新横浜歯科衛生士専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新横浜歯科衛生士専門学校は神奈川県にある看護・医療系の専門学校です。
新横浜歯科衛生士専門学校は学校法人に認可されています。

新横浜歯科衛生士専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-8 認可

姉妹校の情報

姉妹校として新横浜歯科技工士専門学校があります。

新横浜歯科衛生士専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR横浜線・東海道新幹線新横浜駅下車徒歩5分/横浜市営地下鉄新横浜駅下車8番出口より徒歩1分

新横浜歯科衛生士専門学校の入試情報

AO入学選考:書類審査、面接
社会人特別枠選考:書類審査、面接
指定校推薦選考:面接
学校推薦:書類審査、面接
歯科医療者推薦:書類審査、面接
卒業生推薦:書類審査、面接
一般入試選考:国語(作文あり)、書類審査、面接

新横浜歯科衛生士専門学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスに参加することで歯科衛生士を実際に感じてみることができます。
学校長のお話から、教育方針などの説明、施設の案内では学校内の教育施設を見学できます。
学校の説明では時間割や生活、歯科衛生になるまでの流れを説明されます。
模擬実習を実施しており、歯の形をした携帯ストラップやコイン磨き、歯科材料を使用して作るデコストラップなど、簡易的で楽しめる実習を体験ができます。
個別の面談も可能で、入試のこと、学費のこと、奨学金、面接試験など、わからないと思っていることを何でも相談できます。
オープンキャンパスでは在校生との会話ができますので、実際の学校の様子や、試験のこと、どういった実習などかについても、リアルな声を聞くことができます。
本物の歯科医院で使われる器具を使用して模擬実習を行うため、歯科衛生士としての未来が具体的に見えてきます。
オープンキャンパスで実際に実習を体験することで、歯科衛生士という職業を肌で感じることができます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

学部やコースはありません。|学費:201~300万

概要

学んでいく中で自分が成長出来ている手応えと、そこからさらに成長することができる未来を発見することができます。
春夏秋冬の1年間をとおして、多くの隣地臨床実習や遠足、修学旅行などから、人への思いやりや人との関わり合い、そして人間性や協調性を育てる場としてみんなで笑顔溢れる楽しいキャンパスライフを送ることができます。
学んでいけばいくほど学校や歯科衛生士の仕事が好きになっていきます。
1年生では入学式オリエンテーション、遠足、健康診断、前期試験救急蘇生講習会、夏休み、後期開講、特別講演、後期試験の演習&補習など様々なイベントがあります。
2年生では前期開講、校外研修、新横浜技工士専門学校合同実習、幼稚園実習、前期試験救急蘇生講習会、登院試験、戴帽式、隣地・臨床実習前半部開始、校内模擬試験、解剖見学実習、特別支援学校ブラッシング指導実習、後期試験、大学病院実習、演習&補修があり実技的な活動が増えていきます。
3年制では隣地・臨床実習後半部開始、特別養護老人ホーム実習、歯の衛生週間行事参加修学旅行、前期試験、救急蘇生講習会、校内模擬試験、小学校ブラッシング指導実習、卒業研究発表、模擬試験、国家試験対策集中講義、卒業試験、国家試験個別対策、国家試験、卒業式&記念パーティーなどのイベントがあります
技術、専門知識を身に付けるために、少人数制を用いて、一学年を40名と定め、教員の指導が全生徒にいきわたる体制を整えています。
新横浜衛生歯科専門学校の特徴と言えるこの少人数制教育によって、学生と教員の関係性を密にし、高度な知識と技術を身に付けることが可能です。
基礎学習室は明るく広がりのある空間で、各テーブルに画像モニターを配備し、学生のすべてが授業の内容をしっかり把握できるように配備されています。
基礎学習が終わったあとの相互実習では、歯科診療現場を実際に想定した環境で、より確実な技術を身に付けます。
臨床実習は、歯科医院をはじめとして、大学病院(矯正歯科・口腔外科・小児歯科)、保健福祉事務所、養護老人ホーム、障害者歯科センター、特別支援学校、幼稚園、歯の衛生週間行事など多くのふれあいを経験しながら、たくさんの隣地・臨床実習から学習した経験を実際の臨床の現場と結び合わせていきます。
長期間に渡る学習で自身の理想とする歯科衛生士像を目標として実習を行います。
新横浜衛生歯科専門学校は、県内ではただ一つの40人という少人数制を用いた専門学校であるため、自身で学費を支払う方のためにも低額に設定し、学びやすくされています。
現役の方でも同じような条件であるため、そういった少人数制や学費の面などで広く支持されています。

学費詳細・費用

総額281万円
入学金:30万円
授業料:150万円
実習費:30万円
教科書・白衣・実習器具代等:41万円
教科書・実習材料代等:13万円
歯科衛生士国家試験及び手続・修学旅行代:23万円

取得可能な資格一覧

実績として歯科衛生士国家試験には卒業生全員が合格しています。

就職・内定先の実績

(相模原)、横浜トラスト(横浜)、フェリーチェ(戸塚)、アクシオ(横浜)、杏友会(相模原)、近藤技師研究所(相模原)などが就職先の実績となっています。

新横浜歯科衛生士専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

少人数制による丁寧な指導が魅力です。
授業、実習ともに充実しており、専門的な知識を豊富に学べます。
一人一人の名前をきちんと記憶していただけたり、親身になって相談にのってくれたりするなど、良い先生でした。
オープンキャンパスでは熱心できめ細かい対応を先生方がしてくれました。
歯科衛生士に必要な専門知識や基礎知識だけではなく、心理学、英語、倫理学といった一般教養や、開業された医師の先生が科目を担当してくださるなど、臨床に紐づいたお話を聞くこともできます。
入学後の実習では様々なブラッシング方法、歯科材料の取り扱いや基礎知識、マネキンと顎模型を使った歯石除去練習といったいろいろなことを行えました。
授業のみならず、実社会での歯科医療従事者として、時間厳守や忘れ物をしないというような当たり前のことを1から教えてくださり、社会人の最低限のマナーについても指導いただけました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

指導が厳しく、時に叱られたりもしますが、本気の指導をしていただけます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*