中部製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

中部製菓専門学校は愛知県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
中部製菓専門学校は学校法人に認可されています。

中部製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 愛知県知立市池端1丁目8 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、山本学園情報文化専門学校、中部ファッション専門学校があります。

中部製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

名鉄名古屋本線知立駅/三河線知立駅

中部製菓専門学校の入試情報

特待生入学(高校生):面接、作文、書類選考
特待生入学(大学生・短大生):面接、作文、書類選考
推薦入学(一般推薦):面接、書類選考
推薦入学(指定校推薦):面接、書類選考
一般入学(併願入学):面接、作文、書類選考
大学生・短大生・専門学校生入学:面接、書類選考
社会人入学:面接、作文、書類選考

中部製菓専門学校のオープンキャンパス情報

中部製菓専門学校では、オープンキャンパス・個別相談会・体験入学が開催されています。
オープンキャンパスは、予約不要・時間内出入り自由で、オープンキャンパスが毎月開催されていますが、Sweetsビュッフェ開催日のみ事前予約必要が必要となっているので注意してください。
体験入学は、要予約・ランチ付き・参加費無料で年5回程度開催されています。
オープンキャンパスと体験入学の違いは、オープンキャンパスは、特徴や雰囲気をつかみ、体験入学は、菓子作りを行い授業を体感することなっています。
個別相談会は、学校に対する疑問を解決出来たり、自分に合った入試方法を相談したりすることが出来ます。
オープンキャンパス・体験入学・個別相談会の開催日に日程が合わず参加が困難な方は、随時学校見学が実施されているので、ご利用ください。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

製菓衛生師科|学費:201~300万

概要

製菓衛生師科は、2年間、洋菓子・和菓子・パンについて幅広く学び、製菓衛生師試験合格を目指す学科となっています。
洋菓子、和菓子、製パンの3分野の幅広い知識と確かな技術を身につけることが出来ます。
1年次は製菓衛生師として必要な3分野の基礎・基本を実習を通して徹底的に学び、2年次は、3分野の応用を中心に学びます。
2年次には、資格取得の為に、模擬試験や試験対策授業に十分な時間が設けられているので、製菓衛生師は3年連続合格率100%となっています。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額230万円
入学金:20万円
授業料:50万円
施設維持費:20万円
実験実習費:1年次30万円、2年次40万円
その他諸費用(教材費・ユニフォーム代・学校行事積立金、研修旅行費他)が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師、フードコーディネーターがあります。
模擬試験や試験対策授業が設けられており、製菓衛生師は3年連続合格率100%となっています。
卒業と同時に専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

就職実績に、ケーキハウスアンジェ、大蔵餅、井桁堂株式会社、ヤマヤマ株式会社、株式会社ラ・カーサ・デリ、サクラヒルズ、株式会社プランドゥシー東海などがあります。
就職指導は、入学直後から開始され、就職指導担当への相談・面談は、1人平均5回以上となっており、一人ひとりじっくりと進路を相談することが出来るので、高い就職率を保っています。
就職支援は、ガイダンスから始まり、自己分析、リサーチ、OBOGセミナー、書類対策、面接対策など充実しており、過去3年間、関連業界内定率 100%の実績があります。

洋菓子科|学費:201~300万

概要

洋菓子科は、2年間、洋菓子・和菓子・パンについて幅広く学び、パティシエを目指す学科となっています。
洋菓子、和菓子、製パンの3分野の幅広い知識と確かな技術を身につけることが出来ます。
1年次は製菓衛生師として必要な3分野の基礎・基本を実習を通して徹底的に学び、2年次は、お菓子を華やかに演出する細工技術や芸術的なテクニックとセンスなど洋菓子に特化したプログラムで学ぶことで、パティシエとしての技術とセンスを磨くことが出来ます。
2年次は、実習中心に行われるので即戦力となる知識と技術を学ぶことが出来ます。
店舗マネージメント実習では、商品考案、材料発注、製造、販売、ディスプレイ、接客、計数管理まで行われ、製造だけでなく、経営や接客技術まで実践的に学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

洋菓子科 総額234万円
入学金:20万円
授業料:50万円
施設維持費:20万円
実験実習費:1年次30万円、2年次44万円
その他諸費用(教材費・ユニフォーム代・学校行事積立金、研修旅行費他)が必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、製菓衛生師、フードコーディネーターがあります。
卒業と同時に、専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

就職実績に、アベニール洋菓子店、パティスリーランファン、パティスリーアルピーノ、パティスリーラズリー、パティスリーしあわせのえき、ドン・ペペ、株式会社ブラス、株式会社マリアなどがあります。
就職指導は、入学直後から開始され、就職指導担当への相談・面談は、1人平均5回以上となっており、一人ひとりじっくりと進路を相談することが出来るので、高い就職率を保っています。
就職支援は、ガイダンスから始まり、自己分析、リサーチ、OBOGセミナー、書類対策、面接対策など充実しており、過去3年間、関連業界内定率 100%の実績があります。

中部製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

ホテルのパティシエの方や有名な方もたくさんこられるのでお話できて勉強になりました。
先生も優しい方が多いのですごく楽しいです。
わたし的には洋菓子の実習がすごく楽しいです。
タルトオショコラを作りましたが、初めて見る材料や器具で気分が上がりとても楽しかったです。
いろんな材料に囲まれて新しい技術も身に付く、とてもいい学校です。
器具は、ほんとにプロが使ってるものを使用できます。
月に一度目標達成というのがあり自分の今のところ実力がわかるので技術向上にはとてもいいです。
試験対策の授業があるので、資格を取りやすいです。
各分野の専門の先生方が授業をしてくれますので、わからないところもわかりやすく教えてくれます。
就職指導の先生が親身にお話を聞いてくださり就職実績はほぼ100%に近いので安心できました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

実習室は他の学校に比べたら小さいです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*