東京ベルエポック製菓調理専門学校の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2020-08-25

         

東京ベルエポック製菓調理専門学校は東京都にある製菓・調理・栄養系の専門学校です。
東京ベルエポック製菓調理専門学校は学校法人に認可されています。

基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
製菓・調理・栄養系 第1校舎:東京都江戸川区西葛西5丁目2-11/第2校舎:東京都江戸川区中葛西4-2-5 認可

姉妹校の情報

福岡ベルエポック美容専門学校、札幌ベルエポック美容専門学校が姉妹校です。

パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

東京メトロ西葛西駅

入試情報

AO入試:オープンキャンパス参加、AOエントリー提出、書類選考
一般入試:書類選考、面談
自己推薦入試:オープンキャンパス参加、書類選考、面談
高校推薦:オープンキャンパス参加、書類選考、面談
自己推薦入試:オープンキャンパス参加、書類選考、面談
留学入試:オープンキャンパスに参加、書類選考、作文、面接

オープンキャンパス情報

東京ベルエポック製菓調理専門学校のオープンキャンパスは友人同伴も可能です。
主に体験授業と個別相談会が中心になります。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

パティシエ科|学費:301~400万

概要

東京ベルエポック製菓調理専門学校のパティシエ科では、舞浜の有名店のオリジナルレシピをつかった製菓を作れます。
世界のトップパティㇱエが関わるョコラブランドのヴァローナと協力して優秀なパティシエを育成しています。
舌が磨かれるので製菓を作る腕も自然とあがっていきます。
パティシエ科の授業のほとんどは実習です。

学費詳細・費用

パティシエ科 総額344万円2000円
諸経費:14万1000円
入学金:15万
授業料:70万円
施設:67万円
総合:15万円

取得可能な資格一覧

サービス接遇検定2級・3級、A・F・T色彩検定3級、食品衛生責任者、ビジュアルフードクリエイター検定、商業ラッピング検定3級、フードコーディネーター3級、食品衛生責任者、製菓衛生師などの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社東京ベイホテルズ東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、株式会社東京ベイホテルズ東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、株式会社ミリアルリゾートホテルズ、株式会社そら、株式会社 東京ドームホテルなどが内定先のデータとして公開されています。

製菓調理師科|学費:301~400万

概要

製菓調理師科は昼間の2年制です。
製菓調理科はお菓子作りと料理の技術を両方を習得する学科です。
調理師やパティシエに興味があり、技術力をあげ製菓も調理の知識を増やしたい人におすすめされています。
授業を2年間接続して行う事で製菓衛生師と調理師の国家資格をとれます。
両方の資格を取得することで、就職の職種も幅も広がります。

学費詳細・費用

パティシエ科 総合344万円2000円
諸経費:14万1000円
入学金:15万
授業料:70万円
施設:67万円
総合:15万円

取得可能な資格一覧

フードアナリスト検定4・3級、ESCコミュニケーションスキルアップ検定、フードコーディネーター3級、ビジュアルフードクリエイター検定、サービス接遇検定3級、食品技術管理専門士、製菓衛生師、調理師などの資格が取得できます。

就職・内定先の実績

鹿島製菓株式会社パン工房 ファリーナ、株式会社サザビーリーグアイビーカンパニー、バンロール、川島屋、ピーターパン、カーラアウレリヤ、リヨンセレブ、道の駅成田、NAKAYAアンポンタンドゥなどの内定先の情報が公開されています。

調理師科日本料理専攻|学費:301~400万

概要

東京ベルエポック製菓調理専門学校の調理師科日本料理専攻は昼間の2年制の学科です。
世界に誇る伝統と和の日本料理の知識と技術を専門家から習えます。
北海道とのコラボでいつでも美味しい食材が使用できます。
1年次は和洋中を学んで基本の基礎をしっかり作り、2年次から日本料理の基礎を学習し、徐々に神髄に近づいていきます。

学費詳細・費用

調理科日本料理専攻 総合322万円4000円
諸経費:12万6500円
入学金:15万
授業料:60万円
施設:67万円
総合:15万円

取得可能な資格一覧

フードコーディネーター3級、ビジュアルフードクリエイター検定、サービス接遇検定3級、A・F・T色彩検定3級、食品技術管理専門士、調理師などの資格を取得できます。

就職・内定先の実績

ホテルオークラ東京、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、グランドハイアット東京、リゾートトラスト株式会社、ホテルイースト21、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ、帝国ホテル、目黒雅叙園などが内定先の情報としてあげられています。

カフェビジネス科|学費:201~300万

概要

東京ベルエポック製菓調理専門学校のカフェビジネス科は昼間の2年制の学科です。
有名店の頂点にたつ専門家から最も新しく素晴らしい技術と知識を学べます。
食材は北海道と台湾の食材を使っています。
東京ベルエポック製菓調理専門学校は業界の伝手があるので、コラボでプロの目にとまれば憧れのカフェに就職することができます。

学費詳細・費用

カフェビジネス科 総額279万円5000円
諸経費:13万5000円
入学金:15万
授業料40 万円
施設:67万円
総合:15万円

取得可能な資格一覧

製菓衛生師通信課程併修で製菓衛生師、サービス接遇検定3級、食品衛生責任者、ビジュアルフードクリエイター検定、A・F・T色彩検定3級などを取得できます。

就職・内定先の実績

株式会社トランジットジェネラルオフィス、俺の株式会社、タリーズコーヒージャパン株式会社、バルニバービ、株式会社プロダクトオブタイム、アンティ・アンズ、株式会社トランジットジェネラルオフィス、猿田彦コーヒーなどが内定先の実績としてあげられています。

パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

色んな有名ホテルの料理長や、サービスのプロの方が教えに来てくれるので、現場の具体的な状況や内容などを教えてくれたりするのでどんなところかどのような職場か想像しやすく、就職をする際にも先生方の体験談などが役立ちます。
就職実績は、他の調理系の学校がどうかは知らないので基準が分かりませんが、おそらくいいと思います。
廊下や階段などに就職履歴のようなものが飾ってあるのでそこそこいいと思います。
最寄駅からは少しだけ歩きます。
学校の周りはコンビニが近いのでお昼などのときに良いと思います。
大通りに面しているので模擬的にお店を出したときはお客様が来店しやすいと思います。
2年間で1000時間を超える実習時間とお菓子の基礎を学べる座学があり、豊富な実習時間では講師からのわかりやすい講習があり、放課後に自由に使える実習室で自分の好きなお菓子を作ることができます。
道具も自由に使え、自宅では作れなかったものを作ることができます。

口コミ元

ネガティブな口コミ

幅広く学べる面ではとても良いが、どうしても時間が足りないため広く浅くの知識しか蓄えることができず、実際の就職活動に役立つことは少ないです。
卒業から半年たちましたが、仕事を続けてる人は多くいます。しかし、飲食業についた方が多いため、日々仕事に追われてるように思います。
講師の方はやりたいことを詰め込みすぎて、時間内に終わらない、時間が足りず省くところがあるなど、計画性がないように思えます。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*