米田柔整専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

米田柔整専門学校は愛知県にある看護・医療系の専門学校です。
米田柔整専門学校は学校法人に認可されています。

米田柔整専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 愛知県名古屋市西区枇杷島2−3−13 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

米田柔整専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

名鉄東枇杷島駅

米田柔整専門学校の入試情報

一般入試:筆記、作文、面接
社会人入試:筆記、作文、面接
学校長入試:筆記、作文、面接
自己推薦入試:筆記、作文、面接
AO入試:面接、課題

米田柔整専門学校のオープンキャンパス情報

米田柔整専門学校の学校説明会では、約3時間にわたるスケジュールに加えて、希望者は終了後に個別相談を受けられるという充実した内容です。
柔道整復師とはがどのような職業かという基本的なことから、授業内容や入学試験のことまで教えてもらえる全体説明会は、教員が自ら説明してくれます。
その後、実習室や柔道場といった校内設備と実際の実習や講義の様子を併せて見学することができるキャンパスツアー、在校生との懇談会を行います。
「授業はどれくらい厳しいのか?」「放課後はどう過ごしているのか?」「進学に伴う初めての一人暮らしはどんな感じか?」といった、実際に通っている先輩にしか聞けないような内容や本音を知ることができる場は限られるので、この機会に気になることを色々と質問してみるといいでしょう。
学校説明会は主に休日の日中の時間帯に行われるので、仕事がある方や日程調整が難しいという方は90分の短いスケジュールで行う夜間説明会、事前予約で随時対応してくれる個別相談会に参加するのがおすすめです。
いずれかも丁寧に説明してもらえ、自分の目で米田柔整専門学校の良さを確かめられる良い機会になります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

柔道整復科|学費:401~500万

概要

米田柔整専門学校は、50年以上もの間一貫して柔道整復師を育成し続けてきた歴史ある教育機関で、これまでに約5,000人もの卒業生を社会に送り出しています。
カリキュラムは、英語・心理学・栄養学といった科学的思考の基盤となる基礎分野6教科、運動学や一般臨床医学、整形外科学、公衆衛生学といった専門基礎分野14教科、柔道整復学に直結する知識となる運動器総論、上肢・下肢・頭部など各部位ごとの損傷に関する臨床学、臨床実習などからなる専門分野が14教科という構成です。
医療人として求められる科学的かつ論理的な思考法や生命倫理に対する考え方などの幅広い教養と、柔道整復師としての専門技術をバランス良く学ぶことができるカリキュラムとなっています。
医療法人米田病院との強力な連携により、卒業後の活躍につながる徹底した実技教育を行っていることも特徴です。
1年次から実習を開始し、包帯法やギプス固定といった固定の技術を中心に実際に学生同士で練習することで、柔道整復師のスキルの1つとも言える手の感覚を研ぎ澄ませていきます。
2年次には触察や徒手検査、ストレッチなどを現場でのトレーナー経験が豊富な講師から伝授。
3年次には臨床実習を実施し、付属臨床実習施設として校内に開設されている米田接骨院に実際に通院している患者さんの協力のもと、問診・視診・触診・各種評価、その後の施術まで実践します。
これまでクラスメイトの体で実技練習を繰り返した施術も、実際に痛みの訴えがある患者さんを相手に、一人ひとりの受傷部位や体つき、性格といった個性を考慮しながら行うのがいかに難しいか体感する貴重な経験となり、その後の学びのモチベーションにもつながります。
柔道の授業は大学柔道経験者の教員や外部講師による指導で、基本的に週1回行われます。
1年次は有段者も含めて全員が帯の締め方、礼法、受身からという順番で基本からしっかりと講習を行うので、柔道の経験がない方も安心です。
米田柔整専門学校は国家試験サポートにも力を入れており、合格率が毎年全国平均を大きく上回っているのも魅力的なポイントです。
1,2年生のうちから国家試験を視野に入れた同形式の実力テストを実施し到達度を確認しながら着実に学習を進めるとともに、なかなか点が伸びない学生には補充講義を実施。
学内のホールでは自主勉強をする学生が多くいて、放課後でも教員が質問に応じてくれるので仲間とともに合格を目指せる環境です。

学費詳細・費用

柔道整復科第1部 総額426.0万円
入学金:30.0万円
授業料:264.0万円(88.0万円/年 × 3年)
その他:44.0万円
柔道整復科第2部 総額426.0万円
入学金:30.0万円
授業料:264.0万円(88.0万円/年 × 3年)
その他:44.0万円

取得可能な資格一覧

柔道整復師の国家試験受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

卒業生は医療法人米田病院、医療法人恭純会服部整形外科、城南リハビリクリニック、守山整形外科クリニック、株式会社タケダハートメディカルグループなどに内定しています。

米田柔整専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「生徒は活気溢れており、実際に授業を見てもらえる先生は臨床経験豊富な先生ばかりで、現場で役に立つ知識や技術を取得することができます。特に柔道整復師の最大の武器でもある包帯に力を入れており、細かいところまで熱心に指導して貰えます。」
「一人一人の先生の授業では教科書通りに進みながら、その中に自分の臨床経験を交えながら進めて行くので、イメージが掴みやすいです。」
「就職先は、病院や接骨院など多くの求人から選ぶことができました。履歴書や小論文などを学校でチェックしてもらえるので安心して受けることができました。」
「柔道場が2面もあり広く、新しくて運動をするには最適な環境でした。共有スペースには休み時間に休憩できる椅子や机が整っていました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「若い先生だと最近の事情とか色々教えてくれるからすごい為になると思いますが、年配の先生だとむかしながらの考えが強くてちょっと大変なところが多いと思います。」
「ご飯を食べるところがないため、購買ではなく自動販売機での食料購入なのでそれは少し寂しい感じです。」
「学費は3年間で約400万円かかるので安いとは言えませんが、ギプスを巻く練習などを他の学校より多くしているので妥当なのかなと思います。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*