日本リハビリテーション専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

日本リハビリテーション専門学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
日本リハビリテーション専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系
介護・福祉系
本校舎:東京都豊島区高田3-6-18/第2校舎:東京都豊島区高田3-19-12 認可

姉妹校の情報

日本リハビリテーション専門学校ではグループ校として、敬心学園や日本福祉教育専門学校、日本児童教育専門学校、臨床福祉専門学校、日本医学柔整鍼灸専門学校があります。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR山手線高田馬場駅/西武新宿線高田馬場駅/東京メトロ東西線高田馬場駅/東京メトロ副都心線西早稲田駅

入試情報

AO入試:個別面談、適性検査
高校推薦入試:小論文、面接
社会人入試:小論文、面接
一般入試:小論文、面接、学科試験

オープンキャンパス情報

日本リハビリテーション専門学校ではオープンキャンパスがあります。
学校紹介から始まり、講師の紹介や学科の説明、施設見学を通して学校の事を知る為に重要となります。
夜間部志望の方に向けた夜間部説明会もある為、忙しい社会人でも説明会に参加可能です。
教育的な特徴や作業療法士と理学療法士のそれぞれの魅力、仕事内容に理解が深まります。
目標になる職業のイメージをし、実際の在校生からも話を聞く機会がたくさんある為、生徒の雰囲気を知る事ができます。
他にも就職や入試、学費などに関しての説明会もあるので、入学を検討している方はぜひ参加したいものです。
原則的には事前申し込みになりますので、参加予定の方はホームページ予定表を確認してください。
保護者でも社会人でも学生でも誰でも参加できるオープンキャンパスです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

作業療法士学科|学費:600万以上

概要

作業療法士学科では学びのポイント患者様を常に中心におき物事を考えられる人材を育成するため、多くの演習授業があります。
卒業生による模擬患者役の方や障がいを持った方に授業協力を依頼し、よりリアルな状況を通じて他社に共感できる力を育てています。
この専門学校の教員が患者になり、演習授業に協力しています。
学生の患者様に対する観察能力や接遇の基本を学びます。
即戦力を身につけるため身体、発達、精神、老年期の各分野に精通した教員や実習先もその4分野にわかれて豊富にあります。
臨床実習は国の基準を超える1035時間 (国基準810時間)もあり、短期の実習は2回あるので実際に現場ではどのように行動したら良いか患者様の気持ちはどのようなものかなどを体験し長期の実習に備えます。
安心して集中した状態での学習をできるよう入学後すぐの早期より生徒との個別面談を設けるなど、ひとりひとりの個性に合わせた学習指導環境があります。
国家資格試験への対策は3年生から本格的にスタートします。
基礎的な科目や臨床科目の他にも、解剖学など国家試験の配点の高い科目を中心とした特別集中講義を年間で複数回行っている為、90%以上が現役合格する高い資格取得率を誇ります。

学費詳細・費用

作業療法士学科 総額630万円
入学金:50万円
学費:560万円
諸費用:20万円

取得可能な資格一覧

目指す資格は作業療法士です。
また卒業時に高度専門士の称号と作業療法士国家試験受験資格を得ることができます。

就職・内定先の実績

具体的な就職実績の公開は見受けられませんが、各種医療機関やリハビリ施設、介護施設へと進む方が多数います。

理学療法士学科|学費:600万以上

概要

理学療法士学科では1125時間の長期実習に向けて入学してすぐ、オリジナルのプログラムを展開して学習しています。
複数回あるうちの1回目の長期実習に8週間かけていることもこの専門学校ならではの取り組みといえます。
それぞれ自己学習した内容を発表しグループディスカッションを経てひとつの答えを導く手法を授業に取り入れています。
この学習法では、問題解決能力、コミュニケーションスキルや発表のための能力を身につけることができます。
現役で働く卒業生や様々な分野の教員のもと、実習前には実際の治療現場と同じ条件下のもとで模擬の患者様に対して問診や検査などを行うことをします。
個々の患者様への対応をチェックするため、現場で対応できるかどうかとても重要な時間です。
理学療法技術論ⅠからⅣの授業では、中枢神経系・触察系・関節系・軟部組織型・神経筋系の5系統全てをバランスよく学習できるため、医療現場での最も必要な技術を身につけ最先端のスキルを持つ即戦力を目指しています。
1つの方法だけにとらわれないで、患者様自身に合わせた幅広い視点で治療する力を身につけることができる授業が多くあるため卒業後の就職先で他の人との良い差がつけられます。

学費詳細・費用

理学療法士学科 総額630万円
入学金:50万円
学費:560万円
諸費用:20万円

取得可能な資格一覧

理学療法士を目指して学習します。
また、卒業時には高度専門士の称号と理学療法士国家試験受験資格が得られます。

就職・内定先の実績

具体的な就職実績の公開は見受けられませんが、各種医療機関やリハビリ施設、介護施設へと進む方が多数います。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

就職は職業の特性による部分もあるが実績は良いです。
実習先にそのまま就職できる場合や紹介されて就職する場合とさまざまで、入学後から動いておくことで自志望により近い結果が得られます。
学校で就職支援のセミナーも行っているから参加するといい。
学科の資格取得実績は、学前に聞いていた通りできちんと学習をすれば取得できます。
資格取得のサポートでは授業と国家試験対策がありどちらも満足できる内容です。
講義中の雰囲気については、資格取得を目指している者がほとんどなので騒がしくもなく落ち着いた良い雰囲気です。
学費は他とそこまで変わらないです。
実習費用は別途という学校もあるけど、ここは学費に含まれており、ホームページで公開されている情報通りでほとんど間違いなく、入学後の負担が少ないので良いです。
夜間部は年齢層が幅広く昼間部とは違った人間関係があり、現役で上がってきている人が少ないので落ち着きのある大人が多いです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

3つある校舎はそれぞれが繋がっていないため雨天の時など授業の合間の移動が面倒に感じるときがあります。
ロッカーは各学生に割り当てられているが普段使用しない校舎の上階にある為不便です。
ロッカーを使用しにくいです。
設備については、設立から時間がたち始めているので少し古さがあります。
テキストは購入指定があるにも関わらず、授業ではほとんど使わなかいものもあるので購入時には注意が必要です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*