大原医療福祉製菓専門学校小倉校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2019-09-20

公開日:2019-07-30

         

大原医療福祉製菓専門学校小倉校は福岡県にある看護・医療系の専門学校です。
大原医療福祉製菓専門学校小倉校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
大原 看護・医療系
製菓・調理・栄養系
福岡県北九州市小倉北区京町3-9-20 認可

姉妹校の情報

学校法人大原学園には、北海道から沖縄まで全国各地に姉妹校やグループ校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR小倉駅

入試情報

一般入試:書類選考(※必要に応じて面接を行う)
推薦入試(各種):書類選考(※必要に応じて面接を行う)
AO入試:書類選考、面談

オープンキャンパス情報

大原医療福祉製菓専門学校小倉校では、7月から9月にかけて定期的にオープンキャンパスを開催しています。
学校説明会はほぼ随時開催となっておりますので、夏休みや週末を利用しての参加がしやすくなっています。
実際に体験してみなければわからない学校の雰囲気や普段の授業の内容を知ることができ、入学制度や学費についての詳しい説明も行われますので、入学をご検討中の方はぜひ参加しておきたいところです。
夏のスペシャルイベントと題したスポーツイベントや、プレミアムな体験授業なども実施されておりますので、興味がお有りの方は公式HP等の開催カレンダーをご確認ください。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

医療事務分野|学費:201~300万

概要

医療事務分野には、「診療情報管理士」「ドクターズクラーク」「医薬品販売」「医療事務総合」の4コースが設置されています。
「診療情報管理士」コースは、3年間の学習でカルテの管理・分析に長けた専門家を目指すコースです。
「ドクターズクラーク」コースは、2年間の学習で医師が行う事務作業をサポートできる専門資格、ドクターズクラークの取得を目指します。
「医薬品販売」では、2年間の学習で医療知識を身につけつつ、薬局における実務を経験することで、働きながら登録販売者の資格取得を目指します。
「医療事務総合コース」は、2年制と1年制を任意に選ぶことができ、医科、歯科、薬局、あらゆる医療分野に対応できる医療事務スキルを身につけるコースです。
いずれのコースでも現場ですぐ役立つスキルの習得が重視されており、校内演習、病棟クラーク実習、薬局実習など豊富な演習・実習を通して、授業で学んだ内容を現場に生かすカリキュラムとなっています。

学費詳細・費用

医療事務分野(2年制) 総額206万円
入学金:10万円
授業料:60万円
教材費:8万円
設備費:10万円
維持費:5万円
実習費・演習費:15万円

取得可能な資格一覧

診療情報管理士、診療報酬請求事務、登録販売者、ドクターズクラーク、医師事務作業補助者、医事オペレータ、歯科請求事務、歯科助手実務、医療請求事務、医療秘書実務、調剤請求事務、MOS(Word、Excel)、電卓検定など、多様な資格取得を目指します。(※コースによって異なります)

就職・内定先の実績

福岡市立こども病院、小倉記念病院、白十字病院、福岡和白病院、北九州総合病院、新小文字病院、佐賀記念病院、千早病院などが主な就職先となっています。
専門知識・専門資格だけではなく、社会人としてのマナーやコミュニケーションについて学べる点も大原の特徴であり、仕事力と人間力を両立する独自のキャリアプログラムにより、医療事務分野の就職率は毎年ほぼ100%を達成し続けています。

製菓・製パン・パティシエ分野|学費:201~300万

概要

製菓・製パン・パティシエ分野には、「パティシエ・ブーランジェコース」があります。
このコースでは、当学校独自のカリキュラムとして、「アプランティサージュ・システム」が採用されています。
1年次はまず基本的な技術をしっかりと身につけ、2年次からはさらに応用的な内容を深めつつ、いろいろな店舗やホテルで現場研修を繰り返すのがこのシステムの特徴です。
お菓子作りのコンセプトやその具体的な方法はお店によって異なりますので、複数の現場で実習をこなすことにより、自分の可能性を試しながら就職につなげることができます。
業務用オーブンや急速冷凍庫など、設備はすべてプロ仕様のものとなっているほか、世界的に有名なパティシエの先生からマンツーマンで直接技術を学べることもこのコースの見逃せない魅力となっています。

学費詳細・費用

製菓・製パン・パティシエ分野(2年制) 総額240万円
入学金:10万円
授業料:60万円
教材費:8万円
設備費:10万円
維持費:5万円
実習費・演習費:32万円

取得可能な資格一覧

食品衛生責任者、フードコーディネーター、色彩検定、簿記などの資格取得を目指します。

就職・内定先の実績

イオンベーカリー、オーカワパン、大須ベーカリー、カフェピーチェ、黒崎料理教室、ケーキファクトリーRyo、神戸屋、越山商店、西洋菓子倶楽部、フジパングループ本社などが主な就職先となっています。
1400時間以上の実習に加え、複数回の企業内実習により現場のニーズを理解している当コースの卒業生は、さまざまな現場で即戦力として活躍しています。

卒業した有名人

大原医療福祉製菓専門学校小倉校を卒業した有名人のデータは特にないようです。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

医療事務に関する資格だけでなく、調剤事務など将来的に選択肢が増える資格も取れます。
生徒と先生がとても仲良く雰囲気が良いです。
就職活動に対するサポートが充実しています。
パソコン機器は充実してたので、1人1台で授業できました。
フランス人の元パティシエの先生から製菓を基礎から学べる学校です。
卒業する頃にはクラスの1~2名を除きほとんどが就職が決まり中途出社で働いていました。
学校自体がキレイで、おトイレやエレベーターも常にキレイです。
就職率はよく大原生だと病院側からも喜ばれていた印象があります。
みんなと楽しく学べる所です。
最寄りの駅までは、歩いて5分ぐらいの距離で通学しやすく、近くに遊ぶところや買い物出来るスーパーやドラッグストアや飲食店が沢山あるので、とても便利です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

入学を考えている方は勉強量が多いのを覚悟しましょう。
診療報酬請求事務の資格は、成績がある程度ないとクラス分けされてまず受けさせてもらえません。
先生によって分かりやすい、分かりにくいがあるかもしれません。
トイレは綺麗ですがちょっと少ないです。
診療報酬事務能力認定試験に向けては先生たちも意気込んでいたが、それが終わるとサポートが十分とは言えませんでした。
学科が分かれているわりには、合同授業が多いので、質問しづらいシーンがありました。
学費に資格の受験料は含まれていないため何かとお金がかかるるイメージです。
実習室がもう少しあればいいです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*