愛知総合看護福祉専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

愛知総合看護福祉専門学校は愛知県にある看護・医療系の専門学校です。
愛知総合看護福祉専門学校は学校法人に認可されています。

愛知総合看護福祉専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 愛知県長久手市根嶽1216 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。
姉妹施設として、介護老人福祉施設「愛知たいようの杜」、ケアハウス「ゴジカラ村雑木林館」などがあります。

愛知総合看護福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

愛知高速交通杁ヶ池公園駅

愛知総合看護福祉専門学校の入試情報

推薦入試:学科試験(小論文)、面接
一般入試:学科試験(国語総合[現代文]、コミュニケーション英語I・II)、面接
社会人入試:学科試験(小論文)、面接

愛知総合看護福祉専門学校のオープンキャンパス情報

愛知総合看護福祉専門学校では、7/27、8/10、8/23、9/7、12/7の日程で学校見学会を開催しています(※2019年のデータです)。
当日の内容としては、校舎や施設の見学、学校の説明、入試についての説明、模擬体験授業、個別相談などとなっており、10時集合、昼過ぎに終了予定となっています。
在校生と交流する時間もありますので、キャンパスライフや就職先の選択肢についてなど、具体的な声を聞くことができます。
また、参加者には昨年度の入試問題を配布しています。
当学校では入試形式を問わず小論文など学科試験が課されますので、どのような出題傾向となっているのか知るためにもぜひ参加しておきたいところです。
見学会の参加にあたっては、前日までに参加申し込みが必要です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

保健看護学科|学費:501~600万

概要

保健看護学科は、4年間の学習で「看護師」と「保健師」両方の資格を取得し、病院など医療機関への就職を目指すコースです。
保健看護学科のカリキュラムのポイントは2つあり、1つは「看護師」と「保健師」のダブルライセンスを同時に目指すことができる点です。
看護師の役割は病気の方の治療・回復をサポートすることにあり、保健師の役割は人の健康を管理・維持し、病気になる人を減らすための予防・対策を行うことにあります。
高齢者や障碍者が病院だけではなく家庭や地域社会で支えられることが望まれる現代の社会においてこの2つの役割は切り離せないものと考えられており、これらのライセンスを同時に取得することによって、あらゆる医療・看護の現場で求められる豊富な知識と高い技量を備えた人材となることが期待されます。
2つの国家試験対策を同時に行うため、授業難度は高くなる傾向にあり、また学費もやや高めとなっていますが、2つのライセンスを別々の養成学校で取得するのに比べれば割安であると考えられます。
カリキュラムの2つ目のポイントは、多彩な実習施設と恵まれた学習環境です。
学内にはさまざまな種類の看護実習室が備えられているほか、病院、企業、学校、介護老人福祉施設などさまざまな実習先が用意されており、学校で学んだ知識や技術を実践的に習得できる環境が整えられています。
学校自体も自然村「ゴジカラ村」の中にあり、村内にある幼稚園やケアハウスの子どもたち・老人たちとのふれあいを通して、人間の生命や幸福について総合的に学んでいくコースとなっています。

学費詳細・費用

保健看護学科 総額530万円
入学金:30万円
授業料:92万円
実習費:15万円
施設設備費:9万円
設備費等:9万円

取得可能な資格一覧

卒業によって国家資格である「看護師」および「保健師」の受験資格を得ることができます。
近年のデータを見ますと、新規卒業生の両資格合取得はほぼ100%を達成しており、本気でダブルライセンスを取得したいと考える方にとって心強いデータとなっています。
国家試験対策としてはチューター制を採用しており、早い時期からひとりひとりの生徒に対し定着度に合わせたきめ細かい指導が行われていますので、日々の授業についていけるか心配という方も安心です。
また、これらの他に衛生管理者資格および高度専門士称号を得ることができ、卒業によって大学院への入学資格が全員に与えられます。
また、大学において定められた科目を履修することにより養護教諭2種の免許取得も視野に入れることができます。

就職・内定先の実績

愛知医科大学病院、春日井市民病院、刈谷豊田総合病院、公立陶生病院、国立病院機構東名古屋病院、小牧市民病院、瀬戸みどりのまち病院、総合上飯田第一病院、名古屋大学附属病院、名古屋徳洲会総合病院などが主な就職先となっています。
ここに挙げた以外でも、愛知県内のさまざまな病院、健康センター、保健所などへの就職実績が確認でき、ダブルライセンス取得を見据えたカリキュラムによって養われた高い専門性と総合力を備えた卒業生が多様な医療・看護のフィールドで活躍しています。
就職については講師陣が生徒ひとりひとりの希望や適性に合わせて適切にアドバイスを行っており、学習面だけではなく、社会人としてのマナーや言葉遣いまで指導する点がポイントです。
また、在学中に実習を行った施設や、ボランティア・アルバイトなどを通してよく見知った職場に就職が決まるケースもあるようです。
このように、就職に有利にはたらく条件が揃っている点は愛知総合看護福祉専門学校を選ぶ上でのポイントのひとつです。

愛知総合看護福祉専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

看護師の国家試験の合格率は高かった。
1人1つのロッカーがある。荷物が色々と入れられる。
図書室で沢山の資料が借りられる。
コピー機があるため、必要なものをそこでコピーして持ち運べる。
就職先のことは先生達が親身になって生徒1人1人アドバイスをしてくれているみたいです。
学校はもりのなかの木造校舎で、木の香りもしてよかった。
自然に囲まれながらの授業でリラックスして受けることが出来ました。
厳しくても確実に看護師を目指したいという人にとってはよい学校である。
在学中に厳しく指導して頂いたお陰で働いてから苦労しませんでした。先生には感謝しています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

実習病院がバラバラな為行くのがとても大変。
看護の座学もなかなかキツイが技術的な面で厳しいことが多い。
駅から遠いため、藤が丘からバスや自転車を利用する。また車で来る人も多い。
自分でしっかり勉強していかないと周りに置いてかれる。
コンビニが少し遠い。
授業数はたくさんあり、少し大変でした。
学費がとんでもなく高い。
(学費について)実習費、テキスト費、など別途かかるものが多いイメージです。あとから買い足し買い足しを多くしていました。
4年間同じクラスなので、(授業によってはグループワークをすることが多いこともあるので)友達関係が1度崩れると面倒なことになる。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*