東京メディカル・スポーツ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-01-30

公開日:2020-01-30

         

東京メディカル・スポーツ専門学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
東京メディカル・スポーツ専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 東京都江戸川区西葛西3-1-16 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、東京福祉専門学校、東京スポーツ・レクリエーション専門学校、東京ベルエポック製菓調理専門学校、東京ベルエポック美容専門学校、札幌ベルエポック製菓調理専門学校、札幌ベルエポック美容専門学校、東京コミュニケーションアート専門学校、東京スクールオブミュージック専門学校、東京スクールオブミュージック専門学校渋谷、東京ダンス&アクターズ専門学校、東京放送芸術&映画・俳優専門学校、東京アニメ・声優専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ東西線西葛西駅

入試情報

AO入試:書類審査
学校推薦入試:書類審査、面接
自己推薦入試:書類審査、面接
一般入試:書類審査、面接、筆記試験(学科適性試験)

オープンキャンパス情報

東京メディカル・スポーツ専門学校では、オープンキャンパスが随時開催されています。
、体験授業&個別相談会、学校入学説明会&個別相談会など、高校1.2年生の為のオープンキャンパスなど開催日によってメニューが異なっているので、ホームページでスケジュールを確認の上、参加してみてください。
体験授業では、プロの講師による授業を体験し、希望の学科のことや仕事のことの理解を深めることが出来ます。
オープンキャンパス開催日には、福島県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県から、無料送迎バスが運行されているので、該当地域の方は、申し込みの上、ご利用ください。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

柔道整復師科|学費:101~200万

概要

柔道整復学科は、9:10~12:20の午前コースと、13:10~16:20の午後コースがありまが、学習内容は、同様となっています。
3年かけて柔道整復について学び柔道整復師資格取得を目指すことが出来ます。
通常の授業に加え、アスレティックトレーナー専攻、トレーナークラブ、アスリートサポートゼミ、エクステンション講座、Wライセンスとして鍼灸科、ワーク&スタディなど様々な組み合わせでプラスアルファの知識やライセンスを習得することが可能となっています。

学費詳細・費用

柔道整復師科 総額204万円
入学金(入学時のみ):10万円
授業料(1年間):110万円
施設・設備費(1年間):15万円
総合演習費:23万円
その他、教科書教材費、資格検定費、健康管理費、同窓会費(卒業学年)、卒業諸費用(卒業学年)、放送大学併修費(柔道整復師科・鍼灸師科の初年度)など諸費用が15万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、柔道整復師、BLS(CPR+AED) 、コミュニケーションスキルアップ検定などがあります。

就職・内定先の実績

スポーツチームトレーナー・スポーツ系接骨院・整骨院への就職実績に、大宮アルディージャ、福島ファイヤーボンズ、リフレッシュグループなどがあります。
接骨院・鍼灸整骨院への就職実績に、GreenRoom柏の葉整骨院、ひまわり堂グループ、安心堂グループ、五健接骨院グループなどがあります。
整形外科・病院への就職実績に、医療法人敬裕会整形外科グループ、康友会グループ、堀の内整形外科などがあります。
整形外科機能訓練指導員・医療福祉施設などへの就職実績に、ベストケア株式会社、デイサービス TOUSEIなどがあります。

鍼灸師科|学費:201~300万

概要

鍼灸学科は、9:10~12:20の午前コースと、13:10~16:20の午後コースがありまが、学習内容は同様となっています。
3年かけて鍼灸について学び鍼灸師資格取得を目指すことが出来ます。
通常の授業に加え、アスレティックトレーナー専攻、トレーナークラブ、アスリートサポートゼミ、エクステンション講座、Wライセンスとして柔道整復科、ワーク&スタディなど様々な組み合わせでプラスアルファの知識やライセンスを習得することが可能となっています。

学費詳細・費用

鍼灸師科 総額204万円
入学金(入学時のみ):10万円
授業料(1年間):110万円
施設・設備費(1年間):15万円
総合演習費:23万円
その他、教科書教材費、資格検定費、健康管理費、同窓会費(卒業学年)、卒業諸費用(卒業学年)、放送大学併修費(柔道整復師科・鍼灸師科の初年度)など諸費用が12万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、はり師・きゅう師、BLS(CPR+AED) 、コミュニケーションスキルアップ検定などがあります。

就職・内定先の実績

スポーツチームトレーナー・スポーツ系接骨院・整骨院への就職実績に、東京ヤクルトスワローズ、ジェフユナイテッド市原・千葉、コンサドーレ札幌、東京フットボールクラブ株式会社(FC東京)、プロフェッショナルトレーナーズチーム鍼灸整骨院、株式会社さくらメディカルなどがあります。
鍼灸院への就職実績に、ナトューラ鍼灸院、関口鍼灸治療院、ふなき整形外科クリニック、こうの鍼灸院などがあります。
整形外科・病院への就職実績に、篠塚整形外科、ふなき整形外科クリニックがあります。

理学療法士科|学費:600万以上

概要

理学療法学科は、Ⅰ部 (昼間部)とⅡ部 (夜間部)がありまが、学習内容は同様となっています。
4年間かけて、理学療法について学び、理学療法士の資格取得を目指すことが出来ます。
通常の授業に加え、アスレティックトレーナー専攻(夜間部のみ)、トレーナークラブ、アスリートサポートゼミ(夜間部のみ)、エクステンション講座など、スポーツ現場で生かされるプラスアルファの知識と技術を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

理学療法士科 総額614万円
入学金(入学時のみ):10万円
授業料(1年間):95万円
施設・設備費(1年間):25万円
総合演習費:31万円
その他、教科書教材費、資格検定費、健康管理費、同窓会費(卒業学年)、卒業諸費用(卒業学年)、放送大学併修費(柔道整復師科・鍼灸師科の初年度)諸費用が19万円程度必要となります。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、理学療法士、BLS(CPR+AED)、JESC認定カウンセラー、障がい者スポーツ指導員などがあります。

就職・内定先の実績

スポーツ傷害系(急性期系)病院・整形外科・クリニックへの就職実績に、筑波大学病院、秋田県病院機構、杉並リハビテーション病院、高島平中央総合病院、新座病院・熱海所記念病院などがあります。
回復期・維持期(生活期)系病院への就職実績に、赤羽リハビリテーション病、蒲田リハビリテーション病院、小林病院などがあります。
介護老人保健施設など医療福祉施設への就職実績に、ライフケアガーデン湘南、介護老人保健施設ローズガーデン、介護老人保健施設こでまりなどがあります。

卒業した有名人

東京メディカル・スポーツ専門学校を卒業した有名人に、トレーナーの阿久井陽輔、赤井歩、岡村宏治などがおられます。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

有名な先生から多くのことを学べるため現場に強い柔道整復師を目指すには最適だと思います。
1年生のうちからテーピング等の実技を学ぶことが多く就職後は直ぐに現場に出るとこができるような環境です。
年に二回模擬試験もあるため、三年時の国家試験の対策という面ではとても良かったです。
実際に開業されている先生や他の大学の教授等外部の実績のある先生方から授業を受けることができるため日々充実した学校生活が送れています。
実際に現場で起きたアクシデントの話やその対処法等も教えてくださるのでとても良い環境で授業を受けることができています。
先生のサポートはちゃんとしてます。
就職については沢山就職口があるので国家試験にさえ受かれば大丈夫です。
実際に臨床に出ていた先生や、ATの資格を持っている先生の授業もあるので授業内容がイメージしやすいです。
勉強が苦手な人には補習をしてくれたり、そもそもの勉強の仕方を教えてくれる授業があったりと、本当に助かりました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

常勤の先生の中にはレベルが低い人が多い。
ただ教科書を読んでるだけの何も記憶に残らない授業で、小遣い稼ぎにでも来てるんだろうかと感じる講師がいました。
校舎があまり広くなく、階段が狭いので移動が少し大変です。
施設は一つ一つの部屋がちょっと狭いです。
自習室もあるんですが、狭くて上級生がいるとちょっと使いづらいです。
食堂ないので不便でした。
各階にトイレがなく、各階に男女1つずつ設置してほしいです。
学校の方針の不明確さや教師の方の指導力に差があります。
指導内容も教師によってバラバラで運任せみたいなところもあります。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*