織田調理師専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

織田調理師専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
織田調理師専門学校は学校法人に認可されています。

織田調理師専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都中野区中野5-30-6 認可

姉妹校の情報

姉妹校として織田ファッション専門学校、織田きもの専門学校、織田製菓専門学校、織田栄養専門学校があります。

織田調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR中央・総武線、東京メトロ東西線中野駅北口徒歩3分

織田調理師専門学校の入試情報

指定校推薦入学(調理技術経営学科・調理製菓製パン科):書類選考・面接
指定校推薦入学(調理師科):書類選考
学校推薦入学(調理技術経営学科・調理製菓製パン科):書類選考・面接
学校推薦入学(調理師科):書類選考
キャリア入学:書類選考・面接
一般入学(調理技術経営学科・調理製菓製パン科):書類選考・面接
一般入学(調理師科):書類選考・面接

織田調理師専門学校のオープンキャンパス情報

実習メニューに合わせた簡単な講義で知識の向上につながりますし、豊富なメニューを準備しており参加する度に発見があります。
友人や保護者との参加も可能であり、何度でも参加可能です。
西洋料理実習、日本料理実習、中国料理実習、製パン実習、製菓実習、氷細工デモなどメジャーな料理を実習メニューに網羅しています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理師技術経営学科|学費:201~300万

概要

1年次には基本技術を的確に身に付け、2年次には「専門調理実習」やレストランやホテル等の実際の職場で1ヶ月の期間「専門店校外実習」を通して、実社会に役立つ高度な技術を身に付けます。
経営者やマネージャーを将来目指し、料飲サービスや経営管理、マーケティング、コンピュータ実習や英会話等の経営的な科目もあります。
日常で食品として買っている豆腐やそば、かまぼこ、ウィンナーなどを素材からの加工、保存するスキルを「食品加工学実習」で学びます。

学費詳細・費用

調理師技術経営学科 総額282万円
入学金:15万円
授業料:120万円
教育充実費:46万円
実習費:70万円
学習費:18万円
学習用具購入費(2019年度参考):13万円

取得可能な資格一覧

卒業によって調理師免許、食品衛生責任者、食品技術管理専門士、専門士、専門調理師、食育インストラクター(任意取得)、ラッピングクリエーター、カフェクリエーター(任意取得)、キュイジーヌ&バンケットコーディネーター(任意取得)を取得できます。

就職・内定先の実績

赤坂ひかわ、あさば、味の田や、味わい屋、あと村、かに道楽、さくら亭、月亭、ねぎしフードサービス、文商事、アークヒルズクラブ、アカシア、アクアプランネット、アラスカ、アルピーノ、アンカシェット、オリエンタルランド、コックドール、ステーキ塩澤、赤坂飯店、海苑、黒龍、四川亭、美虎、横浜桂林、エーデルワイス、銀座コージーコーナー、京王食品、ノンピ、ポトマック、ウェスティンホテル東京、国際観光、グランドハイアット東京などの就職先があります。

調理製菓製パン科|学費:201~300万

概要

レストランのメニューにあるコース料理やプレートのデザートや合っているバゲット等のパンから、街角のお店で販売されるスイーツや食パンまでの幅広い製パン・成果を学びます。
製菓製パンだけを学ぶのではなく、調理師免許も2年間を通じて取得できます。
和洋中、製菓の基本的なテクニックと、栄養学や調理理論といった資格取得に必要な知識も習得できます。
また、経営学や集団調理実習などもあり、カリキュラムは充実しています。
製菓製パン実習・調理実習・校外実習すべて合算して2年間で約800時間にも及ぶ実習により、技術が確実に身に付きます。
コンピュータ操作、店舗ディスプレイ、ラッピング(パケガトー)など、実社会で必要とされる技術や知識を習得します。

学費詳細・費用

調理製菓製パン科 総額288万円
入学金:15万円
授業料120万円
教育充実費:46万円
実習費:74万円
学習費:18万円
学習用具購入費:15万円

取得可能な資格一覧

卒業によって調理師免許、食品衛生責任者、食品技術管理専門士、専門士、専門調理師、食育インストラクター(任意取得)、ラッピングクリエーター、カフェクリエーター(任意取得)、キュイジーヌ&バンケットコーディネーター(任意取得)を取得できます。

就職・内定先の実績

赤坂ひかわ、あさば、味の田や、味わい屋、あと村、かに道楽、さくら亭、月亭、ねぎしフードサービス、文商事、アークヒルズクラブ、アカシア、アクアプランネット、アラスカ、アルピーノ、アンカシェット、オリエンタルランド、コックドール、ステーキ塩澤、赤坂飯店、海苑、黒龍、四川亭、美虎、横浜桂林、エーデルワイス、銀座コージーコーナー、京王食品、ノンピ、ポトマック、ウェスティンホテル東京、国際観光、グランドハイアット東京などの就職先があります。

調理師科|学費:101~200万

概要

包丁の研ぎ方、持ち方をはじめ、レストランやホテル等のプロの現場を実体験できる「専門店校外実習」といった、確実にテクニックを習得できる実習中心の授業展開をしています。
和洋中のそれぞれの料理とデザートをバラエティに富んだカリキュラムで習得でき、応用力を育てると同時に、将来の就職の幅を広く検討することができます。
近年は安定した就職先として事業職や学校などの給食を目指す人が増加しており、織田調理師専門学校ではそういった要望に対応すべく「集団調理実習」を組み入れたカリキュラム、大量調理の実体験を可能としています。

学費詳細・費用

調理師科 総額139万円
入学金:15万円
授業料59万円
教育充実費:22万円
実習費:34万円
学習費:9万円

取得可能な資格一覧

卒業によって調理師免許、食品衛生責任者、食育インストラクター、専門調理師を取得できます。

就職・内定先の実績

赤坂ひかわ、あさば、味の田や、味わい屋、あと村、かに道楽、さくら亭、月亭、ねぎしフードサービス、文商事、アークヒルズクラブ、アカシア、アクアプランネット、アラスカ、アルピーノ、アンカシェット、オリエンタルランド、コックドール、ステーキ塩澤、赤坂飯店、海苑、黒龍、四川亭、美虎、横浜桂林、エーデルワイス、銀座コージーコーナー、京王食品、ノンピ、ポトマック、ウェスティンホテル東京、国際観光、グランドハイアット東京などの就職先があります。

織田調理師専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

週4回という豊富な回数の実習があり、1年では和洋中、2年では製菓製パンを学べるので、やりたいこととつながっていたことからやりがいがありました。
卒業によって調理師免許を取得できますし、就職先についても豊富で魅力的です。
卒業後でも就職のサポートを対応良く親切にしていただいたので良かったです。
最寄り駅から5分程度ですし、施設や設備、器具は綺麗ですし、最新のものが多いです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

調理師免許以外の取りたい資格については対策する授業を実施されていないため、若干物足りなかったです。
自分で考えながら学んでいきたいタイプの人には向いていないような気がしたけれど、わからないことについては丁寧に教えてくれるので、きちんと指導を受けたいタイプの人には向いていると思います。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*