名古屋文理栄養士専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋文理栄養士専門学校は愛知県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
名古屋文理栄養士専門学校は学校法人に認可されています。

名古屋文理栄養士専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系
製菓・調理・栄養系
愛知県名古屋市西区東岸町2-53-1 認可

姉妹校の情報

名古屋文理栄養士専門学校は、名古屋文理大学と名古屋文理大学短期大学部も運営しています。

名古屋文理栄養士専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

地下鉄舞鶴線「浄心」駅から市バス「栄25系統名塚中学・名西橋行」堀越町下車/地下鉄鶴舞線「庄内通」駅/「名古屋」駅から市バス「名駅11号系統名西橋(左まわり)名古屋駅行」堀越町下車/「名古屋」駅から市バス「名駅13号系統中切町・上飯田行」笠取町下車

名古屋文理栄養士専門学校の入試情報

適正選抜入学試験:面談、書類審査
面接選抜入学試験:個人面接、書類審査
学校推薦入学:個人面接、調査書によって選考
キャリアアップサポート入学試験:個人面接、調査書によって選考

名古屋文理栄養士専門学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスでは、学科紹介を行っていて、取り入れている授業の内容や特徴、取得可能な資格、将来の進路に関する説明をしています。
AO選抜や推薦入試、面接選抜といった実施されている入試についての説明も行っており、栄養士として活躍していくための実習や実験、座学などを毎回違った内容で開催しています。
オープンキャンパスには何回でも参加することができるので、内容の違った学習を毎回体験することができます。
生徒への個別相談コーナーも用意されていて、一人ひとりの疑問や質問に先生方が答えてくれます。
学習や生活にかかわりのある場所の特徴を紹介しながらキャンパス全体を見学することができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

栄養士科|学費:101~200万

概要

栄養士科では、実戦的な実験や実習、実務指導に重点を置いた指導を行っており、より実践力の強化に努めたカリキュラムを組んでいます。
卒業と同時に「栄養士」免許の取得が可能となっており、短期大学卒業と同時に与えられる「専門士」の称号も付与されるので、栄養士としても即戦力として活躍できるよう勉強を行っていきます。
そのために必要な各種学校設備もとても充実したものとなっており、食品汚染の危機回避を行うために定められたHACCPシステム対応の大量調理室や授業で習ったことを補足して調べるための図書情報センターやコンピューター室など、施設面も充実したものとなっています。
授業では基本的な調理技術や日本や西洋・中国の調理方法を通して食品の調理性に関する知識と技術を身に着けていく調理学実習や高血圧など生活習慣病に対応した栄養管理と理論を学習し、それを元に治療効果の高い食事提供を行うための知識と技術の体得する臨床栄養学実習等を学んでいきます。
特別講義も開講されており、アスリートの身体作りに必要な健康三要素の質とタイミングの重要性などを学ぶ「スポーツ栄養論」や生活習慣予防のためのスキルを習得することができる「食生活改善指導」などを受講することができます。
本学科の卒業生は、栄養・食品の知識や技術の習得に加えて、医学に基づいた栄養管理の知識と技術を学んでいくので社会的に高く評価されています。

学費詳細・費用

栄養士科 総額120万円
入学金:20万円
施設設備費:20万円
教育充実費:15万円
授業料:65万円

取得可能な資格一覧

管理栄養士・食品技術者・栄養士資格・専門士(衛生)・食育栄養インストラクター(全国栄養士養成専門学校協議会認定)・その他でキャリア支援の一環によりキャリアアップ支援講座(任意・別途有料)として秘書検定対策講座を行っております。

就職・内定先の実績

栄養士の仕事は重要があり多方面で活躍しています。
進路では、慎重に選択できるように、キャリア支援センターが窓口になり豊富な情報基にキャリア支援講座や個別ガイダンスなどを実施指導しており、病院・老人保健施設・給食センター・食品関連企業などに就職しています。
給食会社の分野には、グリーンハウス・日清医療食品・LEOC・エームサービス・ティーエフピー・富士産業・ニッコクトラスト・魚国総本社・日本アグネス・栄屋食品・医療食品・O’Sフード等に就職しています。
教育等の分野では、保育園に就職する方が多く人気があり主な就職先は、新生保育園・やしろ保育園・ミカヅキ保育園・中村保育園・大和保育園・はなの木保育園・けやきの木保育園・高浜あおぞら保育園・天王保育園・アイグラン・赤ちゃんの家さくらんぼ・かもめ保育園・和光保育園・JRホールディングス等に就職しています。
病院の分野では、江南厚生病院・稲沢厚生病院海南病院・豊田厚生病院・ヨナハ総合病院・和合病院・知多厚生病院・佐藤病院・鈴木病院などに就職しています。
製造の分野では、ときわ食品・大丸・日本フーズデリカ・ヤマシン醸造等に就職しています。
平成31年4月1日現在就職希望者が多く、業種別比率では、給食会社40%・保育園20%・医療17%・福祉12%・その他11%になり、とても人気のある職種になります。
また、大学に編入される方もいます。

名古屋文理栄養士専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

説明は丁寧でわかりやすくわからないところはしっかり教えていただけます。
実習が多くてかなりいい経験ができます。
先生方も実際に働いていた方がいるのでとても良いです。
給食実習が充実していて栄養士試験に向けての取り組みに力を入れています。
栄養管理についての知識、経験が欲しい方にはおすすめです。
学費は調理実習の費用も込みなので高くはないです。
就職率8年連続100%というだけあり、就職案内がたくさんあります。
また自分が就職したいという意思をバックアップしてもらえます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学校に置いてある機材が少なく、短期大学の方へ移動して授業をすることがありました。
授業内容には満足をしていますが、もっと細かく説明してほしいと思うことが多々有りました。
通学バスは毎朝満員になることが多く、通学するのも一苦労です。
学食で出されているメニューの種類がそこまで多くなくいつも込み合っている為すぐに売り切れます。
車通学が禁止されておりコンビニなども近くにないため不便に感じました。
専門学校の校舎は歴史が長いためか古くあまり綺麗だとは感じないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*