちで仕立てます。
また、東京商工会議所和裁検定3級の資格を得ることができます。
また、歴史ある冠婚葬祭の年中行事・決り事・通過儀礼など、現場を見ながら学び、必要な作法やマナーを習得する学習も行います。
より高度な技術と知識を身に着け、現代のきもの業界をリードし、新しい文化を切り開く人材を育てます。
企業とコラボした実習も行っており、自分の考えた企画が採用されることもあるので、やりがいを実感する体験ができます。

学費詳細・費用

きもの専攻科 総額73万円
入学金:15万円
授業料:58万円

取得可能な資格一覧

きもの文化検定 3・4・5級、和裁技術検定 初級・中級・上級、着付け認定 1~3級、東京商工会議所和裁検定3級の取得が可能です。

就職・内定先の実績

三越伊勢丹 、高島屋、三松、丸栄商会、辻和 、明治記念館、マイム、千總、オンワード樫山(和装部)、 丸上、OWL、ジョイフルまるやま、ヨシノコーポレーション、着物レンタルあき、日本演劇衣装、柏屋実業縫製養成所、大松、ツカモトコーポレーション、東京きもの加工サービス など、織田きもの専門学校で学んだきものに関する知識や技術を生かせる企業への就職の実績が多数あります。
きもの科と分けての記載はなかったので、同様の実績があると思われます。
1年次から就職ガイダンスを行い、クラス担任だけでなく就職担当職員やキャリアセンターも連携し、学校全体で就職をサポートする体制が整っています。

織田きもの専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生方の年齢も幅広いので、相談しやすいです。
全体で進んでいくが、少しずつ合わせてもらえるところもあります。
縫製、着付け、染色、デザイン等々、きものに関する事は満遍なく学ぶ事が出来ます。
何も分からない状態から入学しましたが、不安な点は先生方の親身な指導によりすぐに解消されました。
技術的な話だけで無く、実際の仕事の話も教えてくださることもあり、充実した授業を受けることができました。
分からない事も質問しやすい環境です。
検定やショーに向けて団結する機会が多いので、クラス全体での団結力が高まります。
実践も教えてくれるのでリアリティがあります。
資格実績としては、着付けの資格が取れるような指導をしてくれます。
授業のこま数が適当で、多すぎず少なすぎずしっかりとインプットをしてからアウトプットをするまでのカリキュラムが組まれています。
アクセスは非常に便利です。
設備に関しては新しくきれいで、申し分がなかったです。
年次に着物の歴史や時代背景までも教えてくれますのでとても興味深いです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

いらない資格も無理やり取らされるところがあるからそこはよく考えたほうがよいと思います。
忙しくて出費が思ったよりも多いです。
材料費が高いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*