日本医療学院専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本医療学院専門学校は大阪府にある看護・医療系の専門学校です。
日本医療学院専門学校は学校法人に認可されています。

日本医療学院専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 大阪府東大阪市下小阪4-12-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、日本医療学院専門学校があります。

日本医療学院専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

近鉄八戸ノ里駅

日本医療学院専門学校の入試情報

AO入試:AO入試オープンキャンパス参加、書類審査、面接
推薦入試:面接、適正検査
一般入試:面接、適正試験、筆記試験
大短専選考・社会人選考:面接、適正試験、筆記試験

日本医療学院専門学校のオープンキャンパス情報

日本医療学院専門学校では、月に複数回1日に渡りオープンキャンパスが実施されています。
受付後に学校説明会が行われ、その後校内見学、それぞれに分かれて体験実習が行われます。
AO入試を受ける方は、オープンキャンパスの参加が必須となります。
また、オープンキャンパスに参加できない方は、個別に相談会も行われており、学校見学もできます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科技工士学科|学費:201~300万

概要

歯科技工士学科では、心地よい義歯を作れるプロを目指します。
授業では、実習が中心となりいつでも講師に質問できる環境ができています。
分からない部分は講師にすぐ相談するのではなく、まず生徒同士のグループで教えあいしっかりと技術や知識を習得します。
また、理論で勉強するだけでなく、パソコンやプロジェクターを最新のものを使用しわかりやすく授業を展開しています。
カリキュラムでは、歯冠修復、機能学、有床義歯Ⅰ・Ⅱ、技工学実習、歯の解剖学実習、造形美術概論、歯の解剖学、外国語、歯科理工学、関係法規、矯正歯科、小児歯科、歯科技工実習などが学習できます。
実習が多く実施されていますので、技術や知識が付くだけでなく、自信も身に付く事間違いありません。
希望者は海外研修も行われており、卒業後は海外で活躍する方も多くいます。

学費詳細・費用

歯科技工士学科 総額:214万円
入学金:30万円
授業料:70万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格の記載はありません。

就職・内定先の実績

内定先の記載はありません。
職種として、歯科技工全般(クラウン・ブリッジ、義歯、小児技工、矯正、インプラントなど)、医学技工(顎、顔面など)、歯科用機械器具の開発・販売、歯科用材料の開発・販売、セミナー・インストラクタ、学校・教育機関などで活躍ができます。

歯科衛生士学科|学費:201~300万

概要

歯科衛生士学科では、技術だけでなく人としての温かさも持った人材を育成します。
歯科衛生士としての仕事は、歯科診療補助や歯科保健指導、歯科予防処置などの歯科医療に必要となる人材です。
歯科衛生士は歯科医院などだけでなく、老人医療や在宅医療などへもフィールドへ広がっていますので、重要な役割となっています。
学科は3年制で2年制の前期最後には、「戴帽式」が行われ臨床実習に行きます。
実習では、最新の機材を使用しどんな場でもすぐに活躍できるようにしています。
カリキュラムでは、生理学、病理学、メディカル検査法、歯科衛生士概論、微生物学、マニキン実習、歯牙解剖、歯科臨床概論、薬理学、心理学、チェアー実習、衛生行政社会福祉、英語、歯科材料実習、矯正歯科科学、フラワーアレンジメント、生物学、ブラッシング実習、解剖学などを学習します。
患者様が保健指導や衛生士業務などにより自身の歯に対して興味を持ち、意識が高まっているのを感じる事がそれぞれの生徒のモチベーションにも繋がります。

学費詳細・費用

歯科衛生士学科 総額:214万円
入学金:30万円
授業料:70万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格の記載はありません。

就職・内定先の実績

内定先の記載はありません。
職種として、歯科保存診療補助、歯強制歯科診察補助、小児・高齢者・障害者しか診療補助、放射線検査・歯科麻酔診療補助、歯科予防処置・保険指導、療養指導、公衆衛生活動、歯科関連企業、セミナー・インストラクターなどで活躍ができます。

臨床検査技師学科|学費:201~300万

概要

臨床検査技師学科では、3年制で健康管理や治療の現場まで、様々な場で活躍ができる医療界のエキスパートを育成します。
実習にも力を入れており、機械器具の正しい使用方法をしっかりと身に付け、より技術を習得しやすくしています。
カリキュラムでは、解剖学、生化学、統計学、公衆衛生学、病理検査学Ⅰ、生理学Ⅰ、精度管理学、中国語、微生物検査学、臨床基礎検査学、微生物学、検査機器学、科学、生物学、ドイツ語、心理学、生物学、臨床医学、病理学などを学習します。
講師は情熱的に指導してくれ、仲間と励まし合いながら、卒業後は就職先で必ず活躍できる人材が育成されます。

学費詳細・費用

臨床検査技師学科 総額:214万円
入学金:30万円
授業料:70万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

取得できる資格の記載はありません。

就職・内定先の実績

内定先の記載はありません。
一般検査、血液・免疫・輸血検査、科学検査、細菌・ウイルス検査、遺伝子・染色体検査、病理・細胞検査、心電図検査・脳波、超音波検査、磁気共鳴画像・熱画像検査、呼吸機能検査、水質検査、食品検査などで活躍ができます。

日本医療学院専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「専門技術だけでなく、規律やマナーなど社会人とし胸を張れるようにしてくださいました」
「オープンキャンパスでは体験フェアなどが頻繁に行われていたので身になりました」
「就職先はとても幅広く、努力次第で良い就職先に出会えます」
「国家試験の出題率の高い問題を先生がまとめてくださっていたり、放課後にもサポートしてくれていたのでとにかく良いです」
「実習が多く、1年制で機器の使用方法やレポートの記載方法まで、しっかりと基本を教えてくださいました」
「教室は新しくなったばかりでとてもきれいな環境の中で勉強できます」
「授業内容は基礎から応用まで細かく指導してもらえました」
「就職率は100%と安心のサポートが成されています」
「先生方の授業はとても丁寧であり、しっかり説明してくれました」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「最寄りの駅から徒歩10分の距離ですが、周りにスーパーやコンビニなどが無いので少し不便です」
「男性が少ないので、出逢いなどはありませんでした」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*