横浜医療秘書歯科助手専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

横浜医療秘書歯科助手専門学校は神奈川県にある看護・医療系の専門学校です。
横浜医療秘書歯科助手専門学校は学校法人に認可されています。

横浜医療秘書歯科助手専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1丁目18-3 認可

姉妹校の情報

グループ校として、札幌医療秘書福祉専門学校、仙台医療秘書福祉専門学校、千葉医療秘書専門学校、東京医療秘書福祉専門学校、大宮医療秘書専門学校、東京未来大学福祉保育専門学校、横浜医療秘書歯科助手専門学校、東京保育医療秘書専門学校(立川)、名古屋医療秘書福祉専門学校、大阪医療秘書福祉専門学校、神戸元町医療秘書専門学校、広島医療秘書こども専門学校、福岡医療秘書福祉専門学校があります。

横浜医療秘書歯科助手専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東急東横線東白楽より徒歩5分

横浜医療秘書歯科助手専門学校の入試情報

AO入試:エントリーをし「AO合格認定証」を通知されている者、入試、面接、作文
自己推薦入試:書類審査(ただし診療情報管理士科は面接が有)スポーツ、趣味、ボランティア活動、勉学、アルバイト経験等、自分を推薦できる者
一般入試: 面接
高校推薦入試:作文 、 書類審査(ただし診療情報管理士科は面接が有) 在籍高校の校長、進路指導者、担任の推薦がある者

横浜医療秘書歯科助手専門学校のオープンキャンパス情報

横浜医療秘書歯科助手専門学校のオープンキャンパスは、学校・学科説明・検定取得率、入試方法など進学アドバイザーの先生が、詳しく説明していただけます。
体験授業もできるので安心です。
さらに無料送迎バスもあり、座席も完全予約制です。
友人や保護者も一緒に参加でき、昼食も無料のランチ付きです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

医療秘書科|学費:201~300万

概要

医療秘書科では2年間医療について学びます。
6コースあり、看護クラークコース・医療秘書コース・小児クラークコース・医療ITコース・医療事務研究コース・医師事務コースがあり、その中から選択できます。
医療秘書科の、1年次は医療秘書、医療事務といった基本を勉強します。
また社会人として必要なマナーや言葉遣いなど基礎をしっかり学びます。
2年目は来客応対やスケジュール調整など医療秘書に欠かせないプロを目指す医療秘書コースがあります。
学生は診療報酬請求事務能力認定などの資格取得を目標に勉強し、病院などに就職する事ができます。

学費詳細・費用

総額:242万円:(入学金 10.0万円  授業料 148.0万円 (74.0万円/年 × 2年) その他 84.0万円)

取得可能な資格一覧

診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定試験、文部科学省後援ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

就職・内定先の実績

宮川病院、新横浜母と子の病院、慶應義塾大学病院、北里大学病院、昭和大学病院、聖マリアンナ医科大学病院、東海大学医学部付属病院、海老名総合病院、大船中央病院、総合高津中央病院などが挙げられます。

くすりアドバイザー科|学費:201~300万

概要

くすりのアドバイザー科は2年間の学習で資格を取得できる科です。
薬の成分や飲み合わせなど実務に役立つ知識やビジネスマナーなど、社会で役立つ様々な専門知識や資格を取得し、就職するときに履歴書に資格を書けるのは有利です。
そしてドラックストア、薬局で就職する自信もつき、お客様にもすぐ応対が出来ます。
登録販売者の資格取得、新薬を開発する治験コーディネーターとしての基礎知識も学べるので、くすりアドバイザーとしての就職がしやくなります。

学費詳細・費用

学費総額: 237万円( 入学金 10万円: 授業料 148万円 :(74万円/年 × 2年): その他 79万円 )

取得可能な資格一覧

POP広告クリエイター技能審査試験・登録販売者・サービス接遇検定準1~3級・秘書技能検定2~3級・日本化粧品検定3級・ビジネス文書技能検定2~3級・調剤報酬請求事務技能検定試験・パソコン技能検定準1~3級・チャイルドボディセラピスト3級・専門士

就職・内定先の実績

登録販売者、ドラックストア、調剤薬局事務員、美容部員などが挙げられます。

診療情報管理士科|学費:301~400万

概要

横浜医療秘書歯科助手専門学校は日本病院会認定校ですので、難関な資格とされている「診療情報管理士」の受験資格を2年の在学中に取得できます。
知識も技術も上級クラスで、確実に資格取得を達成できます。
レベルの高いこの資格を持っている人は少なく、医療業界の中では、とても貴重な存在になっています。
診療情報管理士科は18のカリキュラムがあります。
看護学(解剖・生理)検定対策・疾患学・看護学(医療用語)・医事CP・電子カルテⅠ・ビジネスマナー医科・医療事務ⅠA・医科医療事務ⅠB・医療秘書概論・ペン字・パソコン実習Ⅰ・未来デザインプログラム・医事業務実践ベーシックⅠA(受付・会計・請求)・医事業務実践ベーシックⅠB(医療コンシェルジュ)・医事業務実践ベーシックⅠC(医学的内容)・診療情報管理基礎・診療情報管理Ⅰ・診療情報管理Ⅱ‒①・業界理解Ⅰ、今求められている人材だからこそ病院での就職にも大変有利です。

学費詳細・費用

学費総額:355万円 (入学金 10万円: 授業料 222万円 (74万円/年 × 3年): その他 123万円 )

取得可能な資格一覧

診療情報管理士・医療秘書技能検定準1~3級・ペン字検定2~3級・サービス接遇検定準1~3級・秘書技能検定2~3級・ビジネス文書技能検定2~3級・医療事務検定1~2級・診療報酬請求事務能力認定試験(医科)・介護報酬請求事務技能検定試験・調剤報酬請求事務技能検定試験・パソコン技能検定準1~3級・医事コンピュータ技能検定試験2~3級・チャイルドボディセラピスト3級・電子カルテ実技検定試験・専門士

就職・内定先の実績

医療系の教育の仕事・診療情報管理士・医局秘書・大学病院教授秘書などが挙げられます。

医療事務科|学費:101~200万

概要

医療事務科は一年制です。
医療事務検定1級など医療関係の事務職として働くための資格取得と確かな実力を身につけられるよう、様々なカリキュラムが用意されています。
卒業後は医療業界での専門事務として、病院やクリニック、調剤薬局で活躍できます。
授業では検定対策だけではなく、実際の現場で即戦力となれるようシミュレーション実習なども行われています。
ただ知識を身につけるだけではなく、受付の体験を通して患者さんへの接し方なども想定しながら学習を進められ、安心して就職できます。

学費詳細・費用

医療事務科:総額102万円
入学金:10万円
授業料74万円
施設設備費:18万円

取得可能な資格一覧

秘書技能検定2~3級、ビジネス文書技能検定2~3級、歯科医療事務検定1級、医療事務検定1~2級、チャイルドボディセラピスト3級

就職・内定先の実績

聖マリアンナ医科大学病院、北里大学病院、東海大学医学部付属病院、横浜市立大学病院、日本医科大学武蔵小杉病院、聖隷横浜病院、横浜旭中央総合病院、横浜労災病院、横須賀共済病院、湘南鎌倉総合病院、西横浜国際総合病院、国際親善総合病院、淵野辺総合病院、戸塚共立第二病院、宮川病院、東名厚木病院、横浜南共済病院、綾瀬厚生病院、海老名総合病院、横浜東口クリニック、菊名駅前クリニック、相模原健診センター/西戸部こどもクリニック、三宅眼科医院、宮川内科小児科医院、平本薬局、藤沢順天医院、サンフラワー新港北病院、とうめい厚木クリニック、愛育病院、メディコムソリューション、横浜調剤薬局、石橋眼科、松島病院、浜野産婦人科、茅ヶ崎外科医院、寺田薬局、港南台病院、あずま医院、センター北駅前クリニック、上白根病院、仁厚会病院、久里浜眼科、磯子中央病院、相模原協同病院、近藤産婦人科、慶成薬局、相模原中央病院、屏風ヶ浦病院、横浜眼科医院、藤沢本町ファミリークリニック、能見台こどもクリニック、桜ケ丘中央病院、井上けい子内科クリニック、あさひの丘病院、さがみ野レディースクリニック、保土ヶ谷耳鼻科、緑園こどもクリニック、鶴間胃腸科医院、メディカルサプライ、横浜新都市脳神経外科病院、金沢病院、堀病院、ヘルチェック、新横浜リハビリテーション病院、総合高津中央病院、平井クリニック、クィーンズスクエア皮膚科アレルギー科、相模台病院、鈴鹿小児科医院、かもめ薬局、みなとみらい夢クリニック、めぐみクリニック、さいとう眼科、むつうら薬局、平塚市民病院、ららぽーと横浜クリニック、菊名記念病院、湘南記念病院、ランドマーク医院、茅ヶ崎徳洲会病院、みむろウィメンズクリニック、大田総合病院、宮川整形外科医院、済生会神奈川県病院、済生会横浜市東部病院、新横浜母と子の病院、大船中央病院、かんリウマチ整形外科クリニック、草柳小児科医院、松田クリニック、小田原循環器病院、育生会横浜病院、新緑脳神経外科、聖マリアクリニック、馬車道レディスクリニック、港北ハートクリニック、葉梨整形外科、なぎさ眼科、湘南藤沢徳洲会病院、ユミカ内科小児科ファミリークリニック、大和成和病院などがあります。

歯科アシスタント科|学費:101~200万

概要

歯科アシスタント科は一年制です。
生徒ひとりひとりに合わせた細やかな指導体制が用意されています。
オリジナルテキストを使用して治療のアシストに必要な知識や技術を学び、歯科事務のノウハウも学習します。
カリキュラム後半に行われる歯科医院実習では、実際に患者さんに接することで学べることも多くあります。
現場の流れも前もって体験できるので、プロとしての心構えができます。
歯科アシスタントには欠かす事が出来ない「歯科助手検定」や「歯科医療事務検定」といった検定のほかに、受付事務にも役立つビジネス向けの検定など様々な資格を取得できます。

学費詳細・費用

歯科アシスタント科:総額102万円
入学金:10万円
授業料:74万円
施設設備費:18万円

取得可能な資格一覧

歯科医療事務検定1級、甲種歯科助手、歯科助手検定1級、診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)、秘書技能検定2~3級、チャイルドボディセラピスト3級、ペン字検定2~3級、パソコン技能検定準1~3級

就職・内定先の実績

ニュータウンファミリー歯科、さとう歯科、山口歯科医院、みなとまち歯科、橋本歯科医院、臼井デンタルクリニック、トミタ歯科、ミズキデンタルオフィス、どんぐり歯科、横溝歯科医院、鈴木歯科クリニック、内山歯科医院、イカリデンタルクリニック、MMデンタルクリニック、土井歯科医院、港北東急四季の森歯科クリニック、あまだ歯科医院、柿山歯科、はる歯科、アイボリー歯科クリニック、小沢歯科/女子大前歯科、新百合ヶ丘駅前ホワイトファミリー歯科、水上歯科医院、藤原歯科クリニック、アイ歯科医院、おさらぎ歯科、川田歯科医院、原歯科医院、みねぎし歯科医院、慶歯科医院、たじま歯科医院、汐入駅前歯科医院、久里浜さくら歯科医院、きたむら歯科医院、番場歯科医院、菅谷歯科医院、別部歯科医院、本牧通り歯科医院、金子歯科クリニック、平野歯科医院、千代田ビル歯科医院、スワン歯科クリニック、河野歯科医院、江の島駅ビル歯科、矢崎歯科医院、小山歯科医院、さとう歯科医院新丸子デンタルクリニック、飯島歯科、リョウジ歯科、飯高歯科医院などがあります。

横浜医療秘書歯科助手専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

卒業までの3年間はクラスがずっと一緒で安心して学べるので 医療機関と強く繋がりをもってくれる先生がいたおかげで就職活動の相談もできます。
1クラスが25人くらいの学科でしたが、資格をたくさん取ったり、就職活動前に面接の練習をする機会もあったので、みんな医療機関に就職できます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生1人に対して生徒が多すぎる為に質問しにくいです。
授業によって専門科目の先生から教えてもらうのは理解できるのですが、専門外の先生の授業は分かりづらく授業料が高いです。
建物も古くエレベーターが1つしかない為に生徒が大勢、待たされたり、いつも混雑している状況で階段で4階から8階まで登るのは相当疲れます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*