町田製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-01-30

公開日:2020-01-30

         

町田製菓専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
町田製菓専門学校は学校法人に認可されています。

町田製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都町田市原町田5-1-3 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、町田調理師専門学校、町田福祉保育専門学校、町田美容専門学校などがあります。

町田製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オーキャンコース詳細

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

小田急電鉄小田原線/JR横浜線町田駅

町田製菓専門学校の入試情報

AO入試:書類審査(オープンキャンパス等への参加がエントリー基準の1つ)
指定校推薦入試:書類審査
公募推薦入試:書類審査※場合により面接も有り
一般入試:書類審査(自己PR書含む)※場合により面接も有り

町田製菓専門学校のオープンキャンパス情報

町田製菓専門学校では、土曜日を中心にオープンキャンパスを開催しています。
オープンキャンパスでは、施設見学や在校生サポートのもとで行われる実習体験、完成品の試食、個別説明、質疑応答などに参加した後、お土産をもらって終了となります。
実習で作るお菓子は開催日により異なり、「ティラミスを使用したデザートの皿盛り」や「エクレアorチョココロネ+α(選択可能)」、「チョコバナナロール」などを体験することができます。
オープンキャンパス以外にも、クリスマスパーティーのようなスペシャルイベントが開催されているほか、授業の様子や在校生の様子を見ることができる授業見学会やプレスクール、カフェ学校見学会、進路説明会、そしてオープンキャンパスと同時開催される保護者向け学校説明会も開催されています。
保護者向け学校説明会では、学費や奨学金の説明や選考方法、学校の教育方針の説明を受けることができ、保護者のみの参加も受け付けています。
また学校では、遠方からオープンキャンパスや授業見学会に参加する高校2年生と3年生を対象に、最大5千円の交通費を補助するなどの配慮が行われています。
オープンキャンパスなどのイベントへの参加は、AO入試のエントリー基準の1つとなっているので、AO入試を検討している人は留意しておきましょう。

コース詳細・著名な卒業生

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。
クリックすると詳細がご覧になれます。

製菓衛生師科|学費:201~300万

概要

製菓衛生師科では、2年間で製菓及び製パンの専門スキルを体得した製菓衛生師を育成します。
授業では国家試験対策講座のほか、衛生法規、食品学、製菓理論などの専門教育科目やカラーコーディネート、造形デザイン、菓子語学、インテリアコーディネートなどの一般教育科目を学びながら、150種類以上のレシピ実習を行います。
実習は、洋菓子実習、製パン・和菓子実習、特別実習に分かれており、多くの時間が割り当てられています。
洋菓子実習では、絞り袋の使い方やパレットナイフの持ち方から始まり、パータ・ジェノワーズの基礎やマジパン細工、飴細工などの技術を身につけ、ロールケーキやガトーショコラ、キャラメル、モンブラン、エクレア、オペラ、クラシックショコラ、ボンボンショコラ、シフォンケーキ、マカロン、シャルロットフリュイ、ドイツ菓子、ウィーン菓子、イタリア菓子などを製作します。
製パン・和菓子実習では、計量や丸め方、生地の分割、製パン材料の比較により知識と技術を身につけ、ピザパンや菓子パン、調理パン、フランスパン、ベーグル、クロワッサン、シュトーレン、ドーナツなどを、そして和菓子分野では、練り切りや柏餅、道明寺、みたらし団子、どら焼きなどを製作します。
そして特別実習では、販売から接客までを学ぶ販売実習、専用のカフェ実習室で実際にお客様を迎えて行うカフェ実習、エスプレッソや紅茶についてプロから学ぶドリンク実習、計量から完成までの全ての工程を1人で行う特別少人数実習、そして実際に職場の雰囲気を肌で感じることができる現場実習が行われます。
各実習室には、それぞれにレッドやクリーム、オレンジ、チョコレートなどのテーマカラーが設定されており、焼き菓子用のオーブンや製あん機などの多彩な設備が整っています。

学費詳細・費用

製菓衛生師科 総額296.5万円
入学金:15万円
授業料:56万円
実習費:56万円
施設設備費:20万円
教材費等:17.5万円※教材費は年度によって前後します。

取得可能な資格一覧

卒業と同時に専門士の資格、菓子製造技能士国家試験2級受験資格、パン製造技能士国家試験2級受験資格を取得します。
また、2年進学時に製菓衛生師国家試験受験資格を取得します。
2年次の6月中旬に東京都の製菓衛生師国家試験を受験し、不合格者は8月下旬に神奈川県の製菓衛生師国家試験を、神奈川県でも不合格の場合には次に千葉県での受験を行います。
このような学校のフォローにより、過去5年間の製菓衛生師国家試験の合格実績は99%を維持しています。
それ以外にも、スイーツラッピングコーディネーターや食品衛生責任者、カラーコーディネーター、フードコーディネーターなどの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

ら・ふらんす、幸せの丘、フランス菓子キャトル、ノリエット、テオブロマ、アンデス橋本、樫の樹などの洋菓子分野、箱根ベーカリー、神戸屋、サガミベーカリーブンブン、パンドクルー、サンジェルマンなどのパン分野、成城風月堂や若葉堂などの和菓子分野、ホテルオークラ東京、ディズニーホテル、コンラッド東京、ヒルトン東京、ペニンシュラ東京、グランドハイアット東京、ホテルニューオータニなどのホテル、アニヴェルセル、プリオコーポレーション、ベストプランニングなどのブライダル、スイーツパラダイス、パシフィックドライブイン、カフェゼロワンなどのカフェ・レストランから多数の生徒が内定をもらっています。
学校では、個別面談や就職ガイダンス、キャリアデザイン、コミュニケーショントレーニング、就職指導教員とクラス担任による個別フォローの徹底など就職サポートに力を入れており、過去5年間の就職実績は99%を維持しています。

町田製菓専門学校を卒業した有名人

町田製菓専門学校を卒業した有名人のデータは特にないです。

町田製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

先生達は実際にパティシエ、ブーランジェを経験された方達なので、現場の生の声を教えて貰えます。
2年生になると求人票のファイルが各教室に置かれて、定期的に更新されていくのでこまめにチェックできます。
国家資格対策もしっかりしており、1年次にしっかり学べますので2年次のテスト時期にはとても焦らずに国家試験に受けられました。
男性の方も分け隔てなく皆様仲良く過ごせますので、男性でも気軽に入学できます。
トイレはものすごく綺麗です。
この学校は設備がとても充実しているので学校生活を充実することができると思います。
とても安いわけではないがこの学校は学費は高くもなく入学もやすくて入りやすい学校だと思いました。
先生と生徒が和気あいあいと楽しく出来る所が魅力的です。
卒業生の就職実績は良いとおもいます。
駅から近いので通いやすかったです。
三階建てで、階ごとにテーマがあってそこで本格的にお菓子やパンを作ることが出来たので設備はとても、充実してました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

先生により態度が全く違い親身になって進路の相談等なってくれる先生もいれば人の好き嫌いがはっきりとしていて態度に出る先生もいます。
実習は午前とか1日実習だと朝のHRの前に計量を済まさないといけないので朝弱い人は正直2年生になってからきついと思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*