駿台トラベル&ホテル専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

駿台トラベル&ホテル専門学校は東京都にある観光・ホテル・ブライダル系の専門学校です。
駿台トラベル&ホテル専門学校は学校法人に認可されています。

駿台トラベル&ホテル専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
観光・ホテル・ブライダル系 東京都豊島区巣鴨1-15-2 認可

姉妹校の情報

グループ校に、駿台電子情報&ビジネス専門学校、駿台法律経済&ビジネス専門学校、駿河台大学、駿台外語&ビジネス専門学校、駿台観光&外語専門学校があります。

駿台トラベル&ホテル専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR山手線巣鴨駅/都営三田線巣鴨駅

駿台トラベル&ホテル専門学校の入試情報

AO入試:面接
一般入試:面接、書類審査、作文
指定校推薦入試:面接、書類審査
特待生入試:筆記、面接
大卒、短大卒特別入試:書類審査、面接

駿台トラベル&ホテル専門学校のオープンキャンパス情報

駿台トラベル&ホテル専門学校では、毎月、オープンキャンパスが開催されています。
その他にも、体験授業、観光業界セミナー、模擬結婚式、ホテル学会卒業研究発表会、出願対策セミナー、入学相談デー、個別相談など、様々なスタイルで、駿台トラベル&ホテル専門学校のことを知ることが出来ます。
オープンキャンパスでは、学科・コースや入学選考方法、就職についての説明や、校舎の施設見学、在校生との交流などが出来るので、総合的に、駿台トラベル&ホテル専門学校のことを知ることが出来ます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

ホテル学科シティホテルコース|学費:201~300万

概要

ホテル学科シティホテルコースは、昼間部2年制となっています。
サービスの頂点と言われるホテルサービスのホスピタリティとサービス技術を身に付けた、ホテルマンを目指すコースとなっています。
国家資格であるレストランサービス技能士取得も目指します。
ホテルマンに必要なお役様が満足できるサービスを提供できるスキルと、宿泊しているゲストの心を満足させられるホスピタリティを、学校生活と学校での授業、実際の職場での企業実習で身に付けられます。
国際化に対応するホテルマンを養成するために、語学力強化が行われており、レベル別英語の授業で生徒一人ひとりの言語力に合わせた授業でさらに語学力を伸ばすことができます。
現役業界講師による実習授業で、実践的な知識とスキルを学ぶことができます。

学費詳細・費用

ホテル学科シティーホテルコース 総額289万5千円
入学金:12万円
授業料:94万3千円
施設維持費:22万円
実習費:1年次9万5千円、2年次15万8千円
研修費(1年次のみ):8万円
校友会費:7千円
教材費:1年次7万6千円、2年次2万6千円
その他、各種検定受験料、海外研修にかかる費用など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得目標資格は、レストランサービス技能士、実用英語技能検定、TOEIC MOS検定(パソコン)、サービス接遇検定、上級救命技能となっています。

就職・内定先の実績

主な就職実績に、帝国ホテル、ホテルオークラ東京、ホテルニューオータニ、オリエンタルホテル東京ベイ、ミリアルリゾートホテルズ、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、ハイアットリージェンシー東京、ANAインターコンチネンタルホテル東京、ザ・ペニンシュラ東京、日本ホテルなどがあります。

ホテル学科テーマパークリゾートコース|学費:201~300万

概要

ホテル学科テーマパークリゾートコースは、昼間部2年制となっています。
ホテルマンの基本力を身に付けたうえで、更に、エンターテイメントサービスを学ぶことが出来ます。
舞浜地区のホテルをはじめとして、北海道から沖縄、東南アジアのリゾートホテルなど、国内外で実習を受けることができます。
テーマパーク、リゾートエリアには訪れる様々なお客様に対応できるように、英語だけでなく、中国語や、手話を身に付け、様々なコミュニケーションスキルを磨くことが出来ます。
テーマパークやリゾートは観光に関わる施設ということを踏まえ観光地理や歴史史跡など観光に関することを総合的に学びます。

学費詳細・費用

ホテル学科 総額289万5千円
入学金:12万円
授業料:94万3千円
施設維持費:22万円
実習費:1年次9万5千円、2年次15万8千円
研修費(1年次のみ):8万円
校友会費:7千円
教材費:1年次7万6千円、2年次2万6千円
その他、各種検定受験料、海外研修にかかる費用など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得目標資格は、レストランサービス技能士、実用英語技能検定、TOEIC MOS検定(パソコン)、サービス接遇検定、上級救命技能、手話検定となっています

就職・内定先の実績

就職実績に、東京ベイ 舞浜ホテル、ハイアットリージェンシー 箱根 リゾート&スパ、クルーズクラブ東京、バルニバービ、EGGS’N THINGS JAPAN、スタジオアリス、すずのきなどがあります。

ブライダルコース|学費:201~300万

概要

ブライダルコースは、昼間部2年制となっています。
ブライダル業界で活躍するために必要なプランナー知識をはじめとして、衣裳、フラワー、メイク、演出などをトータルに学ぶことが出来ます。
実習は、週末集中企業実習プログラムとなっており、自分で実習企業を選択して金・土・日の婚礼繁忙日に行い、平日登校時はフォローアップを受けます。
ブライダル概論やホテル理論などの座学だけでなく、レストランバケット実習や、スタイルアップやネイルなどブライダルに関する様々な実習授業を通して、ブライダルプランナーに必要な総合的知識を身に付けます。
結婚式は多くの方が関わる会であり、お客様の年代層にも幅があるので、それに対応できるだけの接客マナー身に付けていきます。

学費詳細・費用

ブライダル学科 総額292万3千円
入学金:12万円
授業料:94万3千円
施設維持費:22万円
実習費:1年次9万5千円、2年次15万8千円
研修費(1年次のみ):8万円
校友会費:7千円
教材費:1年次7万6千円、2年次5万4千円
その他、各種検定受験料、海外研修にかかる費用など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得目標資格は、ABC検定、色彩検定、レストランサービス技能士、サービス接遇検定、秘書技能検定、実用英語技能検定、TOEIC MOS検定(パソコン)、サービス介助士2級、 上級救命技能となっています。

就職・内定先の実績

主な就職実績に、目黒雅叙園、明治記念館、ベストブライダル、アニヴェルセル、メモリード、4℃ホールディングス、レック、すずのき、遠藤波津子グループ、千代田セレモニーなどがあります。

トラベル学科|学費:201~300万

概要

トラベル学科は、昼間部2年制となっています。
旅行の総合的知識が必要な旅行業務取扱管理者資格と、添乗員としての知識が必要な旅程管理者資格の取得をめざす学科となっています。
トラベル学科は、実習先企業での採用試験に合格した後、実習開始となる企業実習(デュアル)コースとは1日2時限の授業と学校行事のみの授業集中コースの2コースがあります。
旅旅行法令や旅行業約款の授業をはじめとした旅行業の基礎から、ビジネスマナーやアマデウス操作など幅広い知識と技術を無理のないペースで確実に身を付けていきます。
旅行業界出身の講師による授業や研修旅行と企業実習を通して、実践力をやしなうことが出来ます。

学費詳細・費用

トラベル学科 総額207万8千円
入学金:12万円
授業料:63万3千円
施設維持費:10万5千円
実習費:1年次3万2千円、2年次8万4千円
研修費:1年次8万円、2年次20万円
校友会費:7千円
教材費:1年次5万3千円、2年次1万9千円
その他、各種検定受験料、海外研修にかかる費用など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得目標資格は、旅行業務取扱管理者(国内・総合)、旅程管理主任者(国内・総合)、実用英語技能検定、TOEIC、アマデウスシステム検定、旅行地理検定、サービス介助士2級、観光英語検定、上級救命技能、MOS検定(パソコン)、世界遺産検定となっています。

就職・内定先の実績

就職実績に、JTBメディアリテーリング、JTBビジネスネットワーク、ジェイアール東海ツアーズ、旅工房、KNTビジネスクリエイト、びゅうトラベルサービス、テック航空サービスなどがあります。

鉄道コース|学費:201~300万

概要

鉄道コースは、昼間部2年制となっています。
正確で安全に輸送するだけでなく、便利で快適な移動を提供で来る鉄道スタッフを目指し、鉄道に関する知識だけでなく旅行に関する知識やビジネススキルを学びます。
希望者は学校を通じて、ビジネスマナーや接客スキルなどを学んだ6月から1年間、朝のホーム整理・監視等のアルバイトをインターンシップとして実施することが出来るので、実際の現場を知ることができます。
日々、キャリアガイダンスの時間で就職活動イメージを具体的にすることに努め、SPIや適性検査など、鉄道業界特有の筆記試験対策や、鉄道会社担当者を招いての企業セミナーなども行うなど、就職サポートシステムが充実しています。

学費詳細・費用

鉄道学科 総額282万2千円
入学金:12万円
授業料:94万3千円
施設維持費:22万円
実習費:1年次7万4千円、2年次13万6千円
研修費(1年次のみ):8万円
校友会費:7千円
教材費:1年次5万3千円、2年次1万9千円
その他、各種検定受験料、海外研修にかかる費用など必要となります。

取得可能な資格一覧

取得目標資格は、旅行業務取扱管理者(国内・総合)、国内旅程管理主任者、実用英語技能検定、TOEIC、旅行地理検定、観光英語検定、上級救命技能、サービス介助士2級、MOS検定(パソコン)、世界遺産検定、アマデウスシステム検定になっています。

就職・内定先の実績

就職実績に、東海旅客鉄道(JR東海)東京地下鉄、西武鉄道、東京急行電鉄、小田急電鉄、ジェイアール東海パッセンジャーズ、首都圏新都市鉄道、京浜急行電鉄があります。

駿台トラベル&ホテル専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

旅行業界に携わっていたスペシャリストの先生たちの指導のもと、資格取得、就職活動を勝ち取るべく充実した2年間を過ごすことができました。
小規模な学校の為ひとりひとりにかけることのできる時間は多いかったです。
先生方、職員の方々も親身になって相談等受けてくれました。
1クラス20名ほどの少人数制を売りにしているだけあって質問等の回答も早く、サポート体制もしっかりしています。
先生と生徒の距離が近く、実習や学校生活など多岐にわたり相談に乗ってくれます。
実習が多く、実践的に現場を体感することができるのも経験値が上がります。
学校行事として、スポーツフェスティバルがあり、交流を深めることが出来ました。
在学中には必ず職場実習に行きますが、自分の行きたいホテルを選ぶことができるので、夢への一歩が近づけした。
就職説明会では、いくつかの企業が学校に来てくれるので他の学校にはないシステムで就職活動ができました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

小規模な学校なので仕方ないが、課外活動は無いに等しかったです。
建物がマンションの1階部分と他の校舎1棟なので、ほかの学校と比べると乏しいです。
就職先もほとんどが、コネばかりなので、先生に気に入ってもらえなければ、いい就職先を紹介してもらえないのが現実でした。
先生を常にヨイショしていないと、いい就職先をしょうかいしてもらえない。
生徒が資格を取ってもらわないと、先生の給料に響くのか、なんとか取らせようとしてきます。
資格の指導方法は、答え方のコツというよりかは、こう来たらこう答えろのような丸暗記タイプで将来は絶対に役に立たない教え方でした。
授業の内容はほとんどが資格取得に向けたもので1人でも正直できるものばかりで、学校に通う意義を考えさせられます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*