杏林大学医学部付属看護専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

杏林大学医学部付属看護専門学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
杏林大学医学部付属看護専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 東京都三鷹市新川6-17-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校に杏林大学があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

京王電鉄つつじが丘駅

入試情報

杏林大学医学部付属看護専門学校は平成30年度入学生からの募集を停止しています。
杏林学園では看護教育を従来の杏林大学保健学部看護学科に1本化するとのことです。
過去の入試状況は、推薦(公募・専願):国語、英語、個人面接
一般Ⅰ期:国語、英語、数学もしくは生物基礎、個人面接
一般Ⅱ期 :国語、数学もしくは生物基礎、個人面接

オープンキャンパス情報

杏林大学医学部看護専門学校は平成30年4月入学生からの募集を停止のため、オープンキャンパス・学校見学会は実施していません。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:101~200万

概要

杏林大学医学部付属看護専門学校は、杏林大学医学部医学科と付属病院の開設をした2年後の昭和46年に開校しており歴史が長い学校となっています。
杏林大学医学部付属看護専門学校の特徴は、付属病院などで多くの実習時間を設ける、実践的看護教育に重点を置いています。
卒業生は、附属病院をはじめとした、その他の附属病院、都立病院、医療センターなどの高度医療施設で活躍しています。
杏林学園では看護教育を従来の杏林大学保健学部看護学科に1本化するために、平成30年度から杏林大学医学部付属看護専門学校の入学者募集を停止しました。
募集停止後、在校生に対応する教育体制に変更はなく、 国家試験合格へ向けたカリキュラムや就職活動のサポートも今まで通り受けることが出来ます。
杏林大学医学部・保健学部看護学科と共有するキャンパスには付属病院が開設されており、主な実習病院となっています。
実習室には、病院と同じベッドや医療機器・学習機材が設置されており、実際の病院と同じ環境で実技学習を行うことができます。
将来、看護のいずれの分野においても必要とされる基礎的能力を身に付けるために、看護の対象となる人々と直接関わりから習得する臨地実習があります。
臨地実習は、少人数のグループに分かれて、附属病院を中心におこなわれますが、様々な看護のニーズに対応するために、助産施設、保健所、保育所、在宅ケア施設など看護にかかわる様々な施設で実施されます。
1年次には、療養環境を理解し患者さんを尊重した看護を学ぶ基礎看護実習が実施され、2年次からの臨地実習では、2~4週間のローテーションで、小児・母性・成人・老年・精神の各領域が付属病院などで実施されます。
医学図書館には、約22万冊の書籍があり、管内の学習スペースも充実しています。
体育館はもちろんの事テニスコートなど、体育やクラブ活動などで使用できる施設もあります。
様々な看護教育の施設・設備を整え、学業だけでなく、課外活動も積極的に行える環境が整っています。
心と身体の健康を守るために、随時、個人的な問題や学業上の悩み等の相談に応じる学生相談と専門のカウンセラーによるカウンセリングを受けることが出来ます。
杏林大学医学部付属看護専門学校では、トーク会が設けられてあり、学生と校長、教職員が、なごやかな雰囲気の中、本音で語り合うことが出来、開催日に、学生は自由に参加することが出来ます。
年2回学校通信が発行されたり、学内に意見箱を設けるなど、学生がより充実した生活を送れるよう工夫がされています。

学費詳細・費用

看護学科 総額:155万6千170円
入学金10:万円
授業料:38万円
実験・実習費:6万円
諸費:45,390円(諸費の内訳は、学生教育研究災害損害保険料3,390円・杏会(保護者会)費42,000円です。)
その他:教科書、ユニフォーム代等は別途必要となります。
貸与を受けた期間に相当する期間、付属病院にて看護師業務に従事した時は、返還免除の杏林学園就学貸与金、都内の看護学校に在学し、卒業した年に免許取得後直ちに都内の指定施設で引き続き5年間看護師として従事した時は、返還免除の東京都看護師等修学資金、日本学生支援機構の奨学金制度を利用することが出来ます。

取得可能な資格一覧

課程終了と同時に、看護師国家試験受験資格、保健師・助産師学校受験資格、養護教諭養成課程受験資格が得られます。
卒業と同時に専門士の称号を得ることが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先は、杏林大学医学部付属病院 、 国立成育医療センター 、 公立昭和記念病院 、 公立学校共済組合関東中央病院 、 東京都保健医療公社豊島病院 、 日本医科大学付属病院 、 昭和大学江東豊洲病院 ほかとなっています。
例年、進学者を除く約6割以上が杏林大学医学部付属病院に就職するようです。
看護師国家試験に合格すれば、看護師として病院などに勤務することができますが、保健師・助産師・養護教諭の養成期間で1年の課程を修めるか、看護系大学へ編入し卒業資格を得た後、保健師・助産師・養護教諭国家試験に合格すればそれらの仕事につき、幅広い分野で活躍することが可能になります。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

主に、杏林大学病院で働く看護師の専門学校です。
看護教育に関しては、学費も安く、それでいて、看護実習などは、最先端の杏林大学病院で行うので、慣れた環境にいずれ就職出来るというのもとても良いと思います。
杏林大学医学部と看護科とグループが交流が盛んで、学生生活も充実出来ます。
患者さんを癒すために必要なのはお医者さんですが、同じくらい必要なのが、医者をサポートし、患者の心を支える看護だと思っており、此処の杏林大学附属看護専門学校はそんな全てが揃ってる専門学校だと思います。
武蔵野にある 杏林大学医学部附属の看護学校なので安心して勉強ができます。
看護師国家試験の 合格率も良いそうで、とても良い学校と聞いています。
学費も看護の割りには高くありませんでした。
とてもいい場所にあり、将来の看護師達が育ってくれる事が期待できる学校となっています。

口コミ元

ネガティブな口コミ

悪い口コミはみあたりませんでした。

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*