日本福祉教育専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本福祉教育専門学校は東京都にある介護・福祉系の専門学校です。
日本福祉教育専門学校は学校法人に認可されています。

日本福祉教育専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
介護・福祉系 東京都新宿区高田馬場2-16-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

日本福祉教育専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ高田馬場駅/JR高田馬場駅

日本福祉教育専門学校の入試情報

AO入試:書類審査
高校生推薦入試:面接、書類審査
指定校推薦入試:面接、書類審査
一般入試:面接、作文、書類審査

日本福祉教育専門学校のオープンキャンパス情報

日本福祉教育専門学校では、学科ごとにオープンキャンパスを複数回開催しています。
学科の説明や入試・学費に関する説明だけでなく、各学科で目指す専門職が携わることの多い症例を日程ごとに違うテーマで紹介するなど、福祉に興味のある方なら聞いてみたい内容ばかりです。
また、入試対策セミナーも実施しており、受験する際に面談で聞かれる質問内容やエントリーシートの書き方まで入試対策を丁寧に伝えてくれるので、参加しておくと安心して受験に望むことができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

言語聴覚療法学科|学費:201~300万

概要

言語聴覚士とは、発達の遅れや失語症、聴覚障害などによって、話すことや聴くこと、読み書きなどをスムーズに行えない方がより良い生活を送れるように、訓練や指導を行うことで全面的に支援する専門職です。
言語聴覚療法学科では大学を卒業した方、または卒業見込みの方を対象として言語聴覚士の国家試験合格に向けて2年間学習します。
授業では単に試験に間に合わせるための暗記だけではなく、言語聴覚士として現場で活躍できる力を身につけるために必要な理論と技術を本質的に理解することを重視します。
これにより本質的な素質が養われるためか、毎年東京の専門学校でトップレベルの高い合格率と病院や福祉施設などへの高い就職率を誇っています。

学費詳細・費用

言語聴覚療法学科 総額230.9万円
入学金:20.0万円
授業料:148.0万円(74.0万円/年 × 2年)
その他:20.0万円

取得可能な資格一覧

言語聴覚士国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

卒業生の多くがIMSグループ江田記念病院、フジ虎ノ門整形外科病院、福井記念病院、イムス板橋リハビリテーション病院などの病院・医療施設に内定しています。

介護福祉学科|学費:201~300万

概要

2年間で介護福祉士の資格取得を目指す介護福祉学科では、1年次のうちから週1回の福祉施設での実習が行われるのが特徴です。
現場実習は限られた期間で短期集中型でしか行わない介護系専門学校が多い一方、日本福祉教育専門学校では継続的に通って現場に慣れていきながら授業での学びをすぐに実践に移すことができるので、即戦力を持つ介護人材となることができます。
実習前後には、研修や振り返りを先生とともに行いPDCAサイクルを繰り返すことで、回を重ねるごとに自信と能力が着実についていきます。
また、早い段階から現場を知ることで、就職したい分野や学びを深めたい分野を見極めるのに役立つというメリットもあります。

学費詳細・費用

介護福祉学科 総額207.2万円
入学金:15.0万円
授業料:148.0万円(74.0万円/年 × 2年)
その他:15.0万円

取得可能な資格一覧

卒業により介護福祉士の国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

卒業生は株式会社ベネッセスタイルケア、武蔵野療園特別養護老人ホーム中野友愛ホームなどに内定しています。

社会福祉士養成学科|学費:101~200万

概要

社会福祉士養成学科は、国内の大学卒業者または社会福祉実務経験者を対象として1年で社会福祉士国家試験の受験資格を得ることができる学科です。
日中に通う昼間部と、働きながらでも仕事が終わった後に通える夜間部が開設されています。
どちらも全国トップクラスの国家試験合格率を誇っており、特に昼間部では2019年3月卒業生の合格率が92.1%と素晴らしい実績です。
国家試験の傾向を熟知した講師がオリジナルで行う模擬試験と解説や、一人ひとりに向き合い随時個別指導をしてくれる環境といった、充実した受験サポートの賜物といえるでしょう。

学費詳細・費用

社会福祉士養成学科昼間部 総額135.7万円
入学金:15.0万円
授業料:74.0万円(74.0万円/年 × 1年)
その他:15.0万円
社会福祉士養成学科夜間コース 総額128.7万円
入学金:10.0万円
授業料:74.0万円(74.0万円/年 × 1年)
その他:10.0万円

取得可能な資格一覧

卒業により社会福祉士の国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

卒業生は特定非営利活動法人江戸川区視覚障害者福祉協会、特定非営利活動法人東京自立支援センター、特定非営利活動法人横浜子どもプラザ 大倉山よいこ、日本赤十字社総合福祉センターなどに幅広く就職しています。

精神保健福祉士養成学科|学費:101~200万

概要

精神保健福祉士養成学科は、国内の大学を卒業した方または実務経験者を対象に、1年で精神保健福祉士の資格取得を目指す学科です。
精神保健福祉士とは、統合失調症や躁うつ病といった心の病気を抱える患者が社会復帰して生活に適応できるよう相談や指導を通して支援する専門職で、その需要は年々高まっています。
日本福祉教育専門学校では国家試験合格はもちろんのこと、その先の現場でも役立つ実践力を身につけるべく、臨床の考えを盛り込んだ独自テキストを使用し、現場で活躍する精神保健福祉士や援助を受けている当事者などを招いた特別授業など、充実したカリキュラムを設置しています。
日中に通う昼間部と働きながら通える夜間コースがあります。

学費詳細・費用

精神保健福祉士養成学科昼間部 総額136.3万円
入学金:15.0万円
授業料:74.0万円(74.0万円/年 × 1年)
その他:15.0万円
精神保健福祉士養成学科夜間コース 総額129.3万円
入学金:10.0万円
授業料:74.0万円(74.0万円/年 × 1年)
その他:10.0万円

取得可能な資格一覧

卒業により社会福祉士の国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

一般社団法人震災こころのケア・ネットワークみやぎ、恩賜財団母子愛育会ナーサリールームなどに内定しています。

日本福祉教育専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「短期間で資格を目指す方にぴったりな学科です。授業はみっちり組まれてはいますが、仲間と励ましあいながら楽しく学べます。先生方も色んな質問や相談にも親身になって答えてくれます。」
「幅広い分野の先生方が数多く、また現場経験のある先生が多いので、学問的な知識だけでなく実際に現場で起こっている事例なども数多く学べます。授業も座学だけでなくグループワークや討論形式で行うものもあり、堅苦しすぎない雰囲気でした。」
「駅からすぐでJR、地下鉄と交通アクセスはよいです。雨の日は地下から行くことも可能です。学生街のため、飲食店は充実しています。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「一部の先生は高学歴の生徒を優遇している感じであり全文英語のプリントを配布して、分かる生徒だけついてきてもらいたい感じでした。先生の授業のレベルは高い反面わかりづらい先生の授業には置いて行かれてしまう人もたくさんおり、クラスメイトが皆で教えあっていました。」
「学校求人で一社でも内定をもらったら辞退はしてはいけないと進路指導の方が言っており納得ができず、周りは学校求人での就活はしていませんでした。あくまでも就職は個人行動がメイン。」
「キャンパスはちょっと古めかなと思います。教室は広い分、冷暖房がうまく効くところと効かないところがあります。トイレが女性用だと個室が少なめで、混みます。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*