西武学園医学技術専門学校 東京新宿校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

西武学園医学技術専門学校 東京新宿校は東京都にある介護・福祉系の専門学校です。
西武学園医学技術専門学校 東京新宿校は

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
介護・福祉系 東京都新宿区百人町2-5-9

姉妹校の情報

西武学園医学技術専門学校は、東京池袋校と所沢校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR山手線新大久保駅

入試情報

AO入学試験:作文(原稿用紙2枚)
指定校推薦入学:詳細は在学している高等学校で確認
学校推薦入学:書類審査、場合により面談あり(オープンキャンパス2回参加で面談免除)
特待生入学試験:書類審査、学力試験、工作、面談
卒業生すいせん入学試験:書類審査、面談
一般入学試験(社会人含む):書類審査、学力試験、工作、面談
併願入学試験:書類審査、学力試験、工作、面談

オープンキャンパス情報

西部学園医学技術専門学校東京新宿校のオープンキャンパスでは、 個別相談ブースで個別に相談することができたり、入試のこと学校生活のこと、就職のことなど、わからないことを聞くことができます。
また、実際に義肢装具学科の内容を体験をすることができます。
具体的には、人口足を使って石膏で型をとったり体験用義手や義肢の装着、印象材を使って指の形を取ったりして、どのようなことを学ぶ学科なのかということを感じることができます。
オープンキャンパスに参加した人、全員にプレゼントがもらえるほか、2回参加で入学検定料が免除されます。
学生だけでなく、保護者やご家族も参加することができ、オープンキャンパスに参加した保護者が推薦することで入学検定料が無料になる特典もあります。
オープンキャンパス以外にも学校見学や個別相談をすることができ、平日10時から17時または土曜10時から14時で見学することができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

義肢装具学科|学費:501~600万

概要

義肢装具学科は、義肢装具士を目指し知識やスキルを学ぶ3年制の学科で、1学年28名程が学べます。
義肢装具士は、モノづくりのプロとして、患者さんの体に合わせて型ととり義肢装具を作る仕事です。
必要があればその都度調整を行うことで、体に合うものを作成します。
義肢装具士を目指すために、1年次にはしっかりと基礎を学び、2年次、3年次では基礎をもとに専門的な学ぶを深めます。
基礎分野では、科学的思考の基礎人間と生活を学んだり、専門基礎分野では人間の構造と機能及び心身の発達、疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進、義肢装具療育における工学、保健医療福祉とリハビリテーションの理念、基礎義肢装具学、臨床実習などを学んだりするカリキュラムが組まれています。
義肢や装具のベルト類に作るのに必要なミシン縫製を学んだり、義肢や装具を作るのに必要な採型、金属支柱曲げ、モデル修正、トリミング加工、アライメント調整、ドリル加工など必要な工程を臨床経験豊富な先生のもとで教わります。
パラリンピックに出場する選手の義足を作っている義肢装具士の方から特別講義を受けたりこういった業界で大手を言われる社長さんから講義を受ける機会もあります。
また、国家資格合格は4年連続100%を達成しており、1年次から国家資格対策をはじめ苦手科目の克服など特別講座もあります。
医療メーカーや病院、義肢装具制作会社、義肢装具材料メーカーが活躍できる場所となり、国家資格である義肢装具士の資格取得のほか、福祉用具プランナー、福祉用具専門相談員、初級障がい者スポーツ指導員などの資格取得も目指せます。
就職のために手厚いキャリアサポートを受けることができ、個人面談やOBによるガイダンス、履歴書の書き方講座、面接練習、講演会、就職説明会の参加など、毎年就職率は100%です。
患者さんの目線に立って提案できるホスピタルティ力やヨーロッパからマイスター招いて本場の指導を受けたり他の福祉分野の学びを深めたりすることで実践力を養っています。
西部学園医学技術専門学校では社会人の方のたくさん学んでおり新しい分野でのチャレンジやスキルアップをしたい人などが挑戦しています。
義肢装具学科では、42%が社会人学生で、学ぶ意識の高い人が集まっています。
西武学園医学技術専門学校では、即戦力となり感謝され愛される人を育成を目指しています。
学校では、イベントもたくさんありテーブルマナーを学んだりテーマパーク研修、学園祭、球技大会、学術大会参加、普通救命講習、施設見学、臨床実習報告会、卒業研究発表会など、充実した学生生活を送ることができます。

学費詳細・費用

義肢装具学科 総額541万円
入学金:43万円
授業料(年間):92万円
実験実習費(年間):44万円
施設費(年間):30万円

取得可能な資格一覧

国家資格である義肢装具士の国家資格受験資格が取得できます。
専門士の称号が取得でき、4年制大学の3年次に編入可能です。
福祉用具専門相談員や初級障がい者スポーツ指導員などの資格取得を目指すこともできます。

就職・内定先の実績

日本義手足製造株式会社、株式会社群馬中央義肢、株式会社所沢義肢製作所、株式会社田沢製作所、株式会社y-brace、有限会社湘南義肢研究所、株式会社小林義肢製具製作所、公益財団法人鉄道弘済会、株式会社大竹補装具製作所、株式会社サニフット、有限会社荒木義肢製作所、株式会社中島義肢製作所、(有)山形義肢研究所、(株)早川義肢製作所、(有)テラダ義肢製作所、(有)秋田ブレース、(株)ファルベ、(株)パシフィックサプライ、(株)大和義肢、(株)東亜義肢、(有)酒井製作所、(株)愛知義肢製作所、(株)エヌ・オーティー、(株)武内義肢製作所などが義肢装具士科の就職先として挙げられ、毎年就職率は100%です。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

学生の年齢層が様々なので、いろいろな世代の人から話を聞くことができたことが良かったです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学費の他に何回か材料費や教材費が必要になります。
英語の先生の授業がわかりずらく何を言っているのか理解できず授業にならないことが多いです。
自主的に勉強しないと取り残されていく感じがするし、先生は優秀な学生ややる気のある学生にはひいきしているように感じとれました。
学費に相応しくない授業がありました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*