横浜労災看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

横浜労災看護専門学校は神奈川県にある看護・医療系の専門学校です。
横浜労災看護専門学校は学校法人に認可されています。

横浜労災看護専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 神奈川県横浜市港北区小机町3211 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

横浜労災看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR東海道新幹線新横浜駅/JR横浜線新横浜駅/市営地下鉄新横浜駅

横浜労災看護専門学校の入試情報

学校長推薦:小論文、面接試験
自己推薦:一次選考(出願書類選考)、二次選考(小論文、面接試験)
院長推薦:小論文、面接試験
一般選考(早期募集、共通一般入学試験、二次募集):国語総合(古文、漢文を除く)、数学Ⅰ・数学 A(場合の数と確率)、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、集団討議および面接試験

横浜労災看護専門学校のオープンキャンパス情報

キャンパス紹介(DVD視聴)、学校&労災病院の説明、入試案内(募集要項)、各種看護体験、校舎内見学、学校生活、在校生との交流・懇談会を年3回実施しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

学部なし|学費:101~200万

概要

横浜労災看護専門学校は、3年間で、看護師となるために必要な国家試験の全員合格を目指す専門学校です。
専門基礎分野、基礎分野、統合分野、専門分野Ⅰ・Ⅱ、在宅看護論、看護の統合と実践の授業カリキュラムを通して、保健・医療・福祉などの様々な分野で活躍する質の高い看護師を養成する専門学校です。
基礎領域では優れた講師の先生が在籍していて、専門領域では第一線で医療を担っている医者、看護師などの専門職からなる横浜労災病院をはじめとする教育スタッフが教育に携わっています。
主たる実習施設が同敷地内にある横浜労災病院であるため、実習施設にはわずか数分で行くことが可能です。
学校内の学習施設は、図書閲覧室・視聴覚室・情報科学(コンピュータ)室・在宅実習室など学習に必要な施設が一通り整備されています。
入学後の3年間の修学期間中は、原則卒業後に勤務予定となる労災病院(奨学金を支給する病院)の奨学生の扱いとなります。
ですので毎月(4月32,000円、5~3月の間は28,000円)の奨学金を奨学金支給病院から3年間の修学期間中に貸与されます。
(卒業後、奨学金支給病院に3年間以上勤務すると、奨学金の返還免除となります。)
隣接する横浜労災病院は、救急医療・小児医療・勤労者医療・さらには予防医療の領域まで、最前線かつ最先端の医療を毎日数多くの患者に対して提供している横浜市北東部の中心的な地域中核病院であるため、本看護専門学校で学ぶことで、高度急性期医療を担う日本の最先端医療も同時に習得・経験できます。

学費詳細・費用

総額102万9千円
入学金:18万円
授業料68万円
教科書16万9千円
健康管理費、教材費、実習費(交通費含む)、学生保険料、実習用看護衣などは自己負担

取得可能な資格一覧

在学中に看護師国家試験の合格を目指します。

就職・内定先の実績

卒業後、全国の労災病院(北海道せき損センター、北海道中央、釧路、青森、秋田、東北、福島、鹿島、千葉、東京、関東、横浜、新潟、富山、浜松、旭、中部、和歌山、大阪、関西、神戸、岡山、山陰、吉備高原医療リハビリセンター、中国、山口、香川、愛媛、九州門司メディカルセンター、九州、総合せき損センター、長崎、熊本)に就職できます。

横浜労災看護専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

全国にある労災病院系列の学校のため、就職先は全国の労災病院となっています。
入学して間もなく、就職先を決定し、その病院から奨学金をもらいながら学生生活を送ります。
そのため、奨学金返済のためお礼奉公として、奨学金をもらっていた病院に就職するというシステムです。
国家試験の前の忙しい時期に就職活動をしなくて済みます。
実習先の病院を就職先に決めた場合は、実習に行った時に病院、病棟の雰囲気、スタッフなどの様子も見ることができます。
看護学校であるため、看護師免許を取得することが目標です。
授業は、大きく分けると一般教養と看護の専門的知識、技術の習得です。
資格取得のための条件である実習も労災病院で行います。
まだ、資格はないので、患者さんへのケアはすべて病棟スタッフや学校の先生とともに行い、臨床体験をしていきます。
国家試験合格率は毎年ほぼ100パーセントです。
学校の講師はもちろん、看護師免許を持った看護師です。
臨床で活躍し、知識、経験のある先生方が、勉強、実習のサポートをしてくれます。
また、専門的な授業には、同敷地内の労災病院の現役スタッフが授業を行ってくれることもあります。
そのため、実際の臨床での話も聞くことができます。
また、技術面の指導は、何度も繰り返し行い、確実に身についているかの抜き打ちテストがあったりしました。
学生の頃はとても嫌でしたが、実際に就職し、患者さんに合わせたケアを自身を持って行えています。これも学生の頃にしっかりと基礎を身につけてもらったお陰です。
新横浜駅、北新横浜駅から、徒歩15分です。
地下鉄、JR横浜線が使えます。
また、新幹線も停まるため、学生寮に住む県外出身者は、帰省の際に新幹線を使うこともできます。
駅から少し離れているため、周りも静かで、落ち着いて授業を受けられます。
学校自体が比較的キレイで、明るいです。
技術の練習に使う物品は、実習先と同じものが準備されており、設備も充実しています。
授業料は看護学校の中では、一番安いです。
授業料の他に実習費や教材費という出費もありますが、これも3年間で50万程度です。
購入する物品には、聴診器やペンライトなど就職してからもずっと使うものもあります。
決して安い物ではないのですが、これから先も長く使うと思えば、安いです。
就職先の病院から奨学金をもらえるため、結果はかなり安くなります。
県外出身者だと生活費の出費もありますが、学生寮があるため、アパートなどを借りるより明らかに安く済みます。
全員が同じ目標を持ち、そこに向かって5~6人のグループで指摘し合い、助け合いながら、自分たちの知識と技術を増やし、人として、これから医療に携わっていく人間として、色々なことを学び、感じながら成長していくことができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

特にないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*