新東京歯科技工士学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新東京歯科技工士学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
新東京歯科技工士学校は学校法人に認可されています。

新東京歯科技工士学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 東京都大田区大森北1-18-2 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、新東京歯科衛生士学校があります。

新東京歯科技工士学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR大森駅/京急大森海岸駅

新東京歯科技工士学校の入試情報

AO入試:書類選考(AO面談)
推薦入試:書類選考・面接・適性試験
一般入試:書類選考・面接・適性試験

新東京歯科技工士学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスとして、体験授業(半日:土曜日・日曜日)、高1・2年生のためのオープンキャンパス(月一回程度)、夜間授業見学会(毎週木曜日)、進学個別相談会(火曜日を除くほぼ毎日)、実技特待生講座(月2回程度)、留学生特別相談会(月2回程度)を実施しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科技工士科Ⅰ部総合歯科技工コース|学費:301~400万

概要

歯科技工士科Ⅰ部総合歯科技工コースは、2年間で歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来るコースです。
総合歯科技工コースは技工物を手でつくることにこだわっており、技工物のグレードと外面の美しさを備え持つ技工技術を学ぶことが出来ます。
豊富な実習で歯科技工の基本を徹底的に身につけ、保険適用内の分野はもちろん、審美歯科の領域や保険適用外の領域など、歯科技工として更に一歩踏み込んだ技術や知識を習得することがで、様々な症例に対応した技工物を作る力を身につけます。

学費詳細・費用

歯科技工士科Ⅰ部 総額371万5千円
入学金:10万円
授業料:200万円
実習費:104万円
諸費用:57万5千円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、岩手、宮城、栃木、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、長野、大阪の各種歯科医院に実績があります。

歯科技工士科Ⅰ部デジタル技工コース|学費:301~400万

概要

歯科技工士科Ⅰ部デジタル技工コースは、2年間で歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来るコースです。
デジタル技工コースは、デジタル化が進む歯科業界に必要とされる、最新鋭のCAD/CAMシステムを使い、そのデジタルの力で、素早く、正確に、患者さんにピッタリな歯を設計する技術を習得することが出来ます。
最先端の現場で、今後の歯科技工業界において必ず求められる技術と知識を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

歯科技工士科Ⅰ部 総額371万5千円
入学金:10万円
授業料:200万円
実習費:104万円
諸費用:57万5千円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、岩手、宮城、栃木、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、長野、大阪の各種歯科医院に実績があります。

歯科技工士科Ⅰ部スポーツ技工コース|学費:301~400万

概要

歯科技工士科Ⅰ部スポーツ技工コースは、2年間で歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来るコースです。
スポーツ技工コースは、アスリートからの需要が増すスポーツマウスガードを製作することに特化したコースで、現役アスリートの生の声を聞きながら、様々なスポーツの競技特性や一人ひとり異なる選手のニーズを理解し、選手一人一人にあったマウスガードを作る技術・アスリートをサポートする力を身につけることが出来ます。
また、スポーツマウスガード製作技術にとどまらず、スポーツ歯科医学・解剖学・生理学の知識も身につけ、フィールドワークを通してアスリート選手と綿密なコミュニケーションが取れるスキルを習得することが出来ます。

学費詳細・費用

歯科技工士科Ⅰ部 総額371万5千円
入学金:10万円
授業料:200万円
実習費:104万円
諸費用:57万5千円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、岩手、宮城、栃木、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、長野、大阪の各種歯科医院に実績があります。

歯科技工士科Ⅱ部|学費:301~400万

概要

歯科技工士科Ⅱ部(夜間部・3年制)は、3年間で働きながら学び、歯科技工士の国家試験合格を目指すことが出来るコースです。
1日2コマ3時間のコンパクトな授業で働きながらでも安心して学ぶことができます。
カリキュラムは総合技術として、正しい姿勢からはじまり、道具の持ち方、歯科技工における基本操作(石膏注入・模型製作・鋳造・研磨など)が確実にできる技術を習得出来ます。
また、審美技工・矯正技工・CAD/CAM・スポーツマウスガードなどの製作手順、材料の取り扱いなどの、基本操作を身につけることが出来ます。

学費詳細・費用

歯科技工士科Ⅱ部 総額315万円
入学金:10万円
授業料:180万円
実習費:63万円
諸費用:62万円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、岩手、宮城、栃木、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、長野、大阪の各種歯科医院に実績があります。

歯科技術予備教育科|学費:101~200万

概要

歯科技術予備教育科は、海外から留学生向けに1年間で生きていく上で重要な歯の知識や技術の他にものづくりの基礎を学ぶ学科です。
虫歯や抜けた歯を治すための、歯を作る基礎技術から最先端技術・知識を幅広く学ぶことができ、1年間で歯科の技術を身につけることが出来ます。
さらに知識や技術を深めたい場合は、「歯科技工士科Ⅰ部」へ進学することも出来ます(学費減免あり)。
卒業後は出身国を含め、海外の歯科業界への就職を目指すことが出来ます。

学費詳細・費用

歯科技術予備教育科 総額 103万円
入学金:10万円
授業料:50万円
実習費:25万円
諸費用:18万円

取得可能な資格一覧

歯科技工士科Ⅰ部に進学することで、歯科技工士国家試験の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

中国、台湾、ベトナムなどの技工物ラボに実績があります。

新東京歯科技工士学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

校舎が綺麗で、最新の機器が揃い、学ぶにあたりよい環境だと思います。学生の人数は日本で最も多く、卒業生が多いことは卒業後の強みになります。
総合的に歯科技工の技術を学ぶことができます。また、将来に応じてコースを選択することができ、その分野に特化した技術を身につけられます。
国家試験の合格率は毎年100%か100%にほぼ近いくらいです。小テストなどをまめに行い、自然と学習できるようサポートは充実しています。
協力し合える仲間が多いのは心強いです。また、先生方特製のまとめプリントのおかげで苦なく覚えられました。
色々な実習施設が整っているので、充実した学生生活が送れます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

特にないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*