札幌医療リハビリ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

札幌医療リハビリ専門学校は北海道にある看護・医療系の専門学校です。
札幌医療リハビリ専門学校は

札幌医療リハビリ専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 北海道札幌市北区北6条西1丁目3-1

姉妹校の情報

学校法人都築教育学園グループであり、第一薬科大学、横浜薬科大学、福岡こども短期大学、お茶の水はりきゅう専門学校などがグループ関連校です。

札幌医療リハビリ専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR函館本線札幌駅/JR千歳線札幌駅/JR札沼線札幌駅/地下鉄南北線さっぽろ駅/東豊線さっぽろ駅

札幌医療リハビリ専門学校の入試情報

AO入試:適性検査(SPI試験)、面接、書類審査
一般入試:国語総合(古典・漢文を除く)、選択科目(英語Ⅰ、数学Ⅰ、生物基礎から1科目を選択)、適性検査(TEGエゴグラム検査)、面接、書類審査
高等学校推薦入試:適性検査(SPI試験)、面接、書類審査
自治体推薦入試:適性検査(TEGエゴグラム検査)、小論文、面接、書類審査
医療施設長推薦入試:適性検査(TEGエゴグラム試験)、小論文、面接、書類審査
医療関係者入学試験:適性検査(TEGエゴグラム試験)、適性検査(SPI試験)、小論文、面接、書類審査
社会人入学試験:適性検査(TEGエゴグラム試験)、適性検査(SPI試験)、小論文、面接、書類審査
学士等入学試験:適性検査(TEGエゴグラム試験)、適性検査(SPI試験)、小論文、面接、書類審査

札幌医療リハビリ専門学校のオープンキャンパス情報

札幌医療リハビリ専門学校では月1~2回程オープンキャンパスを開催しています。
夜間部のコースがある学校ですので、オープンキャンパスも昼間開催と夜間開催があります。
オープンキャンパスの流れとして、まずは、学校の特色や学科の説明とスタッフの紹介があります。
次に、理学療法士と作業療法士がどんな仕事かということや学科のカリキュラム、国家試験の情報などの説明があります。
実際に施設の見学や簡単に体験学習をする時間もあります。
体験学習の内容は毎回違うものが行われ、理学療法士の体験として手足の義足の装着の体験や車いすの乗車や操作を体験します。
作業療法士の体験としては、医療福祉用具の体験や手のマヒ体験があります。
その後、在校生の学生や講師との懇談会で、わからないことがあれば質問できます。
最後に、個別面談の時間がありますので、学費のことや入学試験、寮についてなどお個人的な相談ができます。
オープンキャンパスの参加特典として、基準を満たしている人は特待生優先適用が受けられたり、初回の参加時にクオカード500円分のプレゼントや札幌市外の高校2年生と3年生は規定の応じて交通費の半額補助が受けられます。
オープンキャンパス開催日ではなくても、平日であれば学校見学を開催しています。
希望の日の3日前までに申し込みフォームからまたは電話で申し込みができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理学療法士学科|学費:401~500万

概要

理学療法学科は、3年制の昼間部と4年制の夜間部があります。
どちらも、理学療法士という、障がいを持つ人の基本動作能力の回復や維持のためにリハビリテーションを行ったり障がいが悪化するのを防ぐためのリハビリテーションを行ったりする専門職の資格取得を目指す学科です。
国家資格合格に向けて定期的に模試や受験対策を行い、合格のための体制を整えています。
理学療法士の資格を取得すると、総合病院や一般病院、リハビリテーションセンターなどの医療機関や介護老人保健施設や介護老人福祉施設などの福祉施設等で活躍できます。

学費詳細・費用

理学療法学科(昼間部3年制) 総額460万円
入学金:10万円
授業料(年間):100万円
施設充実費(年間):20万円
実験実習日(年間):30万円
理学療法学科(夜間部4年制)総額490万円
入学金:10万円
授業料(年間):70万円
施設充実費(年間):20万円
実験実習費(年間):30万円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験受験資格を取得後、国家試験合格によって理学療法士免許が取得できます。

就職・内定先の実績

具体的に内定先の情報は掲載していませんが、総合病院や大学病院、保健所や保健センター、肢体不自由児施設、心身障害児施設などが理学療法士の活躍の場として挙げられます。

作業療法学科|学費:401~500万

概要

作業療法学科は、昼間部の3年制と夜間部の4年制があります。
どちらのコースも作業療法士と呼ばれる資格取得を目指します。
作業療法士は、身体や精神に障がいがある人が自立した生活が送れるように支援や指導、リハビリテーションを行います。
医療現場だけでなく、福祉や保健、介護などで活躍することが出来ます。

学費詳細・費用

作業療法学科(昼間部3年制) 総額460万円
入学金:10万円
授業料(年間):100万円
施設充実費(年間):20万円
実験実習費(年間):30万円
作業療法学科(夜間部4年制)総額490万円
入学金:10万円
授業料(年間):70万円
施設充実費(年間):20万円
実験実習費(年間):30万円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家試験受験資格を取得後、国家試験合格によって作業療法士免許が取得できます。

就職・内定先の実績

具体的に内定先の情報は掲載していませんが、総合病院や大学病院、保健所や保健センター、リハビリテーションセンター、労災病院などが作業療法士の活躍の場として挙げられます。

札幌医療リハビリ専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

授業が難しくなると理解するのに時間がかかるようになるが、自由に使えるラウンジスペースがあるので、そこで自己学習をすることができます。
札幌駅からすぐのところに学校あるので交通面はすごく便利だし、コンビニも学校周辺にたくさんあるのでとてもいいです。
就職実績はわからないけれど、就職に対するサポート体制はしっかりしています。
施設や設備に関して、新しい学校のため他の学校には置いてないような最新のものも設置されていました。
学校内の雰囲気が良く、先輩や後輩と関わりやすいです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

教科書を購入するのに授業ではプリントを使うことが多いので使わないなら購入する必要はないと思います。
先生と生徒の時間がもう少しあるといいです。
在学中は楽しくなく、イベント事も少ないです。
授業に関して、生徒のことを考えてくれている教師は一握りで、授業の質も良くないです。
定期テストで再試験の料金は安いけど、他と比較して学費は高いです。
3年生の学校のため、勉強で忙しく自由な時間は少ないです。
就職する場所を選ばなければ見つかるが、他の学校より実習期間が遅いため希望する就職先がある場合は早めい動かないと間に合わないです。
3年生はほとんど自己学習になるにも関わらず1年生や2年生のときと同じ学費なので不満です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*