新横浜歯科技工士専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新横浜歯科技工士専門学校は神奈川県にある看護・医療系の専門学校です。
新横浜歯科技工士専門学校は学校法人に認可されています。

新横浜歯科技工士専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-10 認可

姉妹校の情報

姉妹校としては新横浜歯科衛生士専門学校があります。

新横浜歯科技工士専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR横浜線・東海道新幹線新横浜駅下車徒歩3分/新横浜市営地下鉄新横浜駅下車8番出口より徒歩2分

新横浜歯科技工士専門学校の入試情報

AO入試:書類選考、AO面接
社会人特別枠選考:面接、志望理由書
指定校推薦選考:面接
一般推薦選考(学校推薦):面接
一般推薦選考(自己推薦):面接
一般推薦選考(歯科医療者推薦):面接
一般推薦選考(卒業生推薦):面接
一般入学選考:実技、面接

新横浜歯科技工士専門学校のオープンキャンパス情報

高校1年生や2年生、教員の方々、保護者の方々についても参加することが可能となっています。
歯科技工士の仕事や新横浜歯科技工士専門学校の雰囲気を体験することができます。
歯の形をしたアクセサリーや指の複製作製などの実習を体験することができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

学部やコースはありません。|学費:301~400万

概要

AO入試の選考では平成31年4月の入学制においては、最大で65万円の学費の減免があります。
指定校推薦選考においては、最大で85万円の学費の減免があります。
また欠席日数15日以内、2.7以上(Cランク)、学校長の推薦によって、前期と後期の学費から20万円として合計40万円の減免を高校を卒業してから5年以内の方を対象にりようできることとなっています。
一般推薦選考については、最大で75万円の学費の減免を受けることが可能です。卒業生や医療者の推薦で最大で75万円の学費を減免されます。
新横浜歯科技工士専門学校卒業生や医療の関係者のの推薦により、受験生は入学した後に紹介者に謝礼を10万円進呈いたします。
入学時奨励制度では、1年次の前期で17万円と後期で18万円の合計で35万円の額を減免されます。
対象としては高等学校を卒業、または見込みのある方で評定平均値が3.2以上の方(調査書を提出)、入学試験時において選考試験(小論文)を受験される方となっています。
家賃補助制度があり、月額で3万円、2年間の合計で72万円を、東京都または神奈川県以外から入学をされた方で、本校の条件を満たされた方に補助いたします。
プレミアム証書を取得いたしますと、10万円の学費を減免いたします(体験入学に合計で2回以上の参加をされたプレミアム証書取得者は入学の手続時に学費から10万円を減免いたします。
社会人の方には、「仕事のスキルや知識を高めてキャリアをアップさせたい」という方や、「資格を取得するために勉強したい」「新たな仕事に挑戦したい」といった働く方々を支援するために、雇用保険制度に「教育訓練給付制度」が設けられており、最大112万円が給付されます。
この制度は、一定の条件を満たしている一般被保険者(雇用保険)などの在職者や、過去に一般被保険者などであったという離職者が、厚生労働大臣指定の教育訓練講座を自己負担で受講した場合に、教育訓練に必要とした入学料や受講料などの費用の一部をハローワークから支給を受ける事が出来る制度です。
月曜から金曜日までの授業で、土日祝祭日は休日の週5日制となっています。
1日の流れとしては朝9時から夕方4時までの7時限になっています(50分→1時限)。
通常の一般的な学校と同じく春、夏、冬の休暇があります。
医学の進歩や科学の発展は目覚ましく、わたしたちの生活を豊かにしていますが、歯科医療の歯科技工分野でもその発展は目覚ましく、日進月歩の改革が行われています。
最新の加工法、素材を応用する日本の歯科技工技術は広く海外からも高いレベルであると評価をされています。
高齢化社会が進む日本に対して歯科医療のニーズに適合した高度な最先端技術を追求し、確かな知識を得ることはもちろんの上で、歯科医療従事者として、豊かな人間性を育てることを目標としています。
誰もが欠かすことのできない毎日の食事は、人の本能という「おいしく食事をする喜び」を支援するのが歯科技工士です。
実際の現場での治療は、歯科医師の指示により、プラスチックや金属を使用した入れ歯、金冠、さし歯や歯並び矯正装置の制作または修理などを実施することでなくなった歯を復元するという、現代では欠かせない歯科医療の技術となっています。
歯を失ってしまうことで、健康阻害を引き起こすと言われていることから、高齢化が進む現代では歯科技工士の活躍する場は大きく広がっています。歯科技工士に必要とされる能力は、敏感な口腔内に技工物を違和感が残らないように制作するというきめ細やかな技術や、かみ合わせや歯並びのバランスを考えて微調整ができることです。
近年は、審美歯科も注目が高く歯の形や歯並びをや歯の色を美しくすることの需要も高くなっています。
キャスタブルクラウン、セラミックスなどの新素材の開発や研究も進められており、常に技術を磨くことに重点が置かれています。
歯科技工士が患者のために技工物を制作する際には、歯科医師、歯科衛生とのコミュニケーションが重要となります。
過去では歯科医師と歯科技工士の間には社会的・経済的な格差があるなどという認識もありますが、現代では歯科医師のほとんどが歯科技工士を専門技術者であるとして尊重し、パートナーとしてよい歯科医療を行えるように向かっています。
また歯科大学で実施されている歯科技工の授業においては、技術を習得するには不十分であり、歯科補綴(義歯や金冠で歯の欠損を修復する)に関わる歯科技工については、ほとんどが歯科技工士によって製作されています。

学費詳細・費用

総額 374万円
入学金:50万円授業料:210万円
実習費:50万円
教科書・教材費など諸費用目安:64万円

取得可能な資格一覧

卒業によって歯科技工士国家試験受験資格、専門士が取得できます。

就職・内定先の実績

横浜歯研(藤沢)、スワデンタルなどが就職先の実績としてあります。

新横浜歯科技工士専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

ほとんどの卒業生が国家試験に合格し、働いておられるので、歯科技工士を目指す人にとってはうってつけの学校です。
国家試験の対策や個別指導も実施していただけ、わかるまで指導していただけます。
学校は綺麗ですし、設備や道具も整っており、雑誌や自動販売機の設置された部屋などもあって、リフレッシュすることができます。
資格取得は検定に落ちたとしても、再試験に向けて教員の方々が手厚くサポートしていただけるので基本的に資格取得は100%です。
病院をイメージした実習室など設備が整っているため、病院研修などで安心して学ぶことが出来ます。
駅からのアクセスもよく、周辺には図書館や公園などがありリフレッシュできますし、飲食店などもあるので外出の際には便利です。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学費は安価ではありませんが、それゆえに良い設備が整っています。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*