城西放射線技術専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

城西放射線技術専門学校は東京都にある看護・医療系の専門学校です。
城西放射線技術専門学校は学校法人に認可されています。

城西放射線技術専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 東京都豊島区千早1-10-26 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

城西放射線技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ有楽町線要町駅/東京メトロ副都心線要町駅/西武池袋線椎名町駅

城西放射線技術専門学校の入試情報

AO入試:小論文、面接
推薦入試:小論文、面接
一般入試A:小論文、面接
一般入試B・C:学科(数学Ⅰ、物理基礎、化学基礎、生物基礎、コミュニケーション英語Ⅰ、国語総合より1科目選択)、面接
一般入試C:学科(数学Ⅰ、物理基礎、化学基礎、生物基礎、コミュニケーション英語Ⅰ、国語総合より1科目選択)、面接

城西放射線技術専門学校のオープンキャンパス情報

城西放射線技術専門学校では、年間数回のオープンキャンパスや体験入学、学校説明会を行っています。
どれにも参加できない方は事前の申し込みで個別に説明を受けることも可能です。
オープンキャンパスの記載はありませんでしたが、通常の学校説明会とは違った内容となっています。
体験入学では実際に放射線技師の使う機械を触ることができます。
母親の胎内の診察の際に使われる超音波検査装置、乳癌検診用のマンモグラフィー装置、眼底(瞳孔の奥)を撮影する機器などがあります。
これらを使い、簡易的な実習を体験することが可能です。
在校生の話も聞くことができ、質疑応答の時間もあります。
学校説明会では、基本的な学校説明や放射線技師の仕事についてのお話、機器の見学などが盛り込まれています。
こちらでも教員以外にも在校生の話を聞くことが可能となっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

診療放射線学科|学費:401~500万

概要

診療放射線学科は夜間制で、4年課程で放射線技術について学びます。
生徒は診療放射線技師などの資格取得後、病院などに就職し活躍します。
放射線診療における機械や機器、照射方法、さらに必要な検査や治療技術を身につけます。
医療目的で放射線を安全に管理するための専門知識や技術、付随する法律等も学習します。
夜間制ということもあり、生徒のほとんどは仕事と両立しながら勉強をしています。
城西放射線技術専門学校では提携医療機関でのアルバイトも紹介しており、卒業後に生かせる経験もできます。
卒業後、アルバイト先にそのまま就職することもあります。
4年かけて基礎から学ぶことができ、専門知識の他にも基礎分野として大学一般教養レベルの理系科目や社会科学、人文科学から学びます。
さらに、一般的な英語や医療英語の授業もあり、英文の論文を読む力や、英語での検査に対応できる力を身に着けます。
医学の基礎を学ぶカリキュラムも設けつつ、実務に直結するX線撮影、超音波撮影、X線CT撮影、放射線治療、核医学検査学など専門分野を実習なども踏まえて学んでいきます。
文系出身の生徒もいるため、講師はわかりやすい指導に努めています。
また、パソコンが苦手な生徒のためにプリントに書き込むスタイルでの授業を多用したり、全ての生徒にやさしい授業を心がけています。
放射線技師となるためには国家試験への合格が必要です。
授業はもちろん、補講や模試、実力テストを行うなど学校のバックアップがあります。
4年次夏休みからは国家試験対策の特別講習も始まり、万全の準備をして試験本番に備えることが可能です。

学費詳細・費用

診療放射線学科 総額403万円
入学金:35万円
授業料:51万円
設備維持費:30万円
実習費:10万円
その他:4万円
2年次以降年間91万円

取得可能な資格一覧

エックス線作業主任者、ガンマ線透過写真撮影作業主任者、診療放射線技師、これらの国家試験に合格後、資格取得となります。

就職・内定先の実績

昭和大学病院、東京医科大学八王子医療センター、板橋中央総合病院、中野江古田病院、東京武蔵野病院、東京洪誠病院、東京薬業健康保険組合東薬健康開発センター、日本健康管理協会 新宿健診プラザ、西台クリニック画像診断センター、昭和大学藤が丘病院、仁厚会病院、湘南病院、川口パークタワークリニック、入間ハート病院、所沢明生病院、労働保健協会、結核予防会 総合健診推進センター、第一健康相談所 総合健診センター、伊奈病院、埼玉県立病院、JCHO埼玉メディカルセンター、JA福島県厚生連病院、櫛田病院、全日本労働福祉協会、森山記念病院、陵北病院 など、関東地方を中心に就職実績があります。
その他にも東北から九州まで様々な医療機関に卒業生を輩出しています。
就職サポートにも力を入れており、外部講師を招いた就職ガイダンスの実施や、就職希望調査、就職支援室も設置されています。
個人面談も行われており、一人ひとりの希望・要望に寄り添ったサポートが実施されています。

城西放射線技術専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

就職率はいい方だと思います。
しっかりと実験のできる環境は整っています。
医療機関のアルバイト先を斡旋してくれ、就職してからの事を考えると医療機関でアルバイトをする方がいい経験になると思うのでとても良いです。
勉強については、基礎から教えてもらえ、文系出身や勉強をしばらく離れていた人でも、ついていくことができます。
一般撮影室、CT装置、透視装置、超音波装置などがあり、施設が充実しています。
少人数のため、先生との距離が近いです。
学校にくる求人は全国からで、総合病院やクリニック、健診センターなどで、大学病院に就職した優秀な先輩方も毎年何人かいます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

国家試験についての勉強だけに集中したい人にとっては土曜も学校でいらない授業が多く感じてしまうかもしれません。
国家試験の合格率は全国平均よりは上なものの全国の放射線科を見てみると最下位という低さです。
わかりやすく丁寧な先生もいるがほぼ教え方が悪い上にプリントさえ配ればいいという考えの人もいるように感じます。
学費は高めで、使わない教科書も買いました。
約50人が入学し最終的に残るのは30人程度になるのでやる気が必要です。
年齢層が幅広く、友達を作るというより国家試験に合格するために行くという雰囲気です。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*