日本歯科学院専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本歯科学院専門学校は大阪府にある看護・医療系の専門学校です。
日本歯科学院専門学校は学校法人に認可されています。

日本歯科学院専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 大阪府東大阪市下小阪4-12-3 認可

姉妹校の情報

日本医療学院専門学校があります。

日本歯科学院専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

近鉄八戸ノ里駅

日本歯科学院専門学校の入試情報

AO入試:面接
推薦:面接、適正試験、筆記試験
一般入試:面接、適性試験、筆記試験

日本歯科学院専門学校のオープンキャンパス情報

保護者の方も参加することができる実習体験、オープンキャンパスを実施しています。
当日は、学校について知ってもらうための学校見学会があります。
入学したら自身が学習していく学校をみていくことで、学校の雰囲気や授業や在学生たちの雰囲気を感じることができます。
また、学校でどのような授業をしているのか、進め方であったり学習方法や取り組みなどを説明してもらうことができます。
歯科技工技師、歯科衛生士、臨床検査技師の実習体験の時間もあるので、将来自分が目指す仕事内容を入学前に体験することができます。
体験を通して、自分が目指していくものが明確になり、目標を定めていくことができます。
その他、入試でポイントとなるところを説明してくれたり、国家試験へ合格するまでにどんな取り組みをしているのか、卒業後の進路や就職の話であったり、奨学金制度について、親元を離れて寮生活をしようと検討している方向けに学生寮の見学ができたりと、盛り沢山の内容になっています。
学校のことだけでなく医療界のことまで知ることができる機会となっており、自身の将来について考えることができるきっかけを作ることができるオープンキャンパスとなっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科技工士学科|学費:101~200万

概要

歯並びや噛み合わせなどの悩みを解決する、義歯つくりのプロを目指していきます。
歯科技工士は専門的な知識や技術はもちろんですが、患者さんの希望や想い、生活環境などを考えた上で形にしていく必要があります。
患者の本来の歯との違和感がないよう、自身の歯であるかのように感じられる義歯を作成できる技術を習得していきます。
学生一人ひとりのレベルにあわせて個別指導をしてくれるので、苦手な部分があってもしっかりと先生に教えてもらうことができます。
生徒同士もみなさん仲が良いので、分からなところはお互いに教え合ったり、相談し合ったりして助け合いながら実習をしている姿が多く見受けられます。
一人一台ずつモニターが設置されているので、先生の手元を見ながら技術を習得することができるのも特徴です。
特に細かい作業になると、先生がどのようにしているのかを正確に確認する必要があります。
このモニターのおかげで、詳細な動きを確認することができ、かつ自分に与えられたモニターをじっくり確認することができるので、集中して作業イメージをすることができます。
技工所の見学をする時間もあり、将来自分たちが働いていく場所がどんなところなのか、実際に歯科技工士として勤務されている方がどのように勤務しているのかなどを見ることができます。
講義、教養、実習、国家試験の大きく分けて4つでカリキュラムが組まれています。
歯冠修復、有床義歯、造形美術概論、歯科理工学、矯正歯科、小児歯科などを学習していき、段階的に知識と技術を習得していきます。

学費詳細・費用

歯科技工士学科 総額142万円
入学金:30万円
授業料:80万円
実習費:32万円

取得可能な資格一覧

歯科技工士の資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

森之宮病院、三井歯科矯正歯科、かみもと小児歯科、YASデンタルクリニック、福西歯科口腔外科、新田歯科クリニック、藤本歯科医院、M&B歯科医院、ニコニコ歯科のもとクリニック、さくら歯科クリニック、城北歯科医院、あい歯科クリニックなどへの就職実績があります。

歯科衛生士学科|学費:100万以下

概要

歯科保健指導、歯科予防処理、歯科診療補助、歯科医療に欠かせないのが歯科衛生士です。
昨今の高齢化に伴い、在宅医療であったり老人医療といった活躍できる場所はさらに広まっており、より必要不可欠な職種であるといえます。
また、予防歯科のニーズも高まっており、幅広い分野の知識が技術が必要となっており、実践的な授業はもちろんですが、あらゆることに対応できるように細かな知識も習得していきます。
心理学、メディカル検査法、歯科衛生士概論、微生物学、薬理学、衛生行政社会福祉、歯科材料実習、ブラッシング実習、フラワーアレジメント、解剖学など特に1年時では基礎をしっかりと徹底的に学びます。
2年次からはこの基礎をベースに応用力を身に着けていきます。
実習の授業では、診療台が用意されてあり、実際の医院を想定しながらの実習が可能です。
1年次には模型での実習が主ではありますが、2年次になると学生同士で練習をしていきます。
幼稚園や小学校に出向いて、歯磨き指導を予防習慣にします。
園児たちと実際にふれあい発見できること、気付ける点が多くあり自身のスキルをアップすることができます。

学費詳細・費用

歯科衛生士学科 総額66万円
入学金:20万円
授業料:44万円
実習費:22万円

取得可能な資格一覧

歯科衛生士の資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

かみもと小児歯科、三井歯科矯正歯科、新田歯科クリニック、ながた歯科医院、井上歯科、福西歯科口腔外科、フジバヤシ歯科クリニック、うえだ矯正歯科、ひしだ歯科クリニックなどへの就職実績があります。

日本歯科学院専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

他校と比べても国家試験の合格率や就職率が高く、先生方のサポートがしっかりしています。
国家試験については先生方がしっかりと分析をしてくれており、必要な大事な箇所をピンポイントで学ぶことができました。
試験が近くなると放課後や休日に補講をしてくださったので、大変助かりました。
熱心な先生が多く、先生についていくことができれば、力を存分に伸ばしてくれます。
座学と実習がだいたい半分くらいで構成されており、座学は外部の先生がしてくださいました。
現役で活躍されている先生もいらっしゃるので、リアルな話を聞くこともできました。
厳しい先生もいましたが、熱心に指導してくださるのでこちらも頑張らなければと思える授業内容でした。
他校と比べるが学費も安いと思いますし、これだけの国家試験や就職の実績があるので、妥当な学費だと思います。

口コミ元

ネガティブな口コミ

時間割が決まっているわけでないので、前日にどんな授業をするのかを連絡されます。
前もって学習準備をしたい人には予告がギリギリなため、学習しづらさがありました。
1クラスに50名ほどおり、他学科との交流はあまりありませんでした。
定期的に学力チェックが行われ、成績順にクラス編成され、自身での学習が難しい生徒は放課後に残って勉強していました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*