東京栄養食糧専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

東京栄養食糧専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
東京栄養食糧専門学校は学校法人に認可されています。

東京栄養食糧専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都世田谷区池尻2-23-11 認可

姉妹校の情報

姉妹校として、東京調理製菓専門学校、などがあります。

東京栄養食糧専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東急電鉄池尻大橋駅

東京栄養食糧専門学校の入試情報

AO入試(栄養士科):面接
AO入試(管理栄養士科):面接及び基礎的な適性テスト
高校自己推薦入試:書類審査、場合により面接
社会人推薦入試(栄養士科):書類審査、場合により面接
一般入試(栄養士科):書類審査、作文審査
一般入試(管理栄養士科):筆記試験(一般常識・理科〔生物/化学選択〕)、小論文、面接
留学生入試(栄養士科):筆記試験(一般常識・小論文)、面接
留学生入試(管理栄養士科):筆記試験(一般常識・理科〔生物/化学選択〕)、小論文、面接

東京栄養食糧専門学校のオープンキャンパス情報

東京医療栄養食料専門学校のオープンキャンパスでは、AO入試直前対策講座、どんな授業か見てみよう、基礎調理体験(オムレツ)、推薦入試対策講座、1日まるごと栄養士体験、栄養教諭&人気№1給食メニューを食べよう、AO入試直前対策講座、などが実施されています。
また、体験講座、授業見学会、夜間相談会、なども実施されています。
参加特典として、入学検定料免除、交通費補助制度、雨量体験宿泊制度、などがあります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

栄養士科(健康スポーツコース)|学費:201~300万

概要

栄養士科(健康スポーツコース)では、スポーツの知識を持った「食」のエキスパートを目標とします。
予防栄養学は、解剖生理学や運動生理学を学習し、人間の健康増進と運動、栄養をカバーするカリキュラムです。
エンジョイスポーツ栄養演習は、スポーツの特性を考えた献立作成、またサポートを学習し、選手のパフォーマンス向上とコンディショニングのための食事と栄養の関係を学習します。
ウエイトコントロール演習は、ダイエットプランの立案作成を実施し、健康増進のための指導方法を学習します。

学費詳細・費用

栄養士科(健康スポーツコース) 総額278万円
入学金:20万円
授業料:140万円
実験実習費:48万円
施設設備費:54万円
教材費:10万円
教育後援会費:2.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:2万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、栄養士免許などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、東京医科歯科大学医学部付属病院、エーエムサービス㈱、慈光明徳会、などがあります。

栄養士科(医療・福祉コース)|学費:201~300万

概要

栄養士科(医療・福祉コース)では、医療スタッフとして技術や知識を学習します。
医療・介護福祉概論は、福祉、健康について考え、介護制度の現状と理解を把握し、介護と医療の専門性、また連携がどうあるべきかを学習します。
チーム医療概論では、各職種の機能や役割や連携の在り方から、問題解決のためのプロセスの基本を学習します。
食事介助・ボランティア実習は、高齢者に対する栄養管理や、介護保険システム、特別養護老人ホームの見学などを通じて、高齢者について学習します。

学費詳細・費用

栄養士科(医療・福祉コース) 総額278万円
入学金:20万円
授業料:140万円
実験実習費:48万円
施設設備費:54万円
教材費:10万円
教育後援会費:2.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:2万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、栄養士免許などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、東京慈恵会医科大学付属病院、日本給食サービス、富士みのり保育園などがあります。

栄養士科(子ども・食育コース)|学費:201~300万

概要

栄養士科(子ども・食育コース)では、子どもらの将来のために食育活動と栄養管理に携わります。
子供の発育・発達学は、乳幼児期からはじまり、思春期へ至るまでの子どもの発育や発達に焦点を当て、栄養・食教育・生活習慣病予防対策、また栄養ケアなど理解やあり方を考えます。
デザイン色彩演習は、食環境という視点で、食卓、料理、色彩空間デザインという多方面の視野で学習します。
子供の食物アレルギー演習は、食物アレルギーの原因食品やメカニズムを理解し、安心で安全な食事、給食を考え、調理実習や献立作成を行います。

学費詳細・費用

栄養士科(子ども・食育コース) 総額278万円
入学金:20万円
授業料:140万円
実験実習費:48万円
施設設備費:54万円
教材費:10万円
教育後援会費:2.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:2万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、栄養士免許、などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、埼玉医科大学病院、フジ産業㈱、杉の子保育会、などがあります。

栄養士科(健康・美容コース)では、最新の情報を集めて、体を内側から健康に「明日の健康美」を作るメニュー考案・職の提案のできる栄養士を目標とします。
美容栄養学では、基本的な体の仕組みを学び、タンパク質、糖質、脂質などの成分が身体に与える影響などを勉強します。
サプリメント論では、食生活を健康的にして、美容へと結びつけるメカニズムを追求し、体のしくみと摂取する栄養素の成分の影響を学習します。
 美容クッキング実習では、上手な摂取方法や、食材それぞれの効果、また組み合わせなど、健康を考えた食生活ができる調理を学習します。|学費:201~300万

概要

栄養士科(健康・美容コース)では、体を内面から健康にするため、最新の知識によって、メニュー公安や食の提案をできる栄養士を目標とします。
美容栄養学では、体の仕組みを学習することで、たんぱく質、糖質、脂質などが体に与える影響を学習します。
サプリメント論では、食生活を健康的にすることで美容に結びつくメカニズムを学習します。
美容クッキング実習では、健康に気を配った食生活をするための調理を勉強し、接種方法、組み合わせ方、食材別の効果を学びます。

学費詳細・費用

栄養士科(健康・美容コース) 総額278万円
入学金:20万円
授業料:140万円
実験実習費:48万円
施設設備費:54万円
教材費:10万円
教育後援会費:2.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:2万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、栄養士免許、などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、こころのホスピタル町田、日本栄養給食協会、千葉敬愛学園、などがあります。

栄養士科(食品開発コース)|学費:201~300万

概要

栄養士科(食品開発コース)では、食品産業で活躍するためのフードマネジメントの手法にくわえ、栄養、生体調節機能、思考などを意識した保健機能食品の開発を調理実習によって学習します。
バーチャル店舗論では、グループ討議の中で経営や業態決定、店舗計画、メニュー、損益など、ビジネス観点を主軸にプレゼンテーションを実施します。
オリジナル食品施策実習では、加工学実習・製菓の基礎や応用、世界の食の知識、調理科学などの実習を行います。
メニュープランニング演習では、様々な対象者や目的に合わせたメニューを考え、テーマ・企画・栄養価といったトータルコーディネイトを学びます。

学費詳細・費用

栄養士科(食品開発コース) 総額278万円
入学金:20万円
授業料:140万円
実験実習費:48万円
施設設備費:54万円
教材費:10万円
教育後援会費:2.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:2万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、栄養士免許、などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、川崎田園都市病院、日清医療食品㈱、㈱ニチイ学館 山百合会、などがあります。

管理栄養士科(医療・福祉コース)|学費:501~600万

概要

管理栄養士科(医療・福祉コース)では、個人や集団のライフスタイルやライフステージの理解、栄養状態・健康・食環境・食行動などの情報収集、また分析によって栄誉強化プログラムをトータルマネジメントし、臨床福祉に特化した管理栄養士を目標とします。
臨床心理学では、対象者の心を理解するために基礎から応用まで、実践力を養います。
食事介助実習では、安全な介護食や、現状の介護食を学び、調理実習や献立作成を実施します。
栄養評価・管理実習では、栄養評価・管理をどのように考えるか、また栄養指導や栄養教育の効果の評価、公衆栄養活動、給食施設やチーム医療、など応用力を身に付けます。

学費詳細・費用

管理栄養士科(医療・福祉コース) 総額557.5万円
入学金:20万円
授業料:292万円
実験実習費:108万円
施設設備費:108万円
教材費:19.5万円
教育後援会費:4.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:4万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、管理栄養士免許、などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、戸田中央医科グループ、シダックス㈱、㈱JPホールディングス、などがあります。

管理栄養士科(健康・食育コース)|学費:501~600万

概要

管理栄養士科(健康・食育コース)では、スポーツ選手のパフォーマンスを高めるための戦略戦術、さらに経営感覚を磨き、将来活躍できる管理栄養士を目標とします。
公衆栄養統計演習では、情報を収集し、統計し、分析できるようにPCによる統計解析ソフトによる実習を行います。
フードマネジメント論では、市場の理解をはじめ、基礎から店舗開発をトータルシミュレーションしながら、討論、また評価を実施していきます。

学費詳細・費用

管理栄養士科(健康・食育コース) 総額557.5万円
入学金:20万円
授業料:292万円
実験実習費:108万円
施設設備費:108万円
教材費:19.5万円
教育後援会費:4.5万円
学友会費:1.5万円
学生自治会費:4万円

取得可能な資格一覧

取得資格として、管理栄養士免許、などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績として、東京都済生会中央病院、日本給食㈱、㈱スマイルキッズ、などがあります。

東京栄養食糧専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「栄養士科と管理栄養士科の就職率がほぼ100%であり、就職指導室などもあり、就職について安心できました。」
「フードアナリスト検定やハーブ検定などいろいろな資格講座が実施されていて、検定料も学生限定で割安になることが良かったです。」
「実習のための施設や設備が充実していました。」
「国家試験合格率が90%を上回っていて、管理栄養士を目標とする人には良い環境であると思います。」
「十種や実験が多いため、調理技術や知識の面で、社会人となった際に役に立ちました。」
「キャリアデザイン講座や進路指導室など、就職面のサポートが充実していました。」
「希望の企業や、進路相談など、先生方が親身になって相談に乗っていただけました。」
「マナーや面接、スーツの着用方法、履歴書の書き方など、ビジネスマナーを教えていただき役に立ちました。」
「学費は相応であると思います。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「教科書の配布間違いや、行事日程の伝達ミスなどで困りました。」
「学費は高く感じました。」
「校舎は古く、汚れが目立ちました。」
「座学による授業は疑問点を払しょくできないことがよくありました。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*