島田市立看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

島田市立看護専門学校は静岡県にある看護・医療系の専門学校です。
島田市立看護専門学校は学校法人に認可されています。

島田市立看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 静岡県島田市野田1065-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

島田市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR東海道本線島田駅/島田市コミュニティバス大津線市民病院/しずてつジャストライン島田市民病院方面行き島田市民病院

島田市立看護専門学校の入試情報

推薦入試 :国語総合(古典・漢文を除く)、数学(数学I及び数学A)、グループ面接
社会人入試: 国語総合(古典・漢文を除く)、数学(数学I及び数学A)、グループ面接
一般入試:国語総合(古典・漢文を除く)、数学(数学I及び数学A)、コミュニケーション英語I

島田市立看護専門学校のオープンキャンパス情報

島田市立看護専門学校のオープンキャンパスは、毎年8月頃に開催されています。
2019年度のオープンキャンパスは、8月2日午前・午後、3日午前の3回開催されています。
各回とも定員80名で締め切られるため、参加希望者は、早めに申し込み必要があるので注意が必要です。
各回とも、内容は同じです。
参加特典として、募集要項、学校パンフレット、過去問(2年分)、参加者記念品がいただけるので、入学を考えている方は、是非、参加してください。
オープンキャンパス内容は、学校説明(学校の概要、教育、応募方法)、学習体験、在校生との交流・個別相談となっています。
島田市立看護専門学校では、貸与期間と同じ期間内、島田市民病院で勤務すると貸与の返還免除となる島田市看護師等修学資金があるので、奨学金希望者は、出願前・入学前にぜひ、奨学金について理解を深めておきたいところです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:100万以下

概要

看護学科は、共学40名定員の昼間3年制です。
3年かけて看護について学び看護師国家資格取得を目指す学科となっています。
島田市立看護専門学の特徴は、島田市が地域の看護師確保のために開校しており、地域と密着し思いやりのある人間性の豊かな看護師を目指すこととなっています。
学習内容は、基礎分野、専門基礎分野、専門分野Ⅰ、専門分野Ⅱ、統合分野を、教員や外部講師より学び、2年生の後期より行われる臨床実習で、学んだ知識を実際の臨床の場で実践して、看護師として必要な技術を習得していきます。
実習の多くは、卒業生が就職してる島田市民病院で実施されるので、安心して実習に臨むことが出来ます。
市立島田市民病院・焼津市立総合病院などで行う臨床実習を通して、即戦力となる知識・技術を身につけることができます。
島田市立看護専門学校では、新入生1泊研修、看護を語る会、運動会、看学祭など、年間、様々な行事が実施されており、同じ夢をもった仲間と授業や実習以外で、大きく自己を成長できる機会がたくさん設けられています。
島田市立看護専門学校では、希望者は、島田市看護師等修学資金を利用することができ、貸与期間と同じ期間を島田市民病院で勤務した場合に返還免除となります。
多くの学生が奨学金を利用しており、卒業後の就職活動の必要がないため、3年次には、就職活動に煩わされることなく集中して、国家試験対策に十分な時間をとることが出来ます。

学費詳細・費用

看護学科 総額68万2千円 入学金:不要
授業料:14万4千円(年額)
教科書、辞書、実習服、医療器具(血圧計・聴診器)、研修費等:25万円
その他、必要に応じ、その都度集金があります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、看護師国家試験受験資格、保健師学校受験資格、助産師学校受験資格、大学編入学試験受験資格、専門士(医療専門課程)などがあります。
平成元年(1989年)の開校以来、国家試験の合格率もほぼ100%近い達成の実績があります。

就職・内定先の実績

島田市立看護専門学校は、島田市が地域の看護師確保のために平成元年開校したので、卒業生は、島田市中心に就職しています。
平成26年度の就職実績の内訳は、市立島田市民病院31人、県内病院1人、県外病院1人、県内大学編入1人となっています。
毎年、市立島田市民病院にほとんどの学生が就職して医療現場で活躍しています。

島田市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生方は優しく、ときには厳しく指導してくださいます。
実習が多いし、その分課題も多いですが、自分達のためになるような課題でやりがいがあります。
実習の悩みだけではなく、学校生活の悩みなど、些細なことでも先生方は相談にのってくださいます。
先生と話しやすいです。
国家試験対策もしてくださり、成績下位者には補習もあります。
学校の先生だけではなく、医師や看護師の方も授業をしてくださいます。
専門分野の方々から授業を受けることで、詳しく学ぶことができます。
分からないことなども聞けるのでら指導は充実しています。
公立なので学費は安いです。
別に教科書代などはかかりますが、安いのでありがたいです。
先生はみな看護師であり、講師は隣接する病院のドクターや看護師のため臨床のタイムリーな情報がわかりました。
体育館や視聴覚室、テニスコートもあり十分の施設でした。
公立のため学費は近隣の看護学校に比べてとても安かったです。
病院で奨学金を借りることもでき、奨学金をかりた病院に就職し、3年間働けば返済不要となるので良かったです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

3学年、各学年40人弱しかいないため学校自体はさほど大きくありません。
入る前からでも入った後でも不快に思う学校です。
教師が威張ってるばっかりで何もしてくれない学校です。
些細なことを話しても、うるさいという言葉や関係ないという返事が返ってきます。
2018年に島田看護専門学校の推薦入試の個人面接で、きみ、看護師に向いてないよという発言や受験者の病気について深く言及し、挙げ句の果てには、面接官(看護師)が医師でも無いのに自らの持論を展開してくるようです。(これは私の知り合いの話です。)
教師がうるさいとか言ってきます。
看護師あるあるだけど、凄い偉そうな口振りで話してきます。
授業の度に課題テストみたいのがあるが、合格点を普通に越えているのにこんなのもわからないの?と煽ってくるので不快です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*