新宿調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

新宿調理師専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
新宿調理師専門学校は学校法人に認可されています。

新宿調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都新宿区西新宿6−5−3 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

新宿調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR線・京王線・小田急線・都営新宿線新宿駅/西武新宿線西武新宿駅/東京メトロ丸ノ内線西新宿線/都営大江戸線都庁前駅

新宿調理師専門学校の入試情報

AO入学:面接
推薦入学:書類専攻
一般入学(高等学校卒業見込みの方):書類専攻
一般入学(社会人・大学生・短大生・専門学校生の方):書類専攻

新宿調理師専門学校のオープンキャンパス情報

ありません。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師専修科 2年制|学費:201~300万

概要

調理師専修科 2年制は、2年間で調理師として必要な知識と技術を身につけるコースです。
1年次では日本・西洋・中国料理の実習を行うことで基礎的な調理の技術を身につけ、栄養や食文化などの調理の本質を学ぶことでプロの現場でも通用するように学び、2年次では和・洋・中の専門的な料理をマスターし、ワインやカクテル、製菓、麺類、寿司などもにつても学ぶほか、加工食品やフードコーディネート、サービスなどについても学ぶことができます。

学費詳細・費用

調理師専修科 2年制 総額262万6千円
入学金:15万円
施設費:6万円
授業料:34万5千円
実験実習費:18万円
教材費・諸費用:4万8千〜8万8千円

取得可能な資格一覧

調理師免許、調理師専門学校助手資格、専門士、フードアナリスト、食品技術管理専門士、食育インストラクターの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先として帝国ホテル、ホテルオークラ東京、ホテルニューオータニ東京、(株)プリンスホテル、東京ドームホテル、パレスホテル、ざくろ、三河屋、京懐石美濃吉、日本料理なだ万、板前心菊うら、下鴨茶寮などが挙げられます。
新宿調理師専門学校では、大企業から個人経営まで経営規模を問わず求人を募っており、さらに首都圏だけでなく全国規模で求人を募るなど幅広い分野での求人から学生一人あたりの求人数は40.4倍となっています。

調理師本科 昼間部1年制|学費:101~200万

概要

調理師本科 昼間部1年制は、1年間で調理師として即戦力となる知識と技術を学ぶコースです。
日本・西洋・中国料理の調理実習を行うことで調理技術の基礎を学ぶほか、それぞれの道具や設備を使って学習することで自分にあった分野を見つけるほか、衛生的に清潔に調理するための科学分野や技術面、調理を本質的に理解するため栄養や食文化なども学びます。
さらに1年次の前期ではインターンシップとして1週間ホテルや給食施設などの現場で学び、後期には調理祭りとして調理や献立作成、卒業制作料理展示を行います。

学費詳細・費用

調理師本科 昼間部1年制 総額140万8千円
入学金:15万円
施設費:6万円
授業料:34万5千円
実験実習費:18万円
教材費・諸費用:4万8千〜8万8千円

取得可能な資格一覧

調理師免許、フードアナリスト、食育インストラクターの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先としてガストロノミー・ジョエルロブション、ラトリエ・ドゥ・ジョエルロブション、ナベノ・イズム、リューズ、ランベリー、モノリス、富士屋ホテル、池の平ホテル&リゾーツ、東急リゾートサービス(東急ハーヴェストクラブ)、リゾートトラスト(株)などが挙げられます。
新宿調理師専門学校では、校外実習で実際の仕事を経験し、ホテルや会館求人の最新情報から履歴書の書き方、面接への取り組みを学び、さらに実習教員が中心となりセミナーを開くなどしっかりとした就職サポートをしてくれます。

調理師本科 夜間部2年制|学費:100万以下

概要

調理師本科 夜間部2年制は、2年間で調理師を目指すコースで、働きながらやWスクールで学ぶことができます。
調理師本科 夜間部では、少人数制なので一人ひとりしっかりサポートすることでプロの調理師を育成し、日本・西洋・中国料理の技術、栄養や食文化なども学び、さらに卒業と同時に調理師国家資格も取得することができます。
1年次では、集中基礎実習として包丁の使い方や器具・調味料の使い方を学ぶほか、基礎技術として日本・西洋・中国料理を学び、2年次では応用実習として調理法習得、基礎技術では和・洋・中の他、製菓についても学びます。

学費詳細・費用

調理師本科 夜間部2年制 総額96万8千円
入学金:10万円
施設費:5万円
授業料:8万円
実験実習費:9万円
教材費・諸費用:17万〜32万円

取得可能な資格一覧

調理師免許、フードアナリスト、食育インストラクターの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

公式HPで公表されている就職先実績は、コースによって分けられているわけではありませんので、他学科と同等レベルの内定・就職先実績であると推測されますが、主な就職先として東急REIホテル、セルリアンタワー東急ホテル、キャピトルホテル東急、浅草ビューホテル、ホテルメトロポリタン、(株)レオック、(株)アール・ティー・コーポレーション、(株)グリーンハウス、(株)ニッコクトラストなどが挙げられます。
新宿調理師専門学校では、毎年安定した求人数が寄せられており、さらに自分にあった就職先が見つかるまで、細かな指導をしてくれるなど、就職活動をしっかりバックアップしてくれます。

新宿調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

丁寧に教えてくださり、研修も沢山行かせていただいたからすごいためになったし、資格も取得することができ、今の仕事に役立っています。
先輩後輩の中も良く、先輩からもしっかり教えていただいたし、先生たちとも仲が良く、優しく丁寧に教えいただきました。
実習の道具や、設備はすごい整っていて、よかったです。でも、階段が多く不便なところもあります。
製菓では、フランス留学で100万円は、使いました。 でも、すごい良い経験となりました。
練習の回数が少ないのは致命的だが、志望動機をしっかり見てもらえるし、ポイントを教えてもらえます。就職実績も良い方だと思います。
レストランサービス、バリスタ、介護福祉士、保育士など種類がたくさんあります。聞く話によるとバリスタの資格取得は中々に厳しいらしいです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

自己中心な人が多いです。
駅からは少し遠いように思いますが、道中に様々なお店がありプライベートでも、楽しめると思います。また食に関して身近な教材となりうるとため、好奇心をそそる道となるでしょう。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*