東京ブライダル専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

東京ブライダル専門学校は東京都にある観光・ホテル・ブライダル系の専門学校です。
東京ブライダル専門学校は学校法人に認可されています。

東京ブライダル専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
観光・ホテル・ブライダル系 東京都中野区東中野3-17-11 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、大阪ブライダル専門学校があります。
またグループ校として、ホスピタリティツーリズム専門学校東京、ホスピタリティツーリズム専門学校大阪などがあります。

東京ブライダル専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR東中野駅/都営地下鉄東中野駅/東京メトロ落合駅/西武中井駅

東京ブライダル専門学校の入試情報

AO入試:オープンキャンパス等に参加、書類審査、グループ面接
指定校推薦入試:書類審査、グループ面接
自己推薦入試:書類審査、グループ面接
一般入試:書類審査、グループ面接

東京ブライダル専門学校のオープンキャンパス情報

東京ブライダル専門学校では、ほぼ毎月、日曜日を中心にオープンキャンパスやAO入試対策講座などを実施しています。
事前の予約も受け付けておりますが、当日の飛び込み参加もOKとなっておりますので、お気軽にご参加ください。
当日は業界の全体像、学びの特徴、さまざまな入試制度などについての説明があるほか、校舎内の実習室や施設を見学します。
その後行われる体験授業は、週ごとに内容が変わり、ブライダル業界のプロフェッショナルが行う授業の様子を体感することができます。
講師や在校生との個別相談コーナーも設けられているほか、希望者は夜間部や学生寮についての説明を受けることもできますので、これらの制度をご利用予定の方は、この機会に疑問点を明らかにしておきましょう。
遠距離からご参加の方には、交通費の一部が補助される嬉しい特典もあります。
また、個別相談会は随時開催となっておりますので、オープンキャンパスの日程にご都合が合わない方は、こちらにご参加ください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ブライダル学科(昼間課程)|学費:301~400万

概要

ブライダル学科(昼間課程)は、2年間の学習でウェディングプランナーやドレスコーディネーターなど、ブライダル業界への就職を目指すコースです。
読み・書き・計算・ITスキルなど社会で必要とされる基礎的なビジネススキルと、ブライダルの仕事に必要なコーディネートスキル、そして思いやり・倫理観・社会的マナーなどのホスピタリティの三本柱のカリキュラムによって、社会人として必要な基礎力や人間性、そして自ら価値を生み出せるプロデュース力を養います。
本物同然のチャペルやバンケットルーム、音響・照明実習室など、施設・設備が充実している点も本学を選ぶ上でのポイントです。
校外実習はすべてブライダル施設での実施となるほか、学内で行われる模擬結婚式では企画からプロデュースまで、ブライダルスタッフとしての仕事の流れをすべて学ぶことができます。

学費詳細・費用

ブライダル学科(昼間課程) 総額319.6万円
授業料:129.6万円
施設設備費:30.2万円

取得可能な資格一覧

アシスタントブライダルコーディネート(ABC)検定、フォーマルスペシャリスト検定、AFSフラワースタイリスト検定、色彩技能パーソナルカラー検定、手話技能検定、秘書技能検定、TOEIC(700点以上)、みんなの外国語検定などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

ミリアルリゾートホテルズ、日比谷花壇、ポトマック、エム・シーネットワークスジャパン、ウェディングボックス、プリモ・ジャパン、エステール、コムウェル、C・B・H、ホテル雅叙園東京などが主な就職先となっています。
卒業生の就職率は毎年ほぼ100%を達成しており、ウェディング業界への就職率も90%以上となっています。
高い社会性とビジネススキルが身につくため、ウェディング業界以外への就職もしやすいと口コミでは話題です。

ブライダル学科(夜間課程)|学費:101~200万

概要

ブライダル学科(夜間課程)は、2年間の学習でブライダル業界への就職を目指す夜間コースです。
通常の時間割は18時~21時半(4コマ)となっていますので、日中は別の仕事をしながら、あるいは大学などで学びながらブライダル業界を目指したいと考える方に特に適したコースです。
授業内容は、企業と連携したセールスプロモーションなど実践的なものとなっており、ドレスの着付けやビューティーリテラシー、ヘアメイクなど、専門スキルが多く習得できるのも特徴となっています。
昼間部と比べて学費が安めであることもうれしいポイントであり、月ごとに学費を分割払いする制度もありますので、日中働いて得た給与で学費を納入することも可能となっています。

学費詳細・費用

ブライダル学科(夜間課程) 総額159.8万円
授業料:64.8万円
施設設備費:15.1万円

取得可能な資格一覧

ブライダルコーディネート技能検定、WBJ認定ドレスコーディネーターなどの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

ホテル雅叙園東京、野川百花、東天紅、C・B・H、古名屋、岩田写真、サニーテーブル、ブライダルプロデュース、曽我、ジュノーなどが主な就職先となっています。
土・日・祝日にブライダル企業で働くことができる企業紹介サポートにより、在学中から現場経験を積める点も高い就職率の一因となっています。

東京ブライダル専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

学校全体としても美化意識が高く礼儀もしっかりしているので、ON・OFFの切替がしっかりとしています。
とにかく就職には強く、企業様や卒業生との関わりが強いため、貴重な話をたくさん聞くことができます。
それぞれの先生方が多くの分野に特化しているので幅広く学べます。
どこへ就職しても通用する社会人になれます。
学内にチャペル、バンケット、衣装室などがあり、とても綺麗です。
資格取得に関しては授業の中でも取得を目指し勉強を進めていきますし、サポートもしてくれます。
ブライダルに関する勉強が満遍なくできるため、偏りなく学べます。
スポーツデーや文化祭、成果発表でクラスの一致団結ができます。
ブライダル業界で働きたいと思っている人はもちろんですが、接客業をやりたいという、おおまかな夢しか持てていない人にもオススメの学校です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

地下2階から5階まであるのですが、基本的に生徒がエレベーターを使うのは禁止なので、階段の上り下りが辛いと感じます。
一回の授業が5000円だと考えるとこれ本当に必要な授業か?と思う部分もあります。
成果発表が近づくと皆んなピリピリし始め喧嘩をすることもあります。
パソコンも個人で必要になる為、個人的な出費やスーツ代もかかります。
(施設について)窓があまりないのが残念です。
黒髪でなないとだめなど、本当に厳しい所ではあります。
(資格について)本屋さんに売ってる参考書に皆でマーカーで線を引く…というような授業なので、いかに家で勉強ができるか、努力次第です。
全体的に差別が多い学校だと感じます。お気に入りの生徒や順応な生徒には手厚いですが、それ以外の生徒に対してはとても淡白な扱いをする印象です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*