武蔵野調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

武蔵野調理師専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
武蔵野調理師専門学校は学校法人に認可されています。

武蔵野調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都豊島区南池袋3-12-5 認可

姉妹校の情報

姉妹校として武蔵野ファッションカレッジ、武蔵野栄養専門学校、武蔵丘短期大学があります。

武蔵野調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR線池袋駅/東武東上線池袋駅/西武池袋線池袋駅/東京メトロ丸ノ内線池袋駅/東京メトロ有楽町線池袋駅/副都心線池袋駅

武蔵野調理師専門学校の入試情報

AO入学:面談、書類選考
キャリア入学:書類選考
高等学校推薦入学:書類選考
自己推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考

武蔵野調理師専門学校のオープンキャンパス情報

武蔵野調理師専門学校では学園祭タイプのオープンキャンパスがあります。
卒業生などの学校と関係の深い調理・製菓業界を代表する4名の一流料理人たちが目の前で調理の調技術を披露する調理デモンストレーションや在校生がグループごとに人に魅せる料理を調理し、その腕を競い合う調理作品展を開催されており、実際に入学したら身に付く技術を目の当たりにすることができます。
また、学園祭とは別に体験実習も行われており、好みのジャンル1つに絞って受講できるイベントがあります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

高度調理経営科|学費:201~300万

概要

調理全般の基礎知識と必要な技術を身につけ、調理師免許を取得できます。
それだけでなく経営学やサービス論、フランス語学など将来自分のお店を持つ際に活きる幅広い知識も習得できます。
未来の外食産業界を担う指導者や経営者をめざす為の学科になります。
西洋料理専攻か日本料理専攻いずれかに分かれ、より高度な知識と技術を学ぶカリキュラムです。
一流ホテルでの校外研修が実施され、調理現場を実際に体験することで実践力を培います。
ほかにも数々の研修制度を設けている為、実践力はかなり身に付きます。
メニュープランニング、税務会計、レストランプロデュース等々の知識も学びます。
賞味会と呼ばれる、生徒の保護者を招いて、西洋のコース料理か日本食の懐石料理を提供し、学習の成果と保護者への感謝の気持ちを伝えるプログラムもあります。
入学後から就職活動を積極的に行うので、将来に向けての意識が高まります。
学校主催の就活セミナーでは約40社の人事担当者を招いて行われます。

学費詳細・費用

高度調理経営科 総額285万円
入学金:20万円
授業料:123万円
実習費:40万円
施設設備費:33万円
維持費:20万円
教材費等:49万円

取得可能な資格一覧

卒業時に調理師免許、衛生専門課程と食品技術管理の専門士の称号が得られます。
また、卒業までにフードコーディネーター3級、フードアナリスト4級・3級、商業簿記3級、税務会計能力検定3級、調理師養成施設助手、食育インストラクターの資格取得を目標とします。

就職・内定先の実績

帝国ホテル東京、グランドハイアット東京、ホテルオークラ東京、ホテルニューオータニ東京、ハイアットリージェンシー東京、パ一クハイアット東京、ウェスティンホテル東京、明治記念館調理室、八芳園、東京會舘、ビストロ ヒロ、ラトリエドゥジョエ ル・ロブ ション、レザンファンギャテなどの就職実績があります。

ダブルプログラム科|学費:301~400万

概要

日本料理、西洋料理、製菓、製パン、中国料理などを全体的に学び、2年間で調理師免許を取得することを目標に学習します。
2年生では製菓と製パンの実習が大半を占めるので、実践重視の指導が行われています。
そのほかにも幅広い授業により生徒の感性を高めて、高い技術と優れた知識を兼ね備えた製菓技術者を育成することに力をいれています。
野菜ソムリエやフードコーディネーターの資格取得も目指すことができます。
本格的な調理の技術と製菓・製パンの知識や技術をたくさん学び、卒業時には調理師免許を取得することができる学科です。
製菓・製パン実習やカフェ演習が2年の授業全体の70%を占めており、本格的な技術を身につけられるので、カフェやレストランで働きたい人にもおすすめになります。
実践的な授業として学内での販売実習を行い、販売する商品の製造から材料の原価を考慮した価格の設定までを個人で行い、販売者として総合力を身につけることができます。

学費詳細・費用

ダブルプログラム科 総額325万円
入学金:20万円
授業料:121万円
実習費:74万円
施設設備費:37万円
維持費:20万円
教材費等:53万円

取得可能な資格一覧

卒業時には衛生専門課程の専門士の称号、調理師免許、食品技術管理専門士の称号とフードコーディネーター3級、野菜ソムリエの資格を取得します。
その他、調理師養成施設助手や食育インストラクター、色彩検定3級、フードアナリスト4級・3級の取得を目標として学習します。

就職・内定先の実績

山の上ホテル、(株)阪急阪神ホテルズ、浅草ビューホテル、リーガロイヤルホテル東京、芝パークホテル、(株)東武ホテルマネジメント、シェラトン都ホテル東京、銀座和光本店、菓子工房レガール、成城風月堂、新宿高野、うかい竹亭、つきじ治作、分とく山などの実績があります。

調理師科|学費:101~200万

概要

いち早く調理師免許を取得し、即戦力としてすぐに外食産業界で活躍することを目標とした方のための1年で取得できる最短コースです。
日本料理や西洋料理、中国料理、製菓・製パンといったすべての調理基礎を実習と講義を通して学びながら、9月からは基本実習と同時進行で、希望する料理のコースを専攻し、より高度な技術と知識を習得します。
1年を使っての効率的な調理師免許の取得方法です。
すぐにプロの調理人として活躍したい方に多数選ばれている学科です。
かなりの短期間で数々のジャンルや料理の基礎を総合的に学ぶことができるので、調理師としての基礎技術や知識が身につきます。
基本だけでなく、日本、フレンチやイタリアン)といった西洋、中国、製菓・製パンの料理分野を1つ専攻することで、その分野をより専門的に深く学ぶことができます。
学園祭では卒業制作展において、学生生活の集大成として調理作品の展示と模擬店での商品販売を実施しており、この経験から社会へ出る前の自信へとつなげます。
入学当初から就職対策をスタートするので、時間をかけて情報収集から面接練習ができます。
しっかりと対策を取る為、初めての就職活動でも自信をもって取り組むことができます。

学費詳細・費用

調理師科 総額168万円
入学金:20万円
授業料:61万円
実習費:32万円
施設設備費:15万円
維持費:10万円
教材費等:30万円

取得可能な資格一覧

卒業時には調理師免許、食育インストラクター、フードアナリスト4級・3級の取得をします。

就職・内定先の実績

ロイヤルパ一クホテル、京王プラザホテル、プリンスホテル、マンダリンオリエンタル東京、ザ・ペニンシュラ東京、東海大学校友会館、氷川会館、リゾートトラスト(株)、ソンブルイユ、フレンチレストランフィガロ、ブラッスリール・リオン、ビストロ オザミ、イクスピアリ、(株)オリエンタルランド、キッチンニューほしのなどの実績があります。

武蔵野調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

入学してから、和食や洋食、中華など様々なジャンルの料理が勉強できます。
料理の知識だったり調理の技術だったり多くのことを身につけることができます。
2年次には焼き菓子や生菓子などのスイーツ類も勉強できるので、幅広い技術を必要とする職につきたい人やそのような夢をもっている方にはぴったりの学校です。
池袋駅が最寄りなのでどの線からもアクセスしやすく、駅の周辺にはお店やレストランなどなんでもあるので放課後は遊んで帰ったり買い物したりできてすごく良いです。
1人につき一台の調理場があるので、先生のデモンストレーションを見ながらとてもわかりやすく教えてくれます。
広い空間で手元が見えると真似しやすいです。
担任の先生はとても親身になって就職をサポートしてくれます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

担任制の為、対応が良い先生と悪い先生がはっきりと分かれます。
やる気を見せて調理がやりたいという気持ちが伝わればしっかり力になってくれる方もいるので自分次第な部分もあります。
調理の専門学校にしては他と比べると少し高いです。
学費を考えるとそれなりの設備や指導です。
学校での座学の授業は現役を引退されたような高齢の方が多いので話が矛盾した先生がいたり、とても眠かったりします。
この学校ではあいさつや返事の教育を徹底的にしており、研修があるほどかなり厳しいです。
入学して驚いたことは意外と本気で調理師を目指して入学している人が少ないことです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*