山手調理製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

山手調理製菓専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
山手調理製菓専門学校は学校法人に認可されています。

山手調理製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都渋谷区円山町28-5 認可

姉妹校の情報

姉妹校として大阪調理製菓専門学校があります。

山手調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR・東京メトロ銀座線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩約8分/東京メトロ半蔵門線・副都心線・東急東横線・田園都市線「渋谷駅」1番出口より徒歩約6分/京王井の頭線「渋谷駅」アベニュー口より徒歩約6分

山手調理製菓専門学校の入試情報

一般入試:面接、作文
推薦入試/自己推薦:面接、作文
AO入試:書類審査、面接、作文
指定校推薦:書類審査

山手調理製菓専門学校のオープンキャンパス情報

山手調理製菓専門学校のオープンキャンパスは、土日祝日が中心で、ほぼ毎週の頻度で開催されています。
オープンキャンパス当日は、学校説明からはじまり、実際に調理を体験し、試食もできるイベントになっています。
体験活動後には個別の相談も行っています。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

調理総合学科|学費:301~400万

概要

調理総合学科は2年制のカリキュラムとなります。
他の調理専門学校では、西洋料理に特化したコース、日本料理に特化したコースと分化する傾向にありますが、山手調理製菓専門学校では、コースの分化はなく、和洋中幅広く調理する技術を身につけてゆきます。
1年次には調理技術の基礎を学び、2年次になるとフルタイムでの実習を受けることになります。
フルタイムの実習では、実際の店舗の営業時間をシミュレートした実習で、単に調理するだけでなく、店舗営業の時間感覚も養ってゆきます。
海外での研修あり、フランス本場のショコラティエによる自実習や、ドイツの伝統ベーカリーでのパンの精製、といった研修実績があります。

学費詳細・費用

調理総合学科 総額360万円
入学金:25万円
授業料:152万円
実習費:163万円
施設管理費:20万円

取得可能な資格一覧

調理師免許証、食育インストラクター、フードコーディネーターなどといった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

ホテルの厨房、日本料理店、洋食店、中華料理店、ブライダルシェフ、パン工房、など幅広いフィールドで採用されています。ザ・リッツ・カールトン、セント レジス ホテル大阪、帝国ホテル、ホテルモントレ ラ・スール大阪、ホテルニューオータニ、菊乃井、陶泉 御所坊、咲蔵、串の坊、かな泉、ル・ポンドシェル、エプバンタイユ、レストラン・シャンソニエ、ボンヴィラージュ・オゼ、フレンチレストラン リュミエール、といった採用実績があります。

製菓総合学科|学費:301~400万

概要

製菓総合学科は2年制のカリキュラムとなります。
1年次には前後期とおして、洋菓子和菓子製パンの技術をまなび、後期にはパティシエ専攻とブーランジェ専攻に分化します。
2年次には、製菓衛生士の資格取得に向けた授業や、より発展的な製菓の技術を身につける実習があります。
フランス、ベルギーでの海外研修もあり、高級ショコラトリーやフランス名門料理学校での本場の実習を経験することができます。

学費詳細・費用

製菓総合学科 総額347万3千円
入学金:25万円
授業料:152万円
実習費:150万3千円
施設管理費:20万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師、食育指導士、色彩検定、レストランサービス技能検定、実用フランス語検定、フードコーディネーター、パティスリーラッピング検定、といった資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

製菓店やカフェが主な就職先となります。パティシエエスコヤマ、パティスリー モンシェール、クラブハリエ、マダムシンコ、オペレーションファクトリー、アンリ・シャルパンティエ、パティスリー リッチフィールド、トゥース・トゥース、シャ・ノワール、アンブローシア、ジャンルプラン、フランシーズ、T.YOKOGAWA、ミルフィーユ、パティスリーハンス、といった採用実績があります。

調理師科|学費:201~300万

概要

調理師科は1年間のカリキュラムとなります。
1年間のなかで、和洋中、総合料理といった幅広く料理を制作する技術を身につけます。
1人1工程と呼ばれる、料理の全工程を自分1人で行う実習もあれば、3~5人で2、3品つくるグループでの実習もあります。
1人1人の能力にあった、チェックテストも実施され、実習での内容が身についているかどうかのチェックもおこなってくれます。
当校附属のレストランにおいて、直接お客様に料理を提供したり、接客サービスをおこなったりする実習もあります。

学費詳細・費用

調理師科 総額181万円
入学金:25万円
授業料:76万円
実習費:70万千円
施設管理費:10万円

取得可能な資格一覧

調理師免許証、食育インストラクター、フードコーディネーターなどといった資格をしゅとくすることができます。

就職・内定先の実績

ホテルの厨房、日本料理店、洋食店、中華料理店、ブライダルシェフ、パン工房、など幅広いフィールドで採用されています。ザ・リッツ・カールトン、セント レジス ホテル大阪、帝国ホテル、ホテルモントレ ラ・スール大阪、ホテルニューオータニ、菊乃井、陶泉 御所坊、咲蔵、串の坊、かな泉、ル・ポンドシェル、エプバンタイユ、レストラン・シャンソニエ、ボンヴィラージュ・オゼ、フレンチレストラン リュミエール、といった採用実績があります。

山手調理製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

調理や製菓の実習量が多いので、料理の腕前が上がった実感がわきます。
給食や企業食堂向けの大量調理の実習もあるので、クラスのみんなと協力するのでチームワークの大切さを実感できます。
就職活動に関しては、調理の現場出身の先生が多くてためになるアドバイスをくれます。
学校の実習は現場を意識しているので、インターシップが上手くいきます。
調理の技術だけでなく、ためになる座学もあり、理論も学べます。
授業では1人1人チェックテストをしてくれるので、自分の苦手なところを意識できて、すぐに改善できます。
校舎がとてもきれいで、内装があかるくおしゃれな雰囲気です。
まわりが将来の夢に向かって頑張っている人たちばかりなので、自分もがんばれます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

せっかくいい先生が多いのですが、すぐに辞めて変わってしまいます。
職員室から罵声が聞こえてきて、見てみたら先生がパワハラを食らっています。
授業はいきなり先生がこないときがあります。
授業の教室が唐突に変わるときがしょっちゅうあって不便です。
校舎は下水の臭いがくさいです。
授業時間が少ない割に学費は高いです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*