富士市立看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

富士市立看護専門学校は静岡県にある看護・医療系の専門学校です。
富士市立看護専門学校は学校法人に認可されています。

富士市立看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 静岡県富士市本市場新田111-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

富士市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR東海道線富士駅/身延線富士駅

富士市立看護専門学校の入試情報

指定校推薦入学試験:小論文、面接
一般入学試験:漢文と古文を除く国語総合・リスニングを除くコミュニケーション英語Ⅰ・数学Ⅰ・数学Aの学科試験、小論文、面接

富士市立看護専門学校のオープンキャンパス情報

受験予定者を対象にしたオープンキャンパスがあります。
全体説明会の後、模擬授業や校内見学、実際に行われている実習の体験、また受験や入学に関する個別相談、在校生との懇談など盛りだくさんな内容で行われています。
高校3年生または社会人の方、高校1年生と2年生を対象に行われており、午前と午後で対象の学年が変わりますので注意が必要です。
先行で申込が富士と富士宮の高校を通じて行われるため、対象エリアの希望者は先の申込みが可能です。
そちらでの定員がいっぱいに達した場合は一般の申込はしないそうなので、入学希望者は気にしていたいところです。
定員に達した場合は、その後に行われる学校見学会に参加可能なため、心配はいりません。
また、雰囲気を知る為に学生祭である紫苑祭に参加が可能なため、少しでも気になる受験生は参加するとわかりやすいです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:100万以下

概要

富士市立看護専門学校は、学内演習と言われる実習の時間がかなり充実しており、実践を通して机上の知識だけにとどまらない生きた経験が学べます。
学習全体の3分の1を臨時実習という授業が占めるため、現場で使える、より実践的で有用な技術を身に付けることができます。
授業のクラスが少人数のため、先生は学生一人ひとりに対してとてもきめ細かな指導ができるので、授業の取りこぼしを放置せず、知識が確かなものにできる良い環境です。
日本での看護専門学校の修学年数は3年で、大学の4年制に比べ1年少ないため勉強はかなり大変になってきますが、看護師として早く現場に就職して活躍したい方には夢への近道となります。
またこの学校の一番のメリットは私立であることと3年制であることから学費が安い点があります。
この学校は富士と富士宮地区の看護師不足の解消を設立の目的としているため、運営費は富士市と富士宮市が負担しており学生負担の授業料等が低く抑えられている仕組みになっています。
授業料は年額10万円ほどで、県内の大学の年額53万円から120万円と比べるとかなり安い事がわかります。
看護師の国家試験は6年連続で合格率が100%という事からわかるとおり、資格取得の為の学習環境が整っていることがわかります。
また学生に質の高い学習とより実践的な経験をさせるために富士市周辺にある、富士市立中央病院や富士中央ケアセンターなどの医療機関や施設と連携した現場での実習の機会を多く設けています。
平成5年に開校してから多くの卒業生が富士と富士宮の地域医療に従事しています。
高齢化社会や健康に対するニーズ、看護師不足のニーズに応えるために設立された学校な為、就職先は近隣地域がほとんどになります。
生まれ育った地域や親類者がいる為に思い入れがある方にはとてもいい就職環境があります。
入学式として戴帽式が行われるのも特色で、ナース帽とナイチンゲールの灯を受け取って医療従事者として学習に励みます。
多職種ハイブリットシミュレーターシナリオという多機能型の人形を使った授業が行われるのも県内の医療学校と比べるとかなり最新技術が導入されています。
先生方の意識もかなり高い為、生徒ひとりひとりを尊重しながらも勉強に熱心に取り組む環境を整える努力がされています。
人の役に立つ仕事をしたいと志して入学する生徒がほとんどであるの、同じ志をもった者同士高め合うことができます。
女子生徒の方が割合は多いのですが、男子生徒もいる為、性別問わず平等に学習できる体制があります。
卒業製との交流も多々あるので、富士・富士宮地域の病院事情は最新の情報が入ってきます。

学費詳細・費用

看護学科 総額66万円
入学金:0円
授業料:30万円
教科書及び実習費:18万円
研修費:4万円
実習費:5万円
その他:9万円

取得可能な資格一覧

卒業時に医療専門課程の専門士の称号と看護師国家資格の受験資格、保健師学校・助産師学校の入学受験資格、大学編入の受験資格が得られます。

就職・内定先の実績

共立蒲原総合病院、浜松医科大学医学部附属病院、聖隷富士病院、富士市立中央病院、富士宮市立病院、富士脳障害研究所附属病院、国立病院機構東京医療センター、三井記念病院、東京逓信病院、横浜市立みなと赤十字病院などの就職先があります。

富士市立看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

看護師の試験合格率は県内1位で、受験へのサポートもしっかりしているので早く一流の看護師になりたい人にはおすすめの学校です。
実習室のベッド数が多くあるので、どの学年の時でも実習がたくさんできる環境です。
市立なので、とても学費が安くて良いです。
いい雰囲気で、楽しく学べると思って入学後、楽しいことばかりではなく辛いことも多くあるが、一緒に乗り越えてくれる友人や先生たちも支えてくれるので入学時に思ったことが正解でした。
ほぼすべての学生が希望した通りの病院や施設に就職しています。
クラスの人数が少ないので、分からないことをその場ですぐに聞きやすい環境です。
講義はとても丁寧で演習でも教員が常につきっきりなのでとてもわかりやすいです。
校舎内や校舎周辺にゴミはなく、とても清潔で綺麗です。
先生方は優しく、友達もすぐにできます。
入学した当初から雰囲気の良さがあり、講義も丁寧なので、資格取得に万全な状態で挑めます。
授業をするすぐ上の階が演習室で、設備も最新で使いやすいです。
少なからず男子生徒もいたり、近隣の学校の人と知り合ったりする機会もまれにあるので、恋愛も楽しめます。
学校帰りにショッピングモールへいったりカフェでお茶をしたりできるのでとてもいい立地にあります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

大学に比べてしまうと最新技術を体験出来るものが少ないです。
学校の最寄り駅から徒歩20分かかるので毎日歩くと大変だから自転車を用意した方がいいです。
ほぼ女子校といっていいほど、女子しかいないので、恋愛や異性の友達つくりは難しいです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*