武蔵野栄養専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

武蔵野栄養専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
武蔵野栄養専門学校は学校法人に認可されています。

武蔵野栄養専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都豊島区南池袋3-12-5 認可

姉妹校の情報

武蔵野栄養専門学校の姉妹校として武蔵野調理師専門学校、武蔵野ファッションカレッジがあり、グループ校として武蔵丘短期大学があります。

武蔵野栄養専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR池袋駅

武蔵野栄養専門学校の入試情報

AO入学:面談、書類選考
推薦入学:書類選考
一般入学:書類選考
キャリア入学:書類選考

武蔵野栄養専門学校のオープンキャンパス情報

武蔵野栄養専門学校のオープンキャンパスは充実しており、毎月のように開催されています。
また、特徴的なのが夜間開催のミニ体験入学プランも用意されており、社会人の方や日中家事や育児に忙しい方でも参加しやすい配慮がされています。
通常行われているオープンキャンパスは一日体験入学という形で行われ、最初に学校説明を通じ、栄養士の仕事や就職先情報、カリキュラムについて案内されます。
その後、実際に調理実習を行い、試食を兼ねたランチ会を行いますが、ここで先生方や在校生とのコミュニケーションが取れますので、実際の学校生活について触れる事も可能です。
ランチ終了後は学内案内と、その後は希望者は個人相談を受け付けていますので不明点や不安な事があればそこで個別に解決する事が可能となっています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

栄養科|学費:301~400万

概要

武蔵野栄養専門学校では栄養士として必要な知識、技術を基礎からしっかりと身に付けつつも、社会人としてのマナー、コミュニケーション能力を育成するようなカリキュラムが組まれています。
さらに卒業後の長い人生の中での様々な課題解決力も育成し、高い人間力を持った学生が育成されています。
授業は講義・演習と、それを体験、検証する実習、研究で構成されています。
基礎分野、専門分野に分け、1年次は基礎分野を多めに、2年次からは専門分野中心のカリキュラムへと変遷していきます。
大きな特徴として2年次からは4つの選択コースが用意されている事が挙げられます。
病院福祉栄養コース、チャイルドニュートリメントコース、クックトレーニングコース、そして2020年から新設されたスポーツ栄養コースです。
それぞれ医療福祉を目指したい方、給食を通じた食育を学びたい方、より調理や献立作成能力を高めたい方、スポーツ選手をサポートしたい方といった、学生一人一人の夢や目標に応じたコース選択が可能となっています。
いずれのコースを選んだとしても最終的に栄養士の資格は取得可能です。
栄養士の上位資格となる管理栄養士の資格取得にも積極的に支援しており、当該資格が受験資格取得に実務経験が必要な事を見越し、在学中から専門科目の授業を行っています。
さらに卒業後も有料ではありますが受験対策講座を開催しており、資格取得まで手厚いサポートが用意されています。
就職にもとても強く、求人が途絶えない事こそが現場で活躍出来る実力を身に付けてられている証左とも言えるでしょう。
在学中から卒業後までのキャリア形成をしっかりと考えてくれているのが武蔵野栄養専門学校の大きな魅力です。

学費詳細・費用

栄養科 総額306万円
入学金:20万円
在学期間学費:232万円
教材費等:54万円

取得可能な資格一覧

卒業と同時に国家資格である栄養士が取得出来るようになっています。
ただ、武蔵野栄養専門学校では単に栄養士を養成する事だけを目的はしておらず、その上位資格である管理栄養士の資格取得を目指すカリキュラムが組まれています。
管理栄養士になるのには栄養士取得後、実務経験が3年以上必要となりますが、在学中の時点で管理栄養士に必要な専門科目の授業が実施されています。
さらに卒業後も管理栄養士国家試験受験準備講座があり、こちらは実務に影響が出ないよう毎年秋頃から土日祝日に集中開催されており、大きな力となっています。
一般社団法人全国栄養士養成施設協会主催の栄養士実力認定試験も全員受験しており、それに対する対策講座も実施されています。
認定A以上で食育栄養インストラクター資格認定が与えられますので、実力を客観的に証明する手段として有効でしょう。
他にもフードコーディネーター3級、NR・サプリメントアドバイザー、フードアナリスト、介護職員初任者といった資格及び受験資格も取得可能となっています。

就職・内定先の実績

栄養士が必要とされる職場は数多く、また武蔵野栄養専門学校の立地やコネクションから就職先は多岐に渡り、実際に卒業生は多種多様な現場で高い評価を得ています。
そうした好循環の結果、受託給食、福祉施設、病院、保育園、食品開発、ケータリング提供、調理といった幅広い分野での内定が出ています。
シダックス株式会社、日本給食株式会社といった受託給食企業は民間企業及び、自治体から委託されるような企業への内定が出ています。
医療法人IMSグループや社会福祉法人埼玉福祉事業協会といった病院や福祉施設、あいみーキッズ株式会社、株式会社こどもの森といった保育園施設での給食業務に就く方も多いです。
そうした給食業務以外ではドトールコーヒーグループや、ワタミグループ等のような民間企業での食品開発分野での内定が出ている方もおり、食品を扱うプロとして株式会社そごう西武のようなデパート業態から内定が出るケースもあります。
それぞれの分野で即戦力として活躍出来る証として、様々な企業からの求人が継続的に出ているのだと言えるでしょう。

武蔵野栄養専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「就職率や求人数も多く、就職サポートももしっかりしていていいと思います。授業も一年の段階で実習が週四回であったりするので知識だけでなく実践能力も身につけられるのでいいと思います。」
「栄養士で行こうとおもってましたが、環境も良くて、先生も良い方が多いから、管理栄養士目指す子がとても多いです。」
「2年次に行われる実力認定試験に向けて1年生の時から対策が時間割に組み込まれています。」
「座学と実習があり、実習は一年の前期で週二回あります。 実習は調理実習と調理理論実習というものがあり、調理実習では基本的な切り方の練習から中華料理、和食、フレンチなどを作ったり楽しみつつ学べます。 一年の後期にある大量給食の授業も現場に出ても大丈夫なくらいの実力をつけるための授業で、1回で400食も作るのでいい経験になります。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「実技試験の時に使用できる器具やガス台の数、調理台のスペースが生徒によって違います。 1人1つの献立を時間内に完成させなければならないのに4人で3つのガス台しか使えないところもあれば1人1つ使えるところもあったりします。 器具も少なく早い者勝ち。 でも制限時間は同じため進みに差が出てしまうケースがあります。」
「学費は少し高めでさらに資格や授業を取るとなるとさらにプラスお金がかかるので学費に関しては少し高いかなって感じです。」
「施設が古いです。 10階建てなのに小さいエレベーターが2機で不便です。 給食がありとても助かりますが、混雑しており、並びます」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*