国際製菓専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

国際製菓専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
国際製菓専門学校は学校法人に認可されています。

国際製菓専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都立川市曙町1-32-1 認可

姉妹校の情報

姉妹校については現在調査中です。

国際製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

多摩モノレール立川北駅

国際製菓専門学校の入試情報

AO入学:書類選考、面接
自己推薦入試:書類選考、面接
一般入学:書類選考、面接

国際製菓専門学校のオープンキャンパス情報

国際製菓専門学校のオープンキャンパスは本格的な洋菓子や製パン、和菓子作りを通して学校の雰囲気や授業の内容を体験して確認することができます。
オープンキャンパスにはビギナーズコースとステップアップコースの2つがあり、ビギナーズコースでは在校生が1テーブルに1人ついて丁寧にサポートしてくれ、ステップアップコースでは製菓や製パン業界で活躍している講師から学ぶことのできるコースで在校生のサポートがなくややハードルを挙げた内容を体験することの出来るコースです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

製菓総合専門士科|学費:301~400万

概要

製菓総合専門士科は2年制の学科です。
製菓総合専門士科ではグローバルに活躍することのできる技術と知識を身につけることの出来る学科で、在学中に製菓衛生師の資格取得を目指して2年次には全員がヨーロッパへ研修に行くことができます。
製菓総合専門士科の特徴としては、在学中に国家資格である製菓衛生師の免許取得ができ、お菓子作りを総合的に学ぶことのできる一般教養、実習、専門科目と云った構成になっています。
また2年次には全員が必修でヨーロッパへ研修に行き、プロから洋菓子、製パン、和菓子について学ぶことができ、校内カフェで現場さながらの販売実習を行うことができます。
そしてシュガーアートなどのデコレーションの実習やセンスを磨くことのできるフラワーデザイン、デザイン、陶芸など芸術系の授業を受けることができるという7つの特徴があります。

学費詳細・費用

製菓総合専門士科 総額:336万9千7百8十1円
入学金:20万円
授業料:110万円
実習費:89万円
施設費:61万円
教育充実費:22万9千7百8十1円
ヨーロッパ研修積立費:34万円

取得可能な資格一覧

製菓総合専門士科で取得することのできる資格としては製菓衛生師受験資格、菓子製造技能士受験資格に必要な実務経験短縮、パン製造技能士受験資格に必要な実務経験短縮、職業訓練指導員受験資格取得に必要な実務経験短縮、専門士(衛生専門課程)、国家公務員Ⅱ種試験受験資格、茶道裏千家許状、テーブルコーディネート、フラワーデザインなどの資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

製菓総合専門士科ではア・ラ・カンパーニュ、アルカイク、ヴェールの丘、うかい、オークウッドお菓子工房伸、川島屋、キルフェボン、キャトルキューイーディークラブ、銀座ウエスト青山ガーデン、クラウンベーカリーグランドハイアット東京、クリオロ、グルメ和光、コンラッド東京、サンジェルマンサンメリー、シーライン東京、シェフォーレ、セントマーガレットウェディングなど様々なホテル(ペストリー&ベーカリー)、レストラン(製菓)、洋菓子専門店、製パン専門店、商品開発、和菓子専門店、ブライダル専門、洋菓子大手チェーン店、製パン大手チェーン店、カフェなどの進路へ進んでいます。

製パン専科|学費:101~200万

概要

製パン専科は1年制の学科です。
製パン専科では世界のパンから調理パンや菓子パンまでを徹底的に学び、在学の1年間でパン職人(ブーランジェ)として現場で活躍出来るように実習を中心に学ぶことの出来る学科となっています。
製パン専科の特徴としてはプロから学ぶことのできる実習中心の即戦力となる学科、世界にある様々なパンの背景にある文化までを学ぶことができ、手ごねの工程とマシンの工程の両方を学ぶことができます。
またセンスを磨くことのできるフラワーデザイン、デザイン、陶芸などの芸術系の授業があり、通信教育科と併習で製菓衛生師の受験資格を取得することができ、構内カフェで現場さながらの販売実習を行うことができるという5つの特徴があります。
また創授業時間が1298時間あるうち、実習が924時間という長い時間学習することができるので世界のパンについて徹底的に学ぶことができ、即戦力を育成することができます。

学費詳細・費用

製パン専科 総額:158万千8十6円
入学金:20万円
授業料:55万円
実習費:41万円
施設費:31万円
教育充実費:11万千8十6円

取得可能な資格一覧

製パン専科で取得することのできる資格としては通信教育科との併習によって製菓衛生師の受験資格が取得可能になり、パン製造技能士受験資格に必要な実務経験短縮、テーブルコーディネート、フラワーデザインなどの資格を取得することができます。

就職・内定先の実績

製パン専科では高野フルーツパーラー、立川伊勢谷製菓、田奈加亭、ダロワイヨ、トロンコーニノバレーゼ、パティスリーヴォワザン、パティスリーカルヴァ、パティスリークレヨン、パティスリードゥシェフフジウ、パブロ、パリの朝市、プルミール、ヒルトン東京ブーランジェリーKヨコヤマ、ブールミッシュ、ペールノエル、ベッカライしゅんたボンジュールボン、ポンパドオル、ホテルニューオータニ、マロニエ、ユー松月、ラリアンス、リッツカールトン東京リンドバーグカフェ、ルカド、ル・ジャルダン・ブルー、ル・セル、レストランTERAKOYAなどホテル(ペストリー&ベーカリー)、レストラン(製菓)、洋菓子専門店、製パン専門店、商品開発、和菓子専門店、ブライダル専門、洋菓子大手チェーン店、製パン大手チェーン店、カフェなどに進路を進めています。

国際製菓専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

フランス語をお菓子に関する単語だけでも勉強することができ、覚えることが来たので良かったです。
少人数なので様々な人と仲良くなれます。
製菓実習が多くわからないことは講師の先生が丁寧に優しく教えてくれるので安心することができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

校内にある休憩スペースが人数に対してすごく狭かったです。
学費は材料費や道具などにお金がかかったりしてしまうのでほかの学校に比べるとやや高いです。
あまり進路に関してのサポートはなく、業界としてどんな雰囲気なのかどんな先輩がいるのかのサポートがあまりなかったです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*