昭和医療技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

昭和医療技術専門学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
昭和医療技術専門学校は学校法人に認可されています。

昭和医療技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系
看護・医療系
東京都大田区中央3-22-14 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません

昭和医療技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR京浜東北線蒲田駅/東急多摩川線蒲田駅/東急池上線蒲田駅/京急線大森町駅

昭和医療技術専門学校の入試情報

指定校推薦:作文、面接
公募推薦:学科試験、作文、面接
自己推薦:学科試験、作文、面接
一般入試:学科試験、作文、面接
AO入試:作文、面接

昭和医療技術専門学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスは「高校生限定」のオープンキャンパスと、社会人の方も参加可能なオープンキャンパスがあります。
ホームページから申し込みが必要になりますので、自分の参加したい日程と内容を確かめたうえで、申し込んでください。
オープンキャンパスの主な内容は以下の通りです。
まず、学校と教育内容の説明を最初に行います。
続いて模擬実習体験で臨床検査技師の仕事を体験することができます。
病理検査や血液検査などの模擬体験を行います。
さらに在校生と話して学校の本音を聞くことができますので、進路決定にも役立ちます。
もちろん入試内容の説明や個別相談も可能なので、気になることがあれば遠慮することなく尋ねてみましょう。
そして学校見学も受け付けているので、希望する場合には電話で申し込みましょう。
そして少しおもいしろいのは病院見学タイプのオープンキャンパスも実施されているので「実際の仕事が見たい」と思う人はこの機会を逃さないようにしましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

臨床検査技師科|学費:301~400万

概要

「絶対に臨床検査技師になりたい」という強い意志を持った人には、ぜひお勧めしたい学校です。
というのは臨床検査技師国家試験の合格率が非常に高く、学習面や就職面でも手厚いサポートがあるからです。
しかし「手厚い」というのは裏を返せば「出来るまでやる」「厳しい」という側面があります。
ある卒業生は「修造式」という表現を使っていました。
厳しい環境は嫌だという人や、スパルタ式は苦手だという人には、この学校は合わないかもしれません。
さらに昭和医療技術専門学校は土曜日にも授業が行われることがあるので、「学生なんだし遊ぶ機会もほしい」という人は、たびたび遊びのチャンスをあきらめなくてはいけないかもしれません。
「東京都内で唯一の臨床検査技師教育に特化した」専門学校で実績もあり、伝統も溢れる学校となります。
しかし定評がある分、自分自身にもそれなりの努力が求められるので、将来の夢を叶えたい人は、昭和医療技術専門学校へ入学する事をおすすめします。

学費詳細・費用

入学金は20万円
授業料は年額65万円、実習費は年額44万円、施設費は11万円です。
奨学金や教育ろーんの制度もあるので、経済的に不安がある場合にはぜひ検討してください。

取得可能な資格一覧

全員合格を目指している国家資格である、臨床検査技師の他、毒物劇物取扱者、応急手当普及員、遺伝子分析化学認定士の受験、そして合格を応援しています。

就職・内定先の実績

国立病院では、独立行政法人国立病院機構災害医療センター(関東甲信越グループ)、独立行政法人国立病院機構栃木医療センター(関東甲信越グループ)、独立行政法人国立病院機構静岡医療センター(東海北陸グループ)に、卒業生が就職しています。公立病院では、東京都立墨東病院や山形市立病院済生館へ就職しています。また、大学病院では東京医科歯科大学医学部付属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センターなどに就職が決まっています。もちろん一般の病院にも多くの卒業生が就職しており、NTT東日本関東病院、湘南藤沢徳洲会病院、独立行政法人労働者健康安全機構千葉労災病院、上尾中央総合病院、竜ケ崎済生会病院などがあります。病院以外では、検査センターや検診センター、大学の研究室への就職例もあります。検査センターでは、(株)景品予防医学研究所など、検診センターでは日本予防医学協会など、研究室では聖マリアンナ医科大学病理研究室などに就職しています。

昭和医療技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「臨床検査技師国家試験の合格率が良い」「現役で働く臨床検査技師の先生からの授業が受けられ、現場での即戦力になる」という良い口コミが多く見られます。
さらに「勉強せざるを得ない環境だったので、国家試験を乗り越えることができた」という、実際の様子がよくわかる口コミもありました。
一人一人の生徒を国家試験合格までサポートしていく姿勢がよくわかります。
「絶対に臨床検査技師になりたい」という強い意志を持っている人には、勉強に打ち込める学校です。
もちろん就職についても定評がります。
大きな病院、小さな病院、クリニック、検査センター等の各施設の特徴や良い点、そうでない点を教えてくれるので、自分にあった主食先を選択するのにも役立ちます。
すでに就職した先輩たちが説明会に来てくださる点も、非常に良いと評価されています。
さらに先生方は面接の練習や履歴書の添削などをしてくれますので、全面的にバックアップしてくれます。
就職に不安を感じている人も安心してください。

口コミ元

ネガティブな口コミ

「立地条件が良くない」という口コミが、悪い口コミの筆頭に上がっています。
立地条件はすぐにどうこうできるわけではないのですが、駅から遠く15分~20分程度歩かなくてはいけないので、雨や雪の時にはとても大変です。
そして最寄り駅の蒲田駅はあまり治安が良くありません。
自分の努力で何とかすることは難しいのですが、通学時には十分に気をつけましょう。
さらに施設が古いことや狭いことも、マイナスポイントとしてあげられていましたが、これらも仕方がないことです。
立地条件や設備については、国家試験や就職に影響がないので、あまり気にしない人も多いようです。
一番気をつけたい点として「臨床検査技師科以外の選択肢がない」ことです。
「臨床検査技師になるための学校」ですから、当たり前と言ってしまえばそれまでですが、進路変更をしたいと思ってもどうにもなりません。
専門学校の中にはいくつかの学科やコースがあり、途中で選択を変えられる学校もありますが、昭和医療技術専門学校の場合にはそういった進路変更は不可能です。
スパルタ式と評価する人もいるくらい厳しい一面も持つ学校なので、「なんとなく」進学するのは絶対にやめましょう。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*