東京スイーツ&カフェ専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

東京スイーツ&カフェ専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
東京スイーツ&カフェ専門学校は学校法人に認可されています。

東京スイーツ&カフェ専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都渋谷区代々木1-56 認可

姉妹校の情報

姉妹校に、札幌スイーツ&カフェ専門学校、仙台スイーツ&カフェ専門学校、東京スイーツ&カフェ専門学校、大宮スイーツ&カフェ専門学校、横浜スイーツ&カフェ専門学校、名古屋スイーツ&カフェ専門学校、東京保育医療秘書専門学校、東京医療秘書福祉専門学校、東京ビューティーアート専門学校、東京ビューティー&ブライダル専門学校、東京こども専門学校、東京リゾート&スポーツ専門学校、東京ウェディング&ブライダル専門学校、東京未来大学、東京墨田看護専門学校、東京未来大学福祉保育専門学校があります。

東京スイーツ&カフェ専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅

東京スイーツ&カフェ専門学校の入試情報

AO入試:面接(AOエントリー時)または作文
高校生推薦入試:書類審査
自己推薦入試:書類審査
一般入試:面接

東京スイーツ&カフェ専門学校のオープンキャンパス情報

東京スイーツ&カフェ専門学校では、オープンキャンパス、スペシャルオープンキャンパス、平日・休日プチオープンキャンパス、入試学費説明会、その他イベントなどが随時開催されています。
オープンキャンパスは、参加無料で、何回でも参加することが出来ます。
オープンキャンパスでは、学校の授業内容をはじめとした学校生かるの説明とAOエントリーや特待生についての説明が受けられ、予約制で個別相談を受けることが出来ます。
スペシャルオープンキャンパスでは、自分だけのオリジナルスイーツを作ることが出来ます。
AO入試希望者は、オープンキャンパス・進学相談会・その他イベントに参加しなければ受験資格が与えられませんので注意が必要です。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

パティシエ専攻|学費:201~300万

概要

パティシエ専攻は、2年間でパティシエを目指す専攻科となっています。
1年次は、各専攻科共通で、製菓・製パン理論・カフェ理論・栄養学・食の原料・材料学など知識を身につけ、製菓製パン基礎実習・カフェビバリッジ基礎実習を通して、スイーツ・パン調理などの技術を身につけます。
2年次は、授業の約95%が実技実習に重点を置いたカリキュラムで、スイーツ240時間・パン120時間・学内店舗実習240時間などの実習を通し、より本格的に技術を高め、基本中の基本である洋菓子レシピの習得以外にも、オリジナルで考えたレシピ作りも出来るパティシエを目指します。
学生だけで開く本格店舗を通して、調理だけでなく、トータル的ににショップ経営を学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

パティシエ専攻 総額258万円
入学金:10万円
授業料:66万円(年額)
施設設備費:26万円(年額)
実習費:32万円(年額)
その他、教材実習費など必要となります。
三幸学園学費サポート制度を利用して選考により特待生に合格すると最大100万円の学費免除を受けることが出来ます。
三幸学園初期費用軽減&学費分割制度も利用できます。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、食品衛生責任者(社団法人東京都食品衛生協会)、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格(国家資格)、製菓衛生師(名称独占国家資格)、色彩検定1〜3級(公益社団法人 色彩検定協会)(文部科学省後援)、フードコーディネーター検定3級(日本フードコーディネーター協会)、サービス接遇検定1~3級(財団法人実務技能検定協会)、ラッピング検定(日本ラッピング協会)があります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社アニバーサリー(Anniversary)、株式会社トランジットジェネラルオフィス(bills)、UCCフードサービスシステムズ、株式会社ウェルカム(DEAN&DELUCA)、株式会社ゼットン(ALOHA TABLE)があります。

カフェフード専攻|学費:201~300万

概要

カフェフード専攻は、2年間でカフェをプロデュースする為に必要な知識の習得が出来る専攻科となっています。
1年次は、各専攻科共通で、製菓・製パン理論・カフェ理論・栄養学・食の原料・材料学などの知識を身につけ、製菓製パン基礎実習・カフェビバリッジ基実習を通して、スイーツ・パン・調理・ドリンクの基礎を身につけることが出来ます。
2年次は、授業の95%が実習メインのカリキュラムとなっており、調理・カフェスイーツ実習240時間・ドリンク実習120時間・学内店舗実習240時間などの実習を通し、将来カフェを運営する上で必要となる様々な知識と技術を学びます。
学生だけで開く本格店舗を通して、オリジナルカフェを考案し実践的に学ぶことが出来ます。

学費詳細・費用

カフェフード専攻 総額258万円
入学金:10万円
授業料:66万円(年額)
施設設備費:26万円(年額)
実習費:32万円(年額)
その他、教材実習費など必要となります。
三幸学園学費サポート制度を利用して選考により特待生に合格すると最大100万円の学費免除を受けることが出来ます。
三幸学園初期費用軽減&学費分割制度も利用できます。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、食品衛生責任者(社団法人東京都食品衛生協会)、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格(国家資格)、サービス接遇検定1~3級(財団法人実務技能検定協会)、色彩検定1〜3級(文部科学省後援)、フードコーディネーター検定2・3級(日本フードコーディネーター協会)、ラッピング検定、製菓衛生師(名称独占国家資格)などがあります。

就職・内定先の実績

就職実績に、株式会社ノバレーゼ、株式会社エースイーツハウス(サダハル・アオキ)、株式会社プリオコーポレーション、株式会社ドロキア・オラシイタ、イオンベーカリー株式会社、株式会社ヒポポ(パティスリーカカオエットパリ)、株式会社アンデルセンなどがあります。

スイーツカフェビジネス専攻|学費:201~300万

概要

スイーツカフェビジネス専攻は、2年間で、将来、自分のオリジナルの店をプロデュースするために必要な知識の習得が出来る専攻科となっています。
1年次は、各専攻科共通で、製菓・製パン理論・カフェ理論・栄養学・食の原料・材料学などの知識と、製菓製パン基礎実習・カフェビバリッジ基実習を通して、スイーツ・パン・調理・ドリンクの基礎技術を身につけることが出来ます。
2年次は、有給企業インターンシップと学内店舗実習・’トレンド実習を通し、実践力を身につけることが出来ます。
有給企業インターンシップは、単位になるだけでなく、給料を得ることが出来るので、約費や将来の開業資金に充てることが出来ます。
最大100万円の独立開業支援制度もあるので、将来、店舗経営や独立開業を考えている人にぴったりの専攻科となっています。

学費詳細・費用

スイーツカフェビジネス専攻 総額248万円
入学金:10万円
授業料:66万円(年額)
施設設備費:26万円(年額)
実習費:32万円(年額)
その他、教材実習費など必要となります。
三幸学園学費サポート制度を利用して選考により特待生に合格すると最大100万円の学費免除を受けることが出来ます。
三幸学園初期費用軽減&学費分割制度も利用できます。

取得可能な資格一覧

取得できる資格に、食品衛生責任者(社団法人東京都食品衛生協会)、菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格(国家資格)、製菓衛生師(名称独占国家資格)※要実務経験、色彩検定1〜3級(公益社団法人 色彩検定協会)(文部科学省後援)、フードコーディネーター検定3級(日本フードコーディネーター協会)、サービス接遇検定1~3級(財団法人実務技能検定協会)、ラッピング検定(日本ラッピング協会)があります。

就職・内定先の実績

カフェ・カンパニー株式会社、株式会社フォーシーズ、株式会社ダイヤモンドダイニング、株式会社バルニバービ、株式会社ワイズテーブルコーポレーション、株式会社RYコーポレーション

東京スイーツ&カフェ専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

店舗実習があり一般のお客様に料理を提供しお金をもらうのでとても勉強になります。
週に5日のうち4日は実習があるのでたくさん料理を学べます。
普段の実習も多く、店舗実習も実際に販売をする機会もあり良い経験になった。
第一線で活躍する方が講師として在籍しており、特別講師として教えに来てくれる事もあったのでとても充実した授業内容でした。
先生たちが本当に優しくてとても楽しかったです。
交友関係も広げられて良かったです。
イベントや行事なども沢山あって思い出に残りました。
少しでも遅刻しそうだったり、単位が危ない時には先生が、直接メールをくれ、そんなにも親身になってくれる学校は他にはないです。
放課後や休みの日でも成長のために練習には付き合ってくれる先生たちがいます。
作ったものを自分たちで食べてみて感じたことをレポートにしたりして、振り返ることもできるし、それをふまえ改善策を考えまた取り組むこともできます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

誰でも取れるような資格しかないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*