名古屋調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋調理師専門学校は愛知県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
名古屋調理師専門学校は学校法人に認可されています。

名古屋調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 愛知県名古屋市瑞穂区新開町5番3号 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

名古屋調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

名鉄神宮前駅/JR熱田駅

名古屋調理師専門学校の入試情報

推薦:面接のみ(2019年3月高等学校卒業見込み)
一般:作文、面接

名古屋調理師専門学校のオープンキャンパス情報

名古屋調理師専門学校の体験入学は、参加費無料であり、さらに何度であっても参加することができます。
実際に当校の教授から指導を受ける、本格的なレシピにチャレンジ、在校生との触れ合い、などをメインに個別相談や総合ガイダンスについても開催されています。
わきあいあいとした府に気の中、学校生活のことであったり、ともに試食をするなど、好評なイベントのようです。
夜間についても開催されており、18:00~20:00の時間に、定員は40名とされています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師本科|学費:201~300万

概要

調理師本科は調理実習、総合調理実習、高度調理実習、食生活と健康(公衆衛生学)、食品の安全と衛生(食品衛生学)、食品と栄養の特性(栄養学、食品学)、調理理論と食文化概論(食文化概論、調理理論)、選択科目(フランス語、英語、イタリア語、中国語、英語から2科目以上)、サーヴィス、などを学習します。
サーヴィスではテーブルセッティングやテーブルマナー、ワゴンサーヴィスなどの技術を学び、さらにコーヒー・紅茶、チーズ、ワインなどについても学びます。
コースの特色として、レストラン・デセではサーヴィスと調理を調理師本科2年生が行い、求人企業人事担当者やレストラン・ホテルのシェフの方々を招待、レストランサービス技能士3級は高い合格率、スタジエール(校外実習)では著名なホテルで研修するという貴重な学びが可能です。
授業の時間割には1年次では調理実習、栄養学、公衆衛生学、特修講座を定期開講、サーヴィス、調理理論、食品学、食品文化概論、食品衛生学、2年次では高度調理実習、選択科目、特修講座を定期開講、総合調理実習、食品衛生学、調理理論、といった内容になっています。

学費詳細・費用

調理師本科 総額228万円
入学金:27万円
授業料:144万円
設備整備費:23万円
教育維持費:20万円
特別研修費:14万円

取得可能な資格一覧

主な取得資格として、調理師免許(国家試験免除)、専門調理師学科試験免除(技術考査合格者)、食品技術管理専門士登録資格、調理師養成施設実習助手任用資格、専門士称号、レストランサービス技能士3級(希望者のみ)、介護食士3級(希望者のみ)、食育インストラクター(希望者のみ)、フードコーディネーター(希望者のみ)、介護職員初任者研修(希望者のみ)、健康管理士一般指導員(希望者のみ)、薬膳マイスター(希望者のみ)、などがあります。

就職・内定先の実績

主な就職先として、ナゴヤキャッスル、祇園川上、モナリザ、などがあります。

調理師科(テクニカルコース)|学費:101~200万

概要

調理師科(テクニカルコース)は、総合調理実習、調理実習、食生活と健康(公衆衛生学)、食品の安全と衛生(食品衛生学)、食品と栄養の特性(食品学、栄養学)、調理理論と食文化概論(食文化概論、調理理論)などを学習します。
総合調理実習では給食(集団調理、献立作成)、サーヴィスなどを総合的に学習することで業務の全体を把握することが目的であり、本コースではサーヴィスを重視してカリキュラムが組まれています。
時間割では調理実習、栄養学、公衆衛生学、特修講座を定期開講、総合調理実習、食文化概論、ヘルスケア調理実習、調理理論、食品衛生学、特修講座、食品学を学習します。

学費詳細・費用

調理師科(テクニカルコース) 総額127.7万円
入学金:24万円
授業料:64万円
設備整備費:16万円
教育維持費:8万円
特別研修費:6万円
その他費用:9.7万円

取得可能な資格一覧

主な取得資格として、調理師免許(国家試験免除)、専門調理師学科試験免除(技術考査合格者)、介護食士3級(希望者のみ)、食育インストラクター(希望者のみ)、フードコーディネーター(希望者のみ)、介護職員初任者研修(希望者のみ)、健康管理士一般指導員(希望者のみ)、薬膳マイスター(希望者のみ)、となっています。

就職・内定先の実績

主な就職先として、高山グリーンホテル、なだ万、タヴェルナグイダ、などがあります。

調理師科(ヘルスケア調理コース)|学費:101~200万

概要

調理師科(ヘルスケア調理コース)は総合調理実習、調理実習、食生活と健康(公衆衛生学)、食品の安全と衛生(食品衛生学)、食品と栄養の特性(栄養学、食品学)、調理理論と食文化概論(食文化概論、調理理論)などを学習します。
総合調理実習では、障害者の方のユニバーサルサービスを含んだサーヴィスや集団調理、ヘルスケア調理の献立作成などの給食について学習の重点を置いていて、さらに給食管理や食と健康、現場の家用・食事指導などの課外授業も実施します。
フランス料理、イタリア料理、日本料理、中国料理、製菓に加えて食物アレルギー対応食、薬膳、生活習慣病予防食、介護食などについても学びます。
時間割は調理実習、栄養学、公衆衛生学、特修講座を定期開講、総合調理実習、食文化概論、ヘルスケア調理実習、食品衛生学、特修講座、食品学、食品衛生学などについて学習します。

学費詳細・費用

調理師科(ヘルスケア調理コース) 総額128.1万円
入学金:24万円
授業料:64万円
設備整備費:16万円
教育維持費:8万円
特別研修費:6万円
その他費用:10.1万円

取得可能な資格一覧

主な取得資格として、調理師免許(国家試験免除)、専門調理師学科試験免除(技術考査合格者)、介護食士3級、食育インストラクター(希望者のみ)、フードコーディネーター(希望者のみ)、介護職員初任者研修(希望者のみ)、健康管理士一般指導員(希望者のみ)、薬膳マイスター(希望者のみ)、などがあります。

就職・内定先の実績

主な就職先として、メルパルク、ふじ腹、れすとらん仔馬、などがあります。

名古屋調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「授業内容が実践的で身に付きやすかったです。」
「資格取得のための補習も行っていただけました。」
「駅が近い場所に立地していますし、その割に静かな環境で良かったです。」
「校舎や設備や器具などはキレイだと思いました。」
「比較的学費は安く、内容が充実していたので良かったです。」7

口コミ元

ネガティブな口コミ

「就職活動は自分で動かなければならず、見学に行った際にも報告書の提出などが学校から求められました。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*