吉田学園医療歯科専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

吉田学園医療歯科専門学校は北海道にある看護・医療系の専門学校です。
吉田学園医療歯科専門学校は学校法人に認可されています。

吉田学園医療歯科専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 北海道札幌市中央区南3条西1丁目 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、札幌保健医療学校、専門学校北海道福祉・保育大学校、吉田学園動物看護専門学校、専門学校北海道リハビリテーション大学校、専門学校北海道自動車大学校、北海道スポーツ専門学校、吉田学園ビジネス専門学校、があります。

吉田学園医療歯科専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄大駅

吉田学園医療歯科専門学校の入試情報

AO入試:書類選考
推薦入学:書類審査、面接試験、学力試験(国語総合(古文・漢文は除く))
一般入学:書類審査、面接試験、学力試験2科目(国語総合(古文・漢文は除く)、数学1か生物基礎から1科目)
社会人・高校卒業者入学:書類審査、面接試験、学力試験(国語総合(古文・漢文は除く)または「小論文」から選択)
大学・短大・専門学校入学:書類審査、面接試験、小論文

吉田学園医療歯科専門学校のオープンキャンパス情報

吉田学園医療歯科専門学校では、年に数回オープンキャンパスを実施しています。
電話、スマホ、HPから応募可能です。
当日は学校説明、施設見学はもちろんのこと体験実習、個別相談も行っています。
また、ランチも用意してあり、ランチタイムもあります。
ランチタイムがあるのは1日開催している時のみなので注意が必要です。
無料バスにて送迎も行っています。
無料送迎バスの運行表、集合場所に関してはHPを参考にしてください。
バスの出ない地域の場合は当日に交通費補助もあるため安心してください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

救命救急学科|学費:401~500万

概要

救命救急学科では、3年間を通して救命救急士になるために学んでいきます。
救命隊隊長経験者の専任教員たちが、しっかりと実習を指導していきます。
実習環境も本物の救急車両、現場同様の器具・装置など最先端の設備が整っています。
現場で必要な技術力・判断力が学べます。
救命救急士になるための国家試験もしっかり対策を行っていきます。

学費詳細・費用

救命救急学科 総額480万円
入学金:20万円
授業料:80万円
教育充実費:20万円
教科書代:15万円
保険料:5万6千円
諸経費:5万6千円
学外実習費:4万3千円
検定料・講習費:2千円

取得可能な資格一覧

卒業することによって、専門士の称号を付与、国家試験合格後、救命救急士になれます。

就職・内定先の実績

札幌市消防局、とかち広域消防事務組合、江別市消防本部、旭川市消防本部などの消防局が一般的です。
就職率も90%ととても高いため安心です。

臨床工学科|学費:401~500万

概要

臨床工学科では、3年間を通じて臨床工学技士を目指して勉強していきます。
実践的なシミュレーション実習、そして工夫された臨床実習が行われるので、将来活躍できる臨床工学技士になれます。
メーカー別の最新機器、実際に医療現場で使用されている機器が揃った実習環境では、実際に機器に触れながら覚えていきます。
実際に現場で働いている講師も招いて、現場を意識した授業も行います。
各病院にて見学や臨床実習なども行います。
国家試験に向けて特別講義や、オリジナルの模擬試験等を定期的に実施し、検査結果をもとに個人データを作成、徹底した個別指導により高い合格率上げています。

学費詳細・費用

臨床工学科 総額420万円
入学金:20万円
授業料:100万円
教育充実費:20万円
教科書代:7万円
保険料:6千円
諸経費:5万6千円
検定料・講習費:4千円

取得可能な資格一覧

卒業することにより、専門士の称号を付与されます。
国家試験合格後、臨床工学技士の資格を獲得できます。

就職・内定先の実績

主な内定先は、IMSグループ、JCHO札幌北辰病院、JR北海道病院、石狩病院、いぶり泌尿器科クリニック、えにわ病院、江別病院、柏葉脳神経外科病院、亀田総合病院、北野循環器クリニックなどの総合病院や個人病院になります。
就職率も100%なので安心です。

臨床検査学科|学費:401~500万

概要

臨床検査学科では、3年間を通して臨床検査技師になるために勉強します。
臨床検査技師の行う検査結果が適切な診断や治療につながるため、進化し続ける臨床検査を学ぶことは必要不可欠です。
吉田学園医療歯科専門学校では、基礎はもちろんのこと最新の知識と技術を身に付けます。
臨床検査技師は医者の指示のもと、脳波や超音波、心電図、血液、そして細胞組織検査などの多岐にわたる検査を行います。
さまざまな病気の早期発見早期治療に大きく貢献する専門的な知識、そして進化し続ける最新技術を学び、チーム医療に携わる臨床検査技師を目指していきます。
医療に関する専門職の人材を育成している吉田学園だからこそチーム医療を在学中から体験できます。
また、最新の検査機器も取り揃えているためレベルもアップします。

学費詳細・費用

臨床検査学科 総額450万円
入学金:20万円
授業料:100万円
教育充実費:25万円
教科書代:20万円
保険料:7千円
諸経費:5万6千円
検定料・講習費:2千円

取得可能な資格一覧

卒業することにより、専門士の称号を付与されます。
国家試験合格後、臨床検査技師の免許を取得可能です。

就職・内定先の実績

臨床検査学科に関しては、平成28年度4月新設のため就職実績はありません。
しかし、卒業年次に進級すると同時に、就職ガイダンスや企業説明会を数多く実施し、学生の就職意欲を高めます。
それとともに、就職活動のきっかけづくりも行っていきます。
企業の方を招いて行う企業説明会なども積極的に行っています。
しっかりサポートがあるため安心です。

吉田学園医療歯科専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

市の中心部にあるため、地下鉄やバスなどで通うことができます。
周りにお店も多いため、学校帰りに買い物へ行ったり、食べにいくことができるため便利です。
学校生活はとても大変ですが、勉強できる環境や設備も整っています。
就職率が100%なので安心できます。
国家試験合格率も同じく100%です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

求人票がとても少ないため探すのが大変。
就職しても続けられる人が少ないです。
勉強自体もすごく難しいため、ついていけない人はどこまでもついていけないです。
売店が狭く、あまり種類もないそうです。
設備も整ってはいるが備品が古いため心配です。
先生方の教え方も人によって差があるそうです。
学費も決して安いとは言えないです。
医療系のため学費が高いのは仕方がないと思う方もみえます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*