横浜YMCA学院専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

横浜YMCA学院専門学校は神奈川県にある看護・医療系の専門学校です。
横浜YMCA学院専門学校は学校法人に認可されています。

横浜YMCA学院専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
YMCA 看護・医療系
国際・語学系
神奈川県横浜市中区常盤町1-7 認可

姉妹校の情報

横浜YMCAカレッジグループというグループ校です。
グループ校として、横浜YMCAスポーツ専門学校、YMCA健康福祉専門学校、YMCA国際ビジネス専門学校があります。

横浜YMCA学院専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR関内駅/みなとみらい線日本大通り駅

横浜YMCA学院専門学校の入試情報

AO入試:AO入試対象のオープンキャンパス、学校見学(随時行っています)に参加、面談・確認が終了後、”出願許可証”が発行され出願が可能となり、同時に合格となります。
AO入試への出願で検定料2万円、合格でさらに授業料より10万円が免除、減額になります。
学校推薦入試:書類選考、面接
学業成績特待生入試:書類選考、面接、学科(一般常識)
外国につながる特待生入試:書類選考、面接、学科(一般常識)
ボランティア特待生入試:書類選考、面接、作文(テーマは当日発表)、
一般入試:書類選考、面接、作文(テーマは当日発表)

横浜YMCA学院専門学校のオープンキャンパス情報

横浜YMCA学院専門学校では、個別学校説明会や見学、個別相談を行っています。
AO入試説明会では学校生活やカリキュラム、作業療法士の仕事を紹介しております。
また、7月~8月に実施するオープンキャンパスでは、この期間しか体験することが出来ないプログラムもあるので、HPなどをチェックしてください。
お申し込みは、電話、メールまたはHP内のイベント紹介からお願いいたします。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

作業療法科|学費:600万以上

概要

作業療法科は、作業治療学等の専門知識の学習や生理学、解剖学の専門基礎分野の学習を通じて、専門知識を身につけます。豊富な臨床実習があり、現場の即戦力を育成します。
また、活動しているボランティアの人々と交流を体験します。
地域活動に積極的に参加することでたくさんな出会いをする事により、対人援助職に大事とされる経験と広い視野を学びます。
卒業により、作業療法士(国家資格)の国家試験受験資格及び大学院入学資格、高度専門士の取得ができます。

学費詳細・費用

作業療法科 総額630万円(150万円×4年)
入学金:30万円
授業料:400万円(100万円×4年)
実習費:100万円(25万円×4年)
施設費:100万円(25万円×4年)
年間学費とは別に、教科書代、教材費、外部実習経費等、諸費用約20万円を、入学時別途納入となります。
詳細については、入学決定後にご案内します。

取得可能な資格一覧

卒業により、作業療法士(国家資格)の国家試験受験資格及び大学院入学資格、高度専門士の取得ができます。

就職・内定先の実績

主な進路先として
総合病院、老人病院、小児病院、精神科病院、リハビリテーション等の医療機関
老人保健施設、デイケアセンター、訪問看護ステーションなどの医療と福祉関係の施設
老人福祉施設、身体障がい者福祉施設、肢体不自由児施設、知的障がい者施設、高齢者サービスセンター、在宅介護支援センターなどの福祉施設があります。

国際情報ビジネス科|学費:101~200万

概要

留学生の日本への就職を実現させるため、日本語能力試験N1合格、ビジネス日本語能力テスト合格を目指し、ビジネスレベルの日本語力を身につけます。
就職先で、戦力として活用できるように、ITスキルを身につけます。
インターンシップを通して、ビジネスマナーの習得、社会人としてのコミュニケーション力、就職対策講座を学び身につけます。

学費詳細・費用

国際情報ビジネス科 総額134万円(67万円×2年)
入学金:12万円
授業料:128万円(64万円×2年)
施設費:6万円(3万円×2年)
年間学費とは別に教材費等が必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業までに、日本語能力試験N1、ビジネス日本語能力テストを目指せます。

就職・内定先の実績

国際情報ビジネス科の内定先についてデータが特にないようです。

日本語学科|学費:100万以下

概要

日本語学科は、日本語の本格的な習得を目指し、「読む」「聞く」「話す」「書く」の技能すべての日本語力を総合的に養成します。
この学科は2コースあります。
Aコースでは日本語学科本科があります。
日本語学科本科では、日常生活に役立つ基礎的な日本語によるコミュニケーション力を身につけます。
Bコースでは日本語・文化研究料があります。
日本語・文化研究科では、進学や就職などの社会生活で役立つスキルを身につけます。

学費詳細・費用

日本語学科 総額79万円
入学金:12万円
授業料:64万円
設備費:3万円
別途に教材費が半年で1~2万円必要となります。

取得可能な資格一覧

卒業までに、日本語能力試験N1、ビジネス日本語能力テストを目指せます。

就職・内定先の実績

日本語学科の内定先についてデータは特にないようです。

日本語学科 聴講生 短期コース|学費:100万以下

概要

日本語学科 聴講生(短期コース)は、日本語の本格的な習得を目指し、「読む」「聞く」「話す」「書」の技能すべての日本語力を総合的に養成します。
一部の授業にのみ参加し授業が受けられる”聴講生制度”があり、希望者には聴講生として受講を認めています。
この短期コースは3コースあります。
Aコースでは日本語本科聴講生になります。
日本語本科聴講生コースでは、日常生活に役立つ基礎的な日本語によるコミュニケーション力を身につけます。
Bコースでは日本語・文化研究料聴講生になります。
日本語・文化研究科聴講生コースでは、進学や就職などの社会生活で役立つコミュニケーション力を見つけます。
Cコースでは日本語能力試験対策聴講生になります。
日本語能力試験対策聴講生コースでは、日本語能力試験N1、N2レベルの実践力を身につけます。
ただし、コース別に受講条件があるので、問合せが必要です。
お申込みは、指定申込書、写真(2枚)、パスポートのコピー、在留カードのコピーが必要となります。申込期間中にレベルチェックテストが行われます。

学費詳細・費用

日本語本科 聴講生コース 総額24.95万円
登録料:1.5万円
授業料:23.45万円
別途に教材費1~2万円が必要になります。
日本語・文化研究科 聴講生コース 総額24.95万円
登録料:1.5万円
授業料:23.45万円
別途に教材費半年で1~2万円が必要になります。
日本語能力試験対策聴講生コース 総額 6万円
登録料:1.5万円
授業料:4.5万円

取得可能な資格一覧

卒業までに、日本語能力試験N1、ビジネス日本語能力テストを目指せます。

就職・内定先の実績

日本語学科の内定先についてデータは特にないようです。

横浜YMCA学院専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

ひとりひとりにあった設備が整えられています。
希望すれば講義や補修を受けることができます。
定期的に受験できる資格のチラシを校内に掲示されているので、助かります。
学費が高いと感じるが、設備が充実しているので納得です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生の質は年々落ちて来ているのが残念ですが、将来性を持つ学校としては良いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*