TDH 東京歯科衛生専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-24

公開日:2019-06-12

         

TDH 東京歯科衛生専門学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
TDH 東京歯科衛生専門学校は学校法人に認可されています。

TDH 東京歯科衛生専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 東京都北区滝野川1-75-16 認可

姉妹校の情報

TDH東京歯科衛生専門学校の姉妹校として神奈川歯科大学(KDU)があります。
KDUとは東京未来化構想として2019年の4月1日にKDU・TDHとして、ともに歯周病、口腔機能低下、インプラント、矯正、などに対応する専門性の高い先端口腔医療機関を展開するために新たに学校法人としての取り組みを始める予定です。
これまでお互いに培ってきたノウハウや理念を取り入れ守りながら、新しい人材育成の拠点となるようにめざします。

TDH 東京歯科衛生専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR王子駅/東京メトロ南北線王子駅/都営三田線西巣鴨駅/大塚駅

TDH 東京歯科衛生専門学校の入試情報

AO入試:AO入試対象体験入学会に参加し、エントリーシートを受け取る、高等学校卒業者、高等学校卒業見込の者、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した者、面談
指定校推薦入試:指定校推薦入試対象高等学校卒業者、高等学校卒業見込の者、書類審査、面接
学校推薦入試:高等学校卒業者、高等学校卒業見込の者、面接
一般入試:一般入試の対象高等学校卒業者、高等学校卒業見込の者、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した者、入学資格試験に合格した者、国語(古文・漢文は除く)または作文から選択、面接
社会人入試:社会人入試対象高等学校卒業後1年以上経過している者、作文、面接

TDH 東京歯科衛生専門学校のオープンキャンパス情報

TDH東京歯科衛生専門学校では体験入学会、学校説明会を年に複数回行い、学校見学会を随時いつでも予約して案内できるようにしています。
体験入学会では、A回、B回、C回の3回に体験実習を分けています。
A回ではエアスケーラーの実習、B回ではブラッシング実習、C回では指模型作製実習を行い、全ての回で在校生とのティータイムがあり、在校生と茶話会で色々と直に質問する気機会を設けています。
入試情報を聞いたり、個別相談などが出来ます。
学校説明会では、教職員によるキャンパスツアーと、他に入試情報を聞き、個別相談をすることが出来ます。
学校見学では、授業の様子や実習風景を見ることが出来るので、見たい方は申し込みをしてから見学することが可能です。
授業や実習、通っている人の様子、先生のこと、就職先のことなどなんでも聞くことができるので好きな会に参加して見ましょう。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生士|学費:301~400万

概要

TDH東京歯科衛生専門学校では、歯科衛生士の受験資格のための科目や分野を3年にわたり学習します。
Ⅰ年次では、化学、生物、歯科治療および予防に必要な科学的思考の基礎を学びます。
他に健康社会学、人間関係論、コミュニケーション能力などで健康支援の基礎、対人コミュニケーションの基礎を学習します。
専門基礎分野として、解剖学、生化学、病理学、栄養学、衛生公衆衛生学、予防歯科学など人体の構造や疾病、歯や航空の健康や予防について勉強し、専門分野として歯科衛生士の現状、専門職制、歯科衛生士概論、歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助の第1段階を受講します。
ほかにレクリエーション論や臨地実習導入などで2年生、3年生の実習に備えます。
2年生から新たに加わるカリキュラムとして、英語によるコミュニケーション能力、心理学、薬理学、衛生行政、社会福祉、介護の基本などを基礎として学びます。
専門分野では歯科衛生士概論、高齢者・障害者歯科学、航空診断学、歯科放射線学、歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助、摂食嚥下論などが加わり、さらに専門的な分野の学習を深めます。
実習も始まり、保育園、小中高等学校、養護学校などで実習を行います。
3年生では基礎科目では英語での会話表現や専門用語、手話などを学びます。
専門分野に加わるものとしては、歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助では高度なトレーニングをさらに積みます。
実習では、病院や歯科診療所で行う実技実習に加え、高齢者施設で介護及び口腔ケアの実習を行い、保健センターでの地域の保健活動なども行います。
3年は総仕上げの学年なので、1年からの学習を総まとめし、国家試験対策に力を注ぎます。

学費詳細・費用

総額310万円
入学金:40万円
授業料:212万円
その他費用:58万円

取得可能な資格一覧

卒業によって得られる資格は、国家資格の歯科衛生士の受験資格です。
資格をもらうには、国家試験に合格することが必要となるので、通常授業のみではなく、TDH東京歯科衛生専門学校だけの特別な国家試験対策の授業を受けることで、その対策が可能となっています。
TDH東京歯科衛生専門学校では国家試験前任合格を目指しているため試験対策にとても力を入れています。

就職・内定先の実績

TDH東京歯科衛生専門学校の卒業生は国家試験に合格し、就職率は100%という数字をたたき出しています。
歯科医療の各分野に就職し、現在も活躍しています。
主な就職先は、歯科医院、歯科大学附属病院、病院内歯科、保健所・保健福祉センター、心身障害者(児)歯科センター、老人保健施設、歯科関連企業、官公庁、企業内の健康管理室、歯科衛生士養成校などです。
また、歯科衛生士として現場で5年以上勤務すると、ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格も取得できるので、それを目指して勤務している生徒もいます。
TDH東京歯科衛生専門学校では、就職活動のサポートも充実しており、MRCの就職コーナーで自由に求人を閲覧でき、自分に合った企業や就職先を選択できるほか、オリエンテーションも行い、どんな仕事先が自分にあっているのかなどを学生自身が自分で考え決められるように念入りなバックアップを行っています。
また、就職支援だけでなく、卒業後の再就職もバックアップしており、在校生同様に親身に、希望を聞き細やかな支援を行っています。

TDH 東京歯科衛生専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

実習が充実していて、病院だけでなく幼稚園や小学校、中学校、高校、介護施設などいろいろな場所で実習して経験を積めるのがよかったです。
科目ごとに外部から大学の先生を呼び、講習を受けることが出来るので専門的な知識がしっかりと身につきます。
実技の授業では一人一台マネキンが用意されたり、2~3人に一台ユニットがあったり設備が充実していてよかったです。
相互実習ではインストラクターの先生が各自についてくれるので、安心して技術を学び、質問もできる環境でとてもよかったです。
勉強に不安がある場合、補講も組んでくれるので、後れを感じた場合も安心のサポートがあります。
国家試験の合格率は100%で、求人倍率も毎年高いので就職に困ることがありません。
学校自体は小さくてアットホームな雰囲気ですが、みんな仲良くなり、同じ夢に向かって頑張ることができるのでとても心強く、一生の友達に巡り合えることが出来ました。
先生方も素晴らしい先生が多く、先生方をお手本にして、自分の将来の歯科衛生士としての未来をしっかり描くことが出来ます。
学校の周りも自然が多く、環境もとてもよく集中して勉強に取り組むことが出来ます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学習することがたくさんありとても大変です。
ついていくのがやっとですが、先生たちがフォローしてくれるので頑張ることができました。
意味があるのかわからな授業もいくつかありましたが、それでも理解できるまで先生方がサポートしてくれるので不安や疑問も解決できました。
合格率もたっかく、就職率も高いのですが、その分勉強や実習は楽なものではありませんので、軽い気持ちで入学してしまうとついていけず挫折してしまうので注意が必要です。
学校の内容自体はとても良いので、強い気持ちで続ける意思があれば、国家試験にも合格し、就職率もとても高いので仕事に困ることもありません。
再就職のサポートもしてくれるので、もしも離職してもその後のサポートもあります。
周囲に食べるところが少ないので、少し不便ですが、行内でお弁当を買うこともできるのでお昼に困ることはありませんでした。
カフェテリアなどがかなり狭いので、リラックスする場所が少なめのように感じました。
学費が少し高く感じましたが、医療系の学校であり、国家資格も取得できるので仕方ないのかと思いました。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*