服部栄養専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

服部栄養専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
服部栄養専門学校は学校法人に認可されています。

服部栄養専門学校の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4 認可

姉妹校の情報

姉妹校はありません。

服部栄養専門学校の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR代々木駅/JR各線新宿駅/都営大江戸線代々木駅/東京メトロ副都心線新宿三丁目駅

服部栄養専門学校の入試情報

AO入学:書類審査、面接考査
公募推薦入試:書類審査、面接考査、Ⅱ型のみ学科試験
社会人・中高大短専既卒者自己推薦入試:書類審査、面接考査
留学生自己推薦入試:書類審査、面接考査、日本語能力調査
総合推薦入試:書類審査、面接考査
一般入試:書類審査、面接考査

服部栄養専門学校のオープンキャンパス情報

服部栄養専門学校では調理を実際に教えてもらえる体験入学や、都合に合わせて時間を選べる学校見学、受験生に合わせて行われる学校見学会の3つのタイプのオープンキャンパスがあります。
体験入学は全学年の高校生に人気でプロ仕様にされた実習室での本格的な調理が体験できます。
講義や見学もできるので、実際の雰囲気を知る為にとても良いプログラムです。
学校見学は参加時間を自由に選べるので、ダブルスクールや社会人の方が多く参加します。
授業に参加が可能で、個別の面談も同時開催されます。
学校見学会は日付限定ではありますが、平日に参加が難しい学生、社会人、大学生に向けたテーマ別の会になります。
受験希望者に合わせたオープンキャンパスが随時行われているので、学校選びの良い参考にできます。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

栄養士科|学費:201~300万

概要

栄養士の資格取得に向けた勉強はもちろんのこと多くの調理実習を2年間のカリキュラムに組み込み、調理ができる栄養士の育成を目指しています。
卒業後も管理栄養士の受験をサポートしているなど、生徒が栄養士として業界で活躍するために万全の状態で学習できる環境が用意されています。
栄養士という職業は、人の食生活を健康的にコーディネートすることが重要な仕事です。
上手なコーディネートをするには、内容が食とその栄養だけに限らない為、幅広い知識が必要となります。
栄養士科では人々が健康を維持するための栄養とは何かということから調理の実践的な技術まで、実験と実習を中心としたカリキュラムで身につけていくことができます。
一流を知ることは自分のスキルをより高めるための近道でもあります。
マスターコースでは学科にプラスして、より深く専門的な知識と技術を学べる9のコースをが用意されています。
調理師や栄養士の資格をさらにスキルアップできるこのコースは、卒業後に学ぶことももちろん可能です。
業界の超一流が教授として直接指導にあたります。
この服部学園だからこそ実現できる教授陣の顔ぶれで、これだけの人たちから学べるチャンスは他の学校ではなかなか考えられません。
各コースによって学習期間や授業回数、開催日程が異なる為、受講希望者は入学後に詳細を確認する必要があります。

学費詳細・費用

栄養士科 総額168万円
入学金:23万円
授業料:146万円
実験・実習費:68万円
施設費:50万円
教育振興費:12万円
諸経費:32万円

取得可能な資格一覧

卒業時に専門士の称号と栄養士免許、食育栄養インストラクター、技術検定証(上級)、食品衛生責任者の資格を取得します。

就職・内定先の実績

明治、東京慈恵会医科大学付属病院、駿河台日本大学病院、特老ホームまりも園、シダックス、牧田総合病院、富士産業、日清医療食品、緑ヶ丘保育園、日本製粉、伊那食品工業、杉並区公務員などの内定実績があります。

調理師本科|学費:301~400万

概要

調理ハイテクニカル経営学科、調理師本科、調理師科の3つに分かれた学科です。
高校卒業生から社会人、大学生のダブルスクールまで対応したコースが用意されています。
調理ハイテクニカル経営学科はオーナーシェフやシェフ、パティシエを目指す方のために専門性の高い学習を行います。
料理の基本的な技術はだけでなくマネージメントやサービス論までより深く知識と技術を習得します。
調理師本科では和洋中と製菓、製パンのすべてにおいて基礎から最新技術までを1年かけて身につけ、最短で調理師免許を取得することができます。
調理以外にも、ワインやサービス、マネージメントなどの知識と技術も学習します。
調理師科では社会人やダブルスクールの方でも通える夜間に調理師免許の取得を目指します。
総合的な能力を身につけ、実践力とプロとしての自覚をもって力をつけます。
また、同学科のパティシエ・ブランジェクラスでは、製菓・製パンの知識と技術を1年間で基礎から学べるコースもあります。
洋菓子やパンだけでなく和菓子などの製菓の全て分野を学び、オーナーを目指すための経営学やカフェ、フードなどの現場で役に立つ専門知識も同時に身につけることができます。
実習では一流パティシエや一流ブランジェが直接指導にあたる上、就職するときにとても有利な調理師免許も取得できるので、将来パティシエやブランジェとして第一線で活躍したい方におすすめできます。
一流を知ることは自分のスキルをより高めるための近道でもあります。
マスターコースでは学科にプラスして、より深く専門的な知識と技術を学べる9のコースをが用意されています。
調理師や栄養士の資格をさらにスキルアップできるこのコースは、卒業後に学ぶことももちろん可能です。
業界の超一流が教授として直接指導にあたります。
この服部学園だからこそ実現できる教授陣の顔ぶれで、これだけの人たちから学べるチャンスは他の学校ではなかなか考えられません。
各コースによって学習期間や授業回数、開催日程が異なる為、受講希望者は入学後に詳細を確認する必要があります。

学費詳細・費用

調理師本科 総額376万円
入学金:22万円
授業料:156万円
実験・実習費:100万円
施設費:52万円
教育振興費:12万円
諸経費:34万円

取得可能な資格一覧

卒業時に専門士の称号と調理師免許、食育インストラクター3級、技術検定証(上級)、食品衛生責任者の資格を取得をします。
その他にも、レストランサービス技能検定やだしソムリエの資格取得を目指すことができます。

就職・内定先の実績

ホテルオークラ、ラ・ロシェル、帝国ホテル、ホテルニューオータニ、つきぢ田村、菊乃井、クイーン・アリス、赤坂四川飯店、トシ・ヨロイヅカ、崎陽軒、新宿高野、オテル・ドゥ・ミクニなどが主な就職先になります。

服部栄養専門学校の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

学校の設備や校舎はお金がかかっている分、とてもきれいで整っています。
授業ではお菓子だけでなく、料理も多く学べるので、パティシエを目指しながらも料理にも興味がある方におすすめです。
業界ではかなり有名な学校なので一流ホテルや一流製菓店など就職先がとても充実している印象です。
就職先には卒業生も複数働いている場合があるので先生にはいってくる情報からも安心して就職できます。
製菓の分野で、調理師免許がとれる学校は数少ないので、製菓の道を目指す人には将来に活かせる学校です。
他にも在学中に食育インストラクターという資格もとれるので肩書として名刺に書けるのでお得感があります。
家でお菓子をつくるのも失敗していた人間でしたが、料理の理論から技術まで丁寧に教えてもらえたのでたった1年間でもかなり上達しました。

口コミ元

ネガティブな口コミ

授業はとても厳しいし、課題が多かったり授業外の時間を取ったりする必要などがあり、それが身になった!と思う人は少ないです。
個人個人でやりがいのある事を課題にしてくれればいいが、将来的に就職する仕事で大事かつ使えるのは栄養士の資格だけに近いので他の学費が安い学校でも事足りたかもしれないと後悔する部分もあります。
学校のテストでは良い成績を収めてそれを就職先に見せるために頑張るだけで授業を通して先生から栄養士として役に立つような有意義なことを教わることはなかったです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*