織田ファッション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

織田ファッション専門学校は東京都にあるファッション・アパレル系の専門学校です。
織田ファッション専門学校は学校法人に認可されています。

織田ファッション専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
ファッション・アパレル系 東京都中野区中野5-32-23 認可

姉妹校の情報

織田きもの専門学校、織田調理師専門学校、織田栄養専門学校、織田製菓専門学校、おだ認定こども園(東京都多摩市)があります。

織田ファッション専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR中央・総武線・東京メトロ東西線中野駅

織田ファッション専門学校の入試情報

指定校推薦:書類選考
学校推薦入学:書類選考
AO入学:面談
キャリア入学:書類選考、面談
一般入学:書類選考

織田ファッション専門学校のオープンキャンパス情報

織田ファッション専門学校では、体験入学会や学校見学会を随時行っています。
体験入学会からの参加を推奨しています。
実際の職業を体験できる内容となっており、将来なりたい自分をより具体的にイメージすることができます。
回によって体験内容は変わり、洋服や服飾雑貨作り、スタリスト体験などが用意されています。
何度でも参加可能ですので興味のあるものに積極的に参加しましょう。
在校生の生の声を聞くチャンスでもあります。
学校見学では、入学相談スタッフが個別に対応してくれます。
電話予約でのみ対応しています。
まずは体験入学に参加してみましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ファッションデザイン科|学費:201~300万

概要

ファッションデザイン科では、2年課程でファッションを基礎から学びます。
学生は資格と取得しながら勉強し、アパレル関連会社などで活躍しています。
変化の早いファッション業界で時代をキャッチする目とセンスを高めるために、基礎知識と技術に併せて素材・生地、カラーリングなど関連項目など幅広く学びます。
また、立体造形を柱に表現力や発想法など、デザイナーやパタンナーなど時代を先導するクリエイターとして独り立ちできるレベルのプロの力を身につけます。

学費詳細・費用

ファッションデザイン科 総額238万円
入学金:15万円
授業料:116万円
その他:107万円

取得可能な資格一覧

パターンメーキング技術検定、ファッションビジネス検定など、先生や生徒同士で助け合いながら資格取得を目指せます。

就職・内定先の実績

イトキン、クロスプラス、東光商事、ファイブフォックス、シーズプランニング、ジュン など、服飾業界で卒業生は活躍しています。

ファッションテクニカル科|学費:201~300万

概要

ファッションテクニカル科では、2年課程ではパターンメーキングや縫製の基礎から学び、CADなどを使用した最新技術まで習得していきます。
縫製や、パターンの技術はもちろんのことオートクチュール(高級注文服)にも対応することができるプロフェッショナルとしても通用する専門的な知識・技術を磨いていきます。
企業コラボでファッションショーや展示会を開催する「産学協同プロジェクト」では、実際の現場の作品作りに触れることができ、貴重な体験ができます。

学費詳細・費用

ファッションテクニカル科 総額238万円
入学金:15万円
授業料:116万円
その他:107万円

取得可能な資格一覧

パターンメーキング技術検定など、先生や生徒同士サポートを受けながら資格取得を目指せます。

就職・内定先の実績

アンビテックス、サンプリーツ株式会社、杉本プリーツ、 辻洋装店、 イワサキ サンプリーツ 、ジュンアシダ などで活躍しています。

スタイリスト科|学費:201~300万

概要

スタイリスト科では、2年課程でスタイリストを目指して学びます。
ファッションビジネス能力検定などの資格を取得し、アパレル企業などで活躍しています。
メイクや小物、ディスプレイなどの知識をつけ、ポスター作製やファッションマガジン企画でより現場に近い感覚を習得します。
現場での研修を行ったり、企業とコラボしてファッションショーや展示会を開催する「産学協同プロジェクト」で、作品を魅力的に見せるようスタイリングしたり、本物の仕事に触れられる貴重な体験ができます。

学費詳細・費用

スタイリスト科 総額241万円
入学金:15万円
授業料:116万円
その他:110万円

取得可能な資格一覧

ファッションビジネス能力検定 、 販売士など、業界で活躍するための資格取得を目指せます。

就職・内定先の実績

アッカ・スタイル、KUMSTYLE(スタイリスト黒田匡彦)、スタイリスト黒田匡彦、スタイリスト津野真吾 など、企業への就職やスタイリストのアシスタントとしてスタートします。

ファッションビジネス科|学費:201~300万

概要

ファッションビジネス科では、服作りではなく、どのように服を販売するかを学びます。次のトレンドをいち早くキャッチし、流りを自ら仕掛けるには、業界のしくみ、流通、企画、販売、広報活動まで幅広い知識が必要となります。
マーケティングから販売まで一連の流れを学び、トレンドを創り出すセンスや商品企画力、市場分析力を養います。
幅広い専門的な知識を持ったファッションアドバイザーや、専攻科で1年学ぶことでマーチャンダイザーを目指すこともできます。

学費詳細・費用

ファッションビジネス科 総額230万円
入学金:15万円
授業料:116万円
その他:99万円

取得可能な資格一覧

ファッションビジネス能力検定 、 販売士などの資格取得を目指せます。

就職・内定先の実績

メックス、アズノウアズ、 イギン、 イトキン、 アッシュ・ペー・フランス、 アンビテックス、オンワード樫山、 CA4LA ほか、販売員などとして活躍しています。

ファッションデザイン専攻科|学費:

概要

ファッションデザイン専攻科では、2年次までに身に付けた能力を、さらに発展させるため、高度な立体造形や特殊な素材を用いるデザインに注力して学びます。
自己満足で終わらせず、市場で評価されるデザインを創れるように、外部のファッションコンクール等にも出品しながら技術を磨きます。

学費詳細・費用

学費については現在調査中です。

取得可能な資格一覧

パターンメーキング技術検定3級~1級など、高度な資格取得を目指せます。

就職・内定先の実績

イトキン、クロスプラス、東光商事、ファイブフォックス、シーズプランニング、ジュン など、服飾業界で卒業生は活躍しています。

ファッションテクニカル専攻科|学費:

概要

ファッションテクニカル専攻科では、2年間で培った知識・技術をさらに発展させるため、もう1年専門的に学ぶことのできる学科です。
CADなどを使用した服飾造形やドレーピング、パターン作成などの実践的な実習を通してさらに高度な技術を習得します。
より多くのシルエットやデザインを自在に表現できるよう応用力を高めます。

学費詳細・費用

学費については現在調査中です。

取得可能な資格一覧

パターンメーキング技術検定3級~1級などの資格取得を目指せます。

就職・内定先の実績

アンビテックス、サンプリーツ株式会社、杉本プリーツ、 辻洋装店、 イワサキ サンプリーツ 、ジュンアシダ などで活躍しています。

マーチャンダイジング専攻科|学費:

概要

マーチャンダイジング専攻科では、各科で2年間修了したあと、さらに1年間学ぶことができます。
商品計画から生産、そして販売戦略まで、一連の戦略を立案するマーチャンダイザーを目指せます。
いち早くトレンドを創り出し、自ら先導して発信するやりがいはほかにはないものです。
多角的な知識と実践力、マーチャンダイザーに必要な能力を身につけられる環境で集中して学べます。

学費詳細・費用

学費については現在調査中です。

取得可能な資格一覧

ファッションビジネス能力検定3~1級などの取得を目指せます。

就職・内定先の実績

オンワード樫山、京王百貨店、イギン 、イトキン、 エイネット、ユナイテッドアローズ、アズノウアズ などに就職し活躍しています。

織田ファッション専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

どの科目も人数が全体的に少ないので先生との距離が近く質問がしやすいです。
一年時から履歴書の書き方など就職活動に力をいれてくれています。
就職に有利な資格は必ずみんなで勉強し合格できるようにしてくれ、9割は合格します。
設備の割に学費が安いです。メイクの授業などもありスタイリスト科特有のインターン制度などもあります。
中野から5分ほどで着き、改札を出て左へ真っ直ぐ行くだけなので道もわかりやすいです。
少人数のため先生方の目が生徒全体に行き渡るので、先生と生徒一人一人が密な関係をつくれます。
パターン検定など、多々ある資格試験の前には必ず資格取得のために講義を開いてくれます。
学費はもともと標準であるとはおもうが、親族割引やもちろん奨学金などもあり割引が多々きくので助かる部分が多くあります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

1年次と2年次で校舎が違うので授業によって移動教室があり、また購買が遠かったりと少し不便に感じました。
課題はよく出されます。
少人数制なので広い関わりは持ちづらくなる。
二年で卒業する生徒に対しての就職へのバックアップが薄手に感じます。
ムダな外部コラボにより実習時間が損なわれることもあります。
学校は科ごとに校舎がばらけているので、他の科の生徒と友達になりにくかったのはありました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*