名古屋製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

名古屋製菓専門学校は愛知県にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
名古屋製菓専門学校は学校法人に認可されています。

名古屋製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 愛知県名古屋市中区新栄1-2-25 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

名古屋製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

名古屋市営地下鉄新栄町駅

名古屋製菓専門学校の入試情報

AO入試:適性検査
推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接
社会人推薦入試:書類審査、面接

名古屋製菓専門学校のオープンキャンパス情報

名古屋製菓専門学校のオープンキャンパスは、校内カフェテリアでの無料ランチ、体験実習、そして試食まで付いた豪華な内容で開催されます。
体験実習のメニューは開催日時によって異なり、製菓技術マイスター科ではバスクチーズケーキや抹茶のガトーショコラ、製パン科では焼きカレーパンやベーコンエピなど、美味しそうなメニューばかりです。
入学したら実際に使用することになる実習室で、先輩たちに教わりながら1〜2時間ほどをかけてお菓子やパンを作っていきます。
自分で作った本格的なお菓子やパンを試食すれば、パティシエやブーランジェを目指したいというモチベーションがさらに高まり入学への意欲がわくことでしょう。
入学希望者が実習を行う間は保護者の方を対象に相談会を行っていますので、学校生活や学費のことが気になる保護者の方は一緒に参加するのがおすすめです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

洋菓子技術マイスター科|学費:201~300万

概要

名古屋製菓専門学校の洋菓子技術マイスター科は、ヨーロッパで修行を積んだ方や輝かしい受賞歴を持つ方など、中部地区屈指の腕を誇るパティシエが講師として多数在籍していることが強みです。
現場での実践経験が豊富なプロパティシエから直接指導を受け一流の技術を間近に目にすることで、学生でも業界で光る技術を身につけることが可能です。
カリキュラムでは、1年次には食品衛生学や栄養学といった科目の座学、道具の扱い方やスポンジ生地の作り方などの初歩から丁寧に習得する製菓実習で、製菓の基礎的な知識と技術を中心に学びます。
2年次には実習時間の割合がぐっと増え、高度なテクニックが必要となるチョコレート、あめ細工、和菓子などの実習で技術の幅を広げていきます。
また、製菓に関する科目だけでなくデザインやカラーコーディネート、ラッピングの講義も取り入れられており、お菓子をより美しくおいしそうに演出する技術やお菓子を手に取る方を喜ばせることができるセンスを磨くこともできます。
2年間を通して学ぶお菓子は基本の焼き菓子からまんじゅう、練り切りといった和菓子まで320種類、さらに授業時間は計2,600時間にも及ぶ充実したカリキュラムです。
就職サポートが徹底している点も魅力的。
1年次から毎週1回の就職講座が実施し、早い段階から希望する進路を見据えられるように情報提供し、企業訪問や電話対応の仕方、面接シミュレーションなどの指導を行います。
就職活動時期にはクラス担任の先生と就職担当の先生が1人ひとりの個性や希望を大事にしながら、進捗状況を確認しつつ必要なアドバイスを与えてくれます。

学費詳細・費用

洋菓子技術マイスター科 総額285.0万円
入学金:20.0万円
授業料:142.0万円(71.0万円/年 × 2年)
その他:50.0万円

取得可能な資格一覧

1年次修了により製菓衛生師の受験資格を取得できます。
また、卒業と同時に菓子製造技能士2級を取得できます。

就職・内定先の実績

名古屋東急ホテル、名古屋観光ホテル、名鉄グランドホテルなどに内定しています。

製パン科|学費:101~200万

概要

名古屋製菓専門学校の製パン科では1年間で計1,300時間以上もの授業を行い、短期間に集中して一流のブーランジェとなることを目指せます。
カリキュラムでは、食品学や栄養・衛生といった資格取得に必要となる座学を受講しながらも週3回の実習を入学当初から継続して行います。
実習では、機械の扱い方や管理、基本のバターロールやあんパンといった基本的な事項から学び始め、卒業までにフランスやドイツなどをはじめとする世界各国の製パン技術を習得します。
自家製酵母を使用したオリジナルパンや、ガトーショコラ、レアチーズケーキのような製菓の技術にも触れ、幅広い技術を習得することができます。
さらに、パン業教養・パン業経営という科目ではパン職人に求められる知識や店の経営に関する知識を学び、将来自分でパン屋を開業したいという夢を持つ方は有用な情報を得ることができます。
卒業後に独立開業について相談を受け入れたり、物件情報を提供したりと学校が全面的にサポートをしてくれる体制ですので、実際に数多くの卒業生がパン屋を開業しています。

学費詳細・費用

製パン科 総額145.0万円
入学金:16.0万円
授業料:90.0万円(90.0万円/年 × 1年)
その他:16.0万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時にパン製造技能士2級の受験資格を取得できます。

就職・内定先の実績

ジェイアール東海フードサービス、緑と風のダーシェンカなどに内定しています。

名古屋製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「最寄り駅が東山線の栄駅か新栄駅ですが、JRの千種駅からも徒歩20分程なので通えなくはないと思います。周りにも遊ぶ場所や喫茶店はそれなりにあるし、久屋大通りも近いので買い物もできます。」
「常に一年中求人が貼ってあり毎年たくさんの求人も来ていて選ぶ幅はとても広かったです。就職担当の先生はかなり顔が、広かったり知識があり相談するとちゃんと答えてくれたりアドバイスをくれました。」
「実習に必要な機械や道具がキレイで種類も数も多くあったので、40人が同じ物を作ろうとした時も同じ条件で作ることができました。階段や廊下、エレベーター、トイレも学校とは思えないほど可愛らしくオシャレで毎日が楽しかったです。またどの実習室、座学室にもエアコンが設置されていたので、夏も冬も快適に授業を受けることができました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「座学は寝ている人が多いです。もちろんやる気がある人はちゃんと真面目に勉強していますが…。全然授業が進まず、自分の話ばかりする先生も多いです。」
「学費は、決して安くはなかったです。材料費や教材費もたくさんかかりました。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*