横浜リハビリテーション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

横浜リハビリテーション専門学校は神奈川県にある看護・医療系の専門学校です。
横浜リハビリテーション専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系
看護・医療系
神奈川県横浜市戸塚区品濃町550-1 認可

姉妹校の情報

情報科学専門学校横浜西口校、横浜fカレッジ、情報科学専門学校新横浜校、横浜デジタルアーツ専門学校、横浜保育福祉専門学校、横浜実践看護専門学校、横浜医療情報専門学校

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR横須賀線・湘南新宿ライン「東戸塚駅」下車、東口より徒歩3分

入試情報

AO入試:AO入学試験へのエントリーにつきましては本募集要項の他にAO入学試験実施要項、およびエントリーシートが必要です。
詳細は AO入学試験実施要項をご確認ください。
高校生対象 推薦入学試験【専願制】高校推薦・高校生自己推薦:国語(古典分野を除く国語総合・一般常識含む)、面接、書類審査
一般入学試験:国語(古典分野を除く国語総合・一般常識含む)、英語・数学Ⅰから1科目選択、面接、書類審査
大学生・社会人対象推薦入学試験【専願制】自己推薦・一般推薦:国語(古典分野を除く国語総合・一般常識含む)、面接、書類審査

オープンキャンパス情報

学校説明会・体験授業として専任教師によるセラピストストーリー、横リハが大切にしていること、学校:教育システム紹介、キャンパスツアー、個別診断が行われます。
保護者説明会:「リハビリ職の将来性」と「適性」について話が聞けます。
キャンパスツアー、体験談、個別診断、入学案内、学費・奨学金紹介も行われています。
平日個別見学・相談会ではサークル見学・個別相談をすることが可能です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

理学療法学科|学費:501~600万

概要

理学療法学科とは医療現場を重点にしたカリキュラムで医療人としての資質、人材育成をしていきます。
将来は医療現場でプロとして活躍していくために専門知識と技術をしっかりと身につけていきます。
理学療法の次代をリードしていける人材となれるように専任教師が理学療法士になるために必要不可欠の専門知識や技術を全力で教えていきます。
4年間掛けて基礎分野から専門分野までしっかりと知識を身につけた後に現場でリハビリなどの実践を行います。
職業としては患者様と向き合うことが一番大切となるので科目では「コミュニケーション概論」、「リハビリテーション概論」などがあり、他には「心理学」、「臨床心理学」など人の心を理解するために必要不可欠となる科目があります。
最後は自分達が4年間の間に学んで研究したことを発表するという仕組みになっています。

学費詳細・費用

総額:550万円
入学金:30万円
授業料:320万円。
実習費:60万円
施設費:140万円
各種奨学金制度確認願います。

取得可能な資格一覧

理学療法士(国家資格)受理験資格・高度専門士・障害者初級スポーツ指導員

就職・内定先の実績

青葉さわい病院、アレックスメディカルグループ、安藤病院、石坂整形外科クリニック、伊勢原協同病院、磯子中央病院、イムス横浜狩場脳神経外科病院、NTT東日本伊豆病院、海老名総合病院、太田総合病院、小澤病院、神奈川県立病院機構、蒲田リハビリテーション病院、上白根病院、亀田総合病院、関東病院、衣笠病院、クローバーホスピタル、けいゆう病院、五反田リハビリテーション病院、済生会若草病院、さいとう整形スポーツクリニック、桜ヶ丘中央病院、寒川病院、湘南厚木病院、湘南記念病院、新戸塚病院、新横浜リハビリテーション病院、総合川崎臨港病院、総合新川橋病院、総合東京病院、高田中央病院、竹山病院、立場整形外科・内科、ツル虎ノ門外科リハビリテーション病院、鶴巻温泉病院、東名厚木病院、にしざわ整形外科、センター北ねがみクリニック、春山外科病院、平成横浜病院、牧野記念病院、町田慶泉病院、みどり野リハビリテーション病院、南町田病院、横浜新都市脳神経外科病院、横浜新緑総合病院、横浜鶴ヶ峰病院、横浜なみきリハビリテーション病院、リハビリテーションエーデルワイス病院、リハビリテーション花の舍病院、緑園ゆきひろ整形外科、(老健)レストア横浜などが挙げられます。

作業療法学科|学費:501~600万

概要

作業療法学科とは身体と心のリハビリのために養う豊かな発想と行動力を身につけていく学科です。
具体的内容としては、障害のある方の生活を理解し、患者様の立場に立って心理的な支えになれるように努力することが求めらます。
人間性やリーダーシップ、カウンセリング能力を養成しながら身体面と心理面を両立してリハビリを行います。
また、自分の成長だけではなく人を大事にする心の豊かさと穏やかさなど思いやりの心を育んでいきます。
作業療法士はどのような方が向いているかというと接客業をされている方と同じで人と接するのが好きでないといけないことが言えます。
理学療法学科と同じように長い期間をかけて基礎分野と専門分野を身につけてトレーニングなども含めていきます。
技術を身につけるだけではなく、一番大切なのが患者様と向き合うことなのでコミュニケーション力を身につけていきます。
科目としては「コミュニケーション概論」、「トレーニング演習」、「リハビリテーション概論」など様々な科目があります。
このような基礎知識や専門知識を身につけて将来は患者様としっかりと向き合えるように専任教師が教育していきます。

学費詳細・費用

総額:550万円
入学金:30万円
授業料:320万円
実習費:60万円
施設費:140万円
各種奨学金制度確認願います。

取得可能な資格一覧

作業療法士(国家資格)受験資格・高度専門士・障害者初級スポーツ指導員

就職・内定先の実績

麻生リハビリ総合病院、イムス横浜狩場脳神経外科病院、太田総合病院、老健)かまくら、鎌倉リハビリテーション聖テレジア病院、佐藤病院、三恵病院、湘南厚木病院、新戸塚病院/新横浜リハビリテーション病院、東海大学医学部付属病院、東芝林間病院、東名厚木病院、西横浜国際総合病院、初台リハビリテーション病院、東松山病院、日向台病院、みどり野リハビリテーション病院、横浜相原病院、横浜市職員、横浜新緑総合病院、横浜なみきリハビリテーション病院、(老健)ライフプラザ新緑などが挙げられます。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

楽しく、明るく、そして仲良く学べますし、それがこの学校の良さです。
明るい生活で、たくさん学ぶことができるので良い学校です。
グループで話し合い、考える授業があるのでとても充実しています。
自分にはない考えが他の人にはあることもあるので学ぶことができます。
校舎がきれいで、とてもいい場所です。
過ごしやすさ、快適さ、清潔さ、この3つは揃っていると言ってもいいですし、とても充実しています。
交友関係もばっちりできています。
それに、授業の中で話し合いがあったりするので交友関係を築くには最適な場所であると言えます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

カリキュラムに記載されているのに実際学ぶ機会がない科目がありました。
また、臨床実習について、自分で実習先や患者の方とコミュニケーションをとって決めていかないといけない部分が多く勉強になる反面負担が大きく感じました。
グループワークを多く行うのですが、講師や他の生徒から大きくフィードバックを受けたと感じられませんでした。
全体的にもう少し連携が取れるようにしてほしいです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*