国際パティシエ調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

国際パティシエ調理師専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
国際パティシエ調理師専門学校は学校法人に認可されています。

国際パティシエ調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都小平市小川東町5-21-14 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、国際パティシエ調理師専門学校高等課程、国際製菓専門学校、西東京調理師専門学校、ラブニール国際K・Hカレッジ田中教育グループがあります。

国際パティシエ調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

西武多摩湖線青梅街道駅

国際パティシエ調理師専門学校の入試情報

AO入試:オープンキャンパス、学校見学のいずれかに参加、書類選考、面接
推薦入試:書類選考、作文、面接
一般入試:書類選考、作文、面接
特待生入試:筆記試験(国語、数学、英語より2科目選択)、小論文、面接

国際パティシエ調理師専門学校のオープンキャンパス情報

ありません。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

パティシエ調理師科|学費:101~200万

概要

国際パティシエ調理師専門学校のパティシエ調理師科は、2年制の学科です。
ジャンルを問わず、様々な調理に関して基礎から学び、農作物実習においては、野菜などの作物の生産も行います。
実践的な学びとしては、レストランで実際の現場を体験し、卒業後は即戦力としての人材育成も目指していきます。
資格取得も奨励しており、卒業時に調理師免許を取得することに加え、姉妹校での通信教育併修ではありますが、学んでいくことで、製菓衛生師免許の受験資格も取得可能になっています。
これら2つの資格は国家資格であり、働くうえでも重宝する資格となるに違いありません。
また、アメリカ研修が必須でカリキュラムの中に組み込んであり、海外での学びにも力を入れていることがこの学科の特徴ともなっています。
希望者はヨーロッパへの研修も可能になっています。
海外研修では、レストラン等の飲食店研修に加え、市場・ワイナリー・流通サービスなどの視察、リサーチなども行い、食事情を日本のみならず、グローバルな視点で学ぶことができるようになっています。

学費詳細・費用

パティシエ調理師科 総額164万6千円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師免許受験資格(姉妹校通信教育併修により)、フードアナリスト(在学中に3級取得(合格保証))、ラッピングコーディネーター(希望者受験)、専門士(衛生専門課程)、国家公務員2種試験受験資格、調理師免許(卒業時)、各種専門調理師・調理技能士(※技術考査合格者は学科試験免除)、食品技術管理専門士申請予定(卒業時)、技術考査/合格証授与(卒業時)、調理師養成施設助手(卒業時)などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、アニヴェルセル、ベストプランニング、日本ホテル株式会社、東武ホテル、フォーシーズンズ、株式会社M.R.S、東和フードサービス、LEOC、パティスリーカシュカシュなどがあります。
業界としてはウエディング業界、ホテル業界、レストラン業界など幅広い分野に渡っており、多様な就職が可能となっています。

パティシエ・ブーランジェ科|学費:101~200万

概要

国際パティシエ調理師専門学校のパティシエ・ブーランジェ科は2年制の学科で、週あたりの授業日数は4日となっています。
働きながら学びを進めたい、時間を自分のために有効に使いたいという方にお勧めできる学科とも言えます。
この学科では、学校内外で販売実習を行うことが特徴で、企業研修なども行うことから、より現場を意識した実践的な学びを行うこともできます。
学校で学ぶレシピ数は、洋菓子、製パン合わせて500以上もあり、知識だけでなく、技術の面でも様々な面で対応できる人材を目指していきます。
また、希望制ではありますが、ヨーロッパへの海外研修の参加も可能です。
この海外研修では、レストラン等の飲食店研修に加え、市場・ワイナリー・流通サービスなどの視察、リサーチなども行い、食事情を日本のみならず、グローバルな視点で学ぶことができるようになっています。
現地でホームステイをしながら学ぶことで、現地の文化にも触れることができ、食事情を学ぶことはもちろん、多方面での学びが期待されているのも、この海外研修の大きな特徴と言えるでしょう。

学費詳細・費用

パティシエ・ブーランジェ科 総額127万9千円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師免許受験資格(姉妹校通信教育併修により)、フードアナリスト(在学中に3級取得(合格保証))、ラッピングコーディネーター(希望者受験)、専門士(衛生専門課程)、国家公務員2種試験受験資格、食品衛生責任者(製菓衛生師免許取得後、申請により)、パン製造技能士(受験資格取得に必要な実務経験短縮)などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、ポンパドウル、サンジェルマン、小麦の丘、バンブー、エスプリ・ドゥ・パリ、Berryberry、パスティッチェリア トゥレ、ジョエル・ロブジョンなどがあります。
製パン会社を中心に就職実績が多いですが、洋菓子店やレストランなどへの就職実績もあります。

パティシエ科|学費:101~200万

概要

国際パティシエ調理師専門学校のパティシエ科は2年制の学科で、週に4日の授業カリキュラムが基本となっています。
実際に現場で学ぶことを意識した実践的なカリキュラムが組んであり、学生は、学内外での販売実習や企業研修などを通して、即戦力としての人材を目指すとともに、実力を養っていきます。
また、洋菓子づくりのプロを目指すということで、2年間の学びの中で、洋菓子の基礎から応用まで、総実習時間は1300時間以上にもなります。
その中で取得するレシピ数は500以上にもなり、学内での学びも充実していると言えるでしょう。
また、希望制ではありますが、ヨーロッパ研修に参加することもでき、海外の食事情においても学びを深めることができるのが、特徴のひとつにもなっています。

学費詳細・費用

パティシエ科 総額131万8千円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師免許受験資格(姉妹校通信教育併修により)、フードアナリスト(在学中に3級取得(合格保証))、ラッピングコーディネーター(希望者受験)、専門士(衛生専門課程)、国家公務員2種試験受験資格、菓子製造技能士(受験資格取得に必要な実務経験短縮)、食品衛生責任者(製菓衛生師免許取得後、申請により)などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、幸せの丘、パティスリーKOKUSAI、パティスリーサンセリテ、ジョエル・ロブション、レストランPACHON、リノベーションプランニング、星野リゾート、リーガロイヤルホテル東京、株式会社ベストプランニングなどがあります。
洋菓子店への就職が主ですが、レストラン業界、ホテル業界、ブライダル業界への就職実績もあるのが特徴になります。

国際パティシエ調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

講師のレベルが高いです。
学校の立地がいいです。
少人数クラスなので友人が作りやすいです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

資格取得に向けての学習は自分で進めることがほとんどです。
就職支援があまり行われていないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*