東京栄養専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-01-30

         

東京栄養専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
東京栄養専門学校は学校法人に認可されています。

東京栄養専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都新宿区西新宿6-11-11 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

東京栄養専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ西新宿駅

東京栄養専門学校の入試情報

一般入学:現在調査中
自己推薦入学:現在調査中
紹介者推薦入学:現在調査中

東京栄養専門学校のオープンキャンパス情報

東京栄養専門学校のオープンキャンパスは、自由参加であり、申し込み不要、参加費については無料となっています。
スケジュールでは学校生活や就職、授業・定期試験、質疑応答などの学校説明、施設見学、また希望者には個別相談を実施しています。
参加特典では、当該年度に限り、検定料と面接の免除の対象になります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

学部やコースはありません|学費:201~300万

概要

授業では、厚生労働省に従い指定されたカリキュラムを、専門分野6つについて学習します。
学習目標として、社会生活と健康では、社会や健康と環境との関りを理解し、医療・保険・介護・福祉システムの概要について習得することを目指します。
人体の構造と機能では、食事、休養、運動といった基本的生活活動、また環境変化に、人体がどのように適応しているかについて学習します。
食品と衛星では、食品に含まれている各種成分が持っている特性を調べ、食品の安全性の重要性を確認し、衛生管理について学習します。
栄養と健康では、栄養の意義と栄養素が持つ大社や生理的意義を学び、性別や年齢、健康状態や生活などのライフステージにおける食事療法の基本を習得することを目的とします。
栄養の指導では、個人や集団、また地域レベルにおける栄養指導の役割や、栄養に関連した各種統計データについて学び、栄養指導の基本的な方法を修得することを目的とします。
給食の運営では、食事の計画、また給食サービス提供に関連した技術を身に付けることを目的とします。
時間割の例では、月曜日は臨床栄養学、調理学、生化学実験、火曜日は生化学、生化学、公衆栄養学、栄養学実習、水曜日は保健、臨床栄養学、食品衛生学、給食管理実習演習、木曜日は運動生理学、社会福祉、社会福祉、専門調理実習、金曜日は栄養指導論、給食管理、食料経済、食品化学実験、土曜日は薬膳特講(講義)、薬膳特講(実技)、などとなっています。
調理実習では、中国料理、西洋料理、日本料理、を2年間におよぶ期間で専門の教員から学びます。
実験では、食品化学実験・食品衛生学実験、生化学実験、によって講義で身に付けた知識への理解を深め、科学的思考を育てます。
給食管理実習では、校内や校外で実施する実習によって、給食管理を包括的に学習し、校内では大量調理、校外では病院や事業所、保育園、高齢者施設の場で実践的な技術を学びます、
栄養学実習・臨床栄養学実習では、病態やライフステージに応じた献立作成や調理を、介護施設や医療機関で求められる食事療法について学習します。
食品加工学実習では、食品の加工原理や保存といった基本的な食品加工の知識を講義を通じて学習し、うどん、パン、ソーセージ、豆腐などの製造実習に参加することで理解を高めます。
栄養指導では、栄養指導において求められる知識や栄養指導の方法の基本を学び、演習や講義を通じて、栄養指導の実践力を身に付けることを目標とします。
キャンパスライフでは、1年生4月に入学式、歓迎会、7月には定期試験、8月中旬から9月中旬は夏休みと体育実習、11月には給食管理実習、12月下旬から1月上旬まで冬休み、2月には定期試験と給食管理実習、2月中旬から3月下旬までは春休み、2年生の5月は給食管理実習、6月は試食会、7月は定期試験、8月上旬から9月下旬までは夏休みと給食管理実習、10月は給食管理実習と試食会、11月は給食管理実習、12月は試食会と栄養士実力認定試験、12月下旬から1月上旬まで冬休み、2月は定期試験、2月中旬から3月までは春休み、3月は送別会と卒業式、となっています。
特別講習では、薬膳資格講習によって、薬膳アドバイザー、中医薬膳指導員、を目指すことが出来ます。
試食会では、和洋中をそれぞれのレストランでコース料理をいただき、マナーや作法を身に付けることができます。
卒業生講演会では、毎年1回、卒業生が、卒業や在校生、教職員に講演を行っていただけます。

学費詳細・費用

東京栄養専門学校 総額220万円 
入学金:16万円
授業料:100万円
実験実習費:46万円
施設費:30万円
その他:28万円

取得可能な資格一覧

卒業とによって、専門士(衛生専門課程)、栄養士、薬膳アドバイザー(日本中医食養学会)、食育栄養インストラクター、中医薬指導員(日本中医食養学会)受験資格、を取得できます。

就職・内定先の実績

栄養士として目指せる就職先として、病院、福祉施設(高齢者福祉施設、障害者福祉施設など)、保育園、給食会社(社員食堂、病院、福祉施設、学校など)、食品会社(開発、管理、製造、販売など)、専門学校職員(栄養士養成校など)、公務員(小学校、中学校、保健所、公立病院)、エステティックサロン、スポーツクラブ、ドラッグストア、サプリメント会社、大学編入、などがあります。

東京栄養専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

「プロの講師による授業は質の良く、ためになりました。」
「校舎は新しく、設備も充実しています。」
「実習に重点を置いているため、調理の技術も身に付きます。」
「就職率はほぼ100%です。」
「就職のサポートに力を入れており、内定をスムーズにいただけました。」
「卒業によって栄養士資格を取得できます。」
「学費は他校と比較して非常に安いと思いました。」

口コミ元

ネガティブな口コミ

「入学したうちの2割程度は途中で退学をされていました。」
「生徒はエレベーターを使えませんでした。」
「更衣室が狭かったので、男子は廊下で着替えさせられるということもありました。」
「生徒が掃除を当番制でやっていました。」
「補講や追試、再履修によって、追加の費用が発生します。」
「休職実習室がありますが、生徒はそこでほとんど食事ができません。」
「購買や学食はありません。」

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*