名古屋スイーツ&カフェ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋スイーツ&カフェ専門学校は愛知県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
名古屋スイーツ&カフェ専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 愛知県名古屋市西区那古野2-12-16 認可

姉妹校の情報

三幸学園姉妹校として医療事務・秘書・福祉の専門学校では札幌医療秘書福祉専門学校や医療事務の横浜医療秘書歯科助手専門学校、美容師・エステ・メイク・ネイルの専門学校では大宮ビューティーアート専門学校、保育士・幼稚園教諭の専門学校では東京こども専門学校などなど様々なジャンルであります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR名古屋駅/名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅地下鉄東山線名古屋駅/桜通線名古屋駅

入試情報

AO入学制度:面接試験
高校推薦入学:書類審査、面接試験
自己推薦入学:書類審査、面接試験
一般入学:面接試験

オープンキャンパス情報

名古屋スイーツ&カフェ専門学校では体験授業のできるオープンキャンパスがあります。
また、土日は忙しいので行けないという方向けに平日には個別相談会も行われているので、在校生のリアルな学校生活を見学したり、1対1で相談をしたりすることができます。
体験授業では、カフェメニューとして代表的になったパンケーキやいちごのデニッシュなど日によってメニューが変わるので、何度も通える上に、学校に詳しくなれるので入学を希望している方はぜひ参加したいところです。
在校生との交流の時間も設けられているので学校の雰囲気を知るためにもとてもいい機会です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

スイーツパティシエ科パティシエコース|学費:201~300万

概要

2年目にコースを選択して分かれるうちの1つであるパティシエコースでは基本の洋菓子のレシピ習得だけではなく、オリジナルのレシピをプランニングするところまで作れるパティシエやブーランジェを目指します。
より高度なテクニックや繊細なセンスが必要とされるレシピにたくさん取り組みます。
スイーツ240時間、パン120時間、学内店舗実習240時間とかなりの時間を実習に使います。
基礎をもとにマジパンやアメ・チョコレート細工といったデコレーション用のパーツ作りの技術も習得します。
美しく自分でイメージした通りのスウィーツが作れるように技術を身につけます。
プロモーションとして欠かせないSNSを利用したマーケティングについてどのように活用すればさらなる集客につながるかの理論や実際例に基づいて学習します。
来店されたお客様が居心地のよい空間をプロデュースするために必要な接客の基本と演出の方法を学びます。
将来、開業するときに店舗のマネジメントやマーケティングなど必要となる基礎学習を身につけます。
色と食の関係もとても重要な要素なので、より素敵に、魅力的に見えるデコレーションやラッピングの技術を学習します。

学費詳細・費用

スイーツパティシエ科パティシエコース 総額298万円
入学金:10万円
授業料:132万円
施設設備費:52万円
実習費:64万円
その他諸費用:40万円

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格、製菓衛生師、色彩検定1~3級、フードコーディネーター検定3級、サービス接遇検定1~3級、ラッピング検定などの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社ミリアルリゾートホテルズ、株式会社ベストブライダル、ベーグジャパン株式会社(ミッシェル・ブラン)、スペイン窯ーパンのトラ、株式会社オールハーツカンパニー(ANTIQUE他)、株式会社ハーブスグローイング、株式会社麦の穂(ビアードパパ他)、エイムエンタープライズ株式会社、ピエール・エルメ・パリ、有限会社ダウニー(Lakewood)、株式会社エルフラット、パティスリー・ステラ・プリンスなどの実績があります。

スイーツパティシエ科カフェ&ドリンクコース|学費:201~300万

概要

2年目にコースを選択して分かれるうちの1つであるカフェ&ドリンクコースではカフェの運営に必要な知識の習得だけでなく接客サービスやカフェのプロデュース、店内ディスプレイ、カフェメニューの洋食を調理する技術までお客様に喜んでいただけるカフェづくりの課程を学習します。
1年生の授業で習得したカフェメニュー調理技術に加え、外国の料理を売りにするカフェで必要となる製菓や製パンまで幅広く学び、パスタやカフェの丼料理やランチプレートなどの人気メニューをアレンジしなながら実際に作って身につけます。
SNSを活用したマーケティングについて、どのようにSNSを利用すれば集客につながるかを理論や実例に基づいて学習し、実際に行います。
パティスリーやカフェのお店のコンセプトをよりグレードアップさせるインテリアレイアウトや店内装飾を学習し、心地よいBGMなども同時に学びます。
ホスピタリティと言われるおもてなしの心を学習することで接客の技術を習得します。
シーンに合わせたテーブルのスタイリングについてノウハウも身につけます。
カフェには欠かせないドリンクをコーヒーからスムージー、ラッシーに始まり、カクテルやワインといったお酒までまで幅広く学ぶと同時に、デザインカプチーノにも挑戦してドリンク技術を身につけることができます。

学費詳細・費用

スイーツパティシエ科カフェ&ドリンクコース 総額298万円
入学金:10万円
授業料:132万円
施設設備費:52万円
実習費:64万円
その他諸費用:40万円

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格、色彩検定1~3級、フードコーディネーター検定2~3級、サービス接遇検定1~3級、ラッピング検定、製菓衛生師などの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社マリノ、株式会社サンマルクホールディングス、株式会社カフェ(tables)、有限会社ダウニー(Cafe Downey)株式会社ポッカクリエイト(CAFÉ de CRIÉ)、株式会社ベストプランニング、エイムエンタープライズ株式会社、株式会社WIRED、株式会社アルカンシエル、THE CUPS等の実績が多数あります。

スイーツパティシエ科スイーツカフェビジネスコース|学費:201~300万

概要

2年目にコースを選択して分かれるうちの1つであるスイーツカフェビジネスコースでは将来敵に自分のお店を開業、プロデュースするために必要な知識を総合的に学習し身につけることができます。
自分らしさとおしゃれで可愛い、素敵なお店をオープンするため、より実践的に現場で起きうることを想定しながら学ぶことができます。
有給企業インターンシップにより学校で学びながら現場経験により実践力を習得し身に着ける事が可能となっています。
お店を経営するときに重要なお金の知識や販売管理、営業に関する法制度、飲食業界全体等、経営者としての基礎をしっかりと学習する環境があります。
カフェやパティスリーを運営する際にはメニューの制作能力だけでなく、店舗運営といったマネジメントの考え方と手法が必要になります。
実際の接客を考えながらより実践的に接客方法を学び、上手なおもてなしができる能力を習得します。
来店された方にゆったりと楽しんでもらえる内装や外観、空間の作り方を学び、雰囲気が良いお店の作り方を学びます。

学費詳細・費用

スイーツパティシエ科スイーツカフェビジネスコース 総額298万円
入学金:10万円
授業料:132万円
施設設備費:52万円
実習費:64万円
その他諸費用:40万円

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者、製菓衛生師、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格、色彩検定1~3級、フードコーディネーター検定3級、サービス接遇検定1~3級、ラッピング検定、などの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社PALME、TIFFIN、ザ・フナツヤ、幸せのパンケーキ、Patisserie Chez KOBE、Patisserie La Tiare、株式会社第一寳亭留、kicori café、株式会社松屋コーヒー、sweets maman、London Cupcakes、株式会社満月、terre à terre、株式会社gram、豆屋珈琲店、ミールカフェ、Amelie Cafe、共栄窯などの就職実績があります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

校舎や施設の外観や制服のデザインがとてもお洒落でかわいいので自慢です。
調理室には最新の器具が揃っていて製菓の技術を学ぶにはぴったりな環境です。
先生も経験豊富な方ばかりなのとても勉強になります。
製菓や製パンだけでなくカフェ料理やドリンクも全てのジャンルが学べるのはこの学校だけです。
実際の店舗での実習もあるので自分で考えたメニューやレシピを実際のお客様に食べてもらう経験ができるので実践的な学習もすることができます。
生徒自身が授業ごとに教室や器具を綺麗に掃除しているので全て綺麗なままの状態を保たれていて、とても気持ち良い環境で学習することができます。
パティシエを目指している人にとっては最高の学校です。
愛知県にはこの分野の学校が少ないのでとてもいい学校といえます。
実習が多く、実践することでどんどん頭に入ってくるのでとても良い環境で、隣のウェディング専門学校と模擬結婚式をする機会もあるのでとても勉強になります。

口コミ元

ネガティブな口コミ

年に一度、スポーツイベントで三幸フェスティバルというものがあり、体育祭のようなみんなで騒ぐイベントが苦手な人にとっては苦痛です。
名古屋市内の複数の体育館へ行くのですが交通費と食事代は自分持ちで車や自転車での参加は禁止という規定があるのでとても不便です。
授業によっては自分でレシピを考案することがあり、先生に当たりはずれがあるので、はずれた時は自分で考案できず言われたことをやるだけなので楽しくないです。
座学は受けている意味を見出せないものばかりで暇です。
オープンキャンパスにお金をかけている分学費が高くなっています。
オープンキャンパスは参加する側は楽しいけど、実際に入学すると生徒に対しての扱いが少し雑なのでギャップがあります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*