新東京歯科衛生士学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新東京歯科衛生士学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
新東京歯科衛生士学校は学校法人に認可されています。

新東京歯科衛生士学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 東京都大田区大森北1-18-2 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、新東京歯科技工士学校があります。

新東京歯科衛生士学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR大森駅/京急大森海岸駅

新東京歯科衛生士学校の入試情報

AO入試:書類選考(AO面談)
推薦入試:書類選考・面接・適性試験
一般入試:書類選考・面接・適性試験

新東京歯科衛生士学校のオープンキャンパス情報

オープンキャンパスとして、体験授業(半日:土曜日・日曜日)、高1・2年生のためのオープンキャンパス(月一回程度)、夜間授業見学会(毎週木曜日)、進学個別相談会(火曜日を除くほぼ毎日)、実技特待生講座(月2回程度)、留学生特別相談会(月2回程度)を実施しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

歯科衛生士科Ⅰ部|学費:301~400万

概要

歯科衛生士科Ⅰ部は、3年間で歯科衛生士を目指すことが出来るコースです。
1年次では「基礎分野」「専門基礎分野」から学び、2年次では更に「専門分野」を中心に学びます。
3年次では臨地・臨床実習先を豊富に行う事で多くの現場経験を積み重ねて技術を身につけながら、「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野」の復習対策を実施でき、年間カリキュラムに組み込まれた毎月の模擬試験で国家試験合格への実力を養うことが出来ます。
姉妹校である新東京歯科技工士学校で歯科技工士を学んでいる生徒と 、本コースで歯科衛生士を学んでいる生徒がお互いの専門分野を教え合い、より知識を深めるために特別授業、合同実習があります。
最先端の設備が揃う環境で、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)を使った医療技術を駆使して歯科技工士と歯科衛生士が一緒に学ぶことで、各職種の専門性を理解を深め合い、最新設備が施された医療現場で活躍できるスキルを身につけることが出来ます。
通常の授業の他に、子どもゼミ、歯科訪問診療ゼミ、国際ゼミ、審美・矯正ゼミの4つのゼミを経験豊富な専任分野教員によって実施しています。
ゼミで生徒それぞれが興味ある分野を楽しく学びながら、いまの医療現場で求められているノウハウやスキルを習得すると同時に、歯科医院だけでなくさまざまな分野での歯科衛生士の活躍フィールドの可能性にふれる機会が多くあります。

学費詳細・費用

歯科衛生士科Ⅰ部 総額357万7千円
入学金:10万円
授業料:195万円
実習費:102万円
諸費用:50万7千円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科衛生士(国家資格)の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、東京、神奈川、千葉、埼玉、新潟、長野、大阪の歯科医院・クリニックが多数あります。

歯科衛生士科II部|学費:201~300万

概要

歯科衛生士科II部(夜間部)は、3年間で働きながら無理なくしっかり学び、プロとして必要な知識と技術が身につけ、歯科衛生士の国家試験合格を目指すことが出来る夜間コースです。
夜間の時間帯でも実際の病院や診療所で臨床を学習することができる臨地実習もできますので、歯科衛生士として必要な技術がしっかり身に付きます。
授業の中でもスマホ・タブレットを活用しており、学校全体がスマホ充電およびFREE Wi-Fiが使い放題になっています。
また、授業内容が分かる動画(※座学の授業のみ一部を公開)や、テキストを自分のスマートフォンからチェックすることができますので、体調不良や都合で授業を休んでしまった場合でも後から授業内容を確認する事が出来ます。
最大で164.5万円の専門実践教育訓練給付金があります。
また、一括での授業料納入が難しい場合は、準備金10万円でも入学可能となっています。

学費詳細・費用

歯科衛生士科Ⅱ部 総額297万7千円
入学金:10万円
授業料:165万円
実習費:72万円
諸費用:50万円

取得可能な資格一覧

在校中に、歯科衛生士(国家資格)の取得を目指すことが出来ます。

就職・内定先の実績

主な就職先として、東京、神奈川、千葉、埼玉、新潟、長野、大阪の歯科医院・クリニックが多数あります。

新東京歯科衛生士学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

国家試験の合格率も高く、国家試験対策では密になり教えていただけて試験前にはとてもお世話になりました。
教科ごとにあった対策の仕方や、学内での模試も数多く試験前にとても励みになります。
就職活動でも、たくさんの求人の中から先生方に一緒探していただいたりサポートがとても充実しています。
見学から実際の就職が決定するところまで細くしっかりと一人ずつアドバイスもいただけます。
卒業後も就職活動に困っていたら、求人を教えていただけたり一緒に探していただいたりできます。
ひとりひとりにあった授業の進み方や、試験対策など一緒に考えたり授業終了後も教えていただけたり資料をいただけたりととても充実していたと思います。
今後法律が変わらなければ更新もなく、一度取得したら歯科では一生使える資格です。
もちろん知識や技術はその人その人の頑張りによりますが。職種としては需要が大変高いですし、将来的にコンピューターに仕事を取られる心配はそこまで高くないのでやる気があることと選り好みさえしなければ日本全国どこでも働けます。
新しい校舎になり、駅からだいぶ近くなりました。周辺にはコンビニやイトーヨーカドー、TSUTAYAやがあるので通学中や帰宅前に夕飯や雑貨を買ったりできるので助かりました。
入学試験で良い点を取れれば学費免除制度があり、また一年生の時に好成績、態度もよく、先生のお手伝いや挨拶がきちんと出来ている生徒が二年生に上がるときに約二名選ばれ、選ばれた人はいくらか学費免除がされます。
有名な先生などが講師として来てくださるので、授業は充実していると思います。
進学するにあたってサポートセンターと言うものがあり、国家試験に一回落ちてもその落ちた一年間は学校が面倒を見てくれるの就職先への対応は十分だと思います。

口コミ元

ネガティブな口コミ

学科ごとの講師によって教え方などはそれぞれ違います。
授業の実習の講師によっても違うので下手な講師になるとわかりにくいです。
Ⅱ部(夜間部)の卒業生ですが、カリキュラムがⅠ部(昼間部)と異なりますので、Ⅰ部の事は分からないのですが、かなり忙しい三年間になると思います。
昼間アルバイトをして、夕方から学校へという生活をほとんどの学生が送っていましたが、学校のスケジュールの発表が遅かったりしたため、そういった意味でのサポートは不十分だったと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*