市立室蘭看護専門学院の評判は?【入試・就職情報】

masman

by 管理人

更新日:2020-08-25

公開日:2019-06-12

         

市立室蘭看護専門学院はにあるの専門学校です。
市立室蘭看護専門学院は学校法人に認可されています。

市立室蘭看護専門学院の基本情報

グループ ジャンル 所在地 学校法人
看護・医療系 北海道室蘭市高砂町3ー11ー1 認可

姉妹校の情報

市立の学校の為、室蘭市との提携があります。
姉妹校はありませんが、市の病院や医療施設での実習を行っています。

市立室蘭看護専門学院の
パンフレット・資料を見る

入試・オープンキャンパス

最寄り駅

JR鷲別駅

市立室蘭看護専門学院の入試情報

一般入試:国語総合、数学Ⅰ・A、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、生物基礎、集団面接、個人面接
社会人入試:小論文、面接
機関推薦入試:国語総合、数学Ⅰ・A、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、生物基礎、個人面接

市立室蘭看護専門学院のオープンキャンパス情報

市立室蘭看護専門学院は学校祭である室看祭と同時にオープンキャンパスがあります。
緑が多く、歴史のある建物へ実際に足を運ぶ機会はこのタイミングしかない為、進学を希望する方は必ず参加しています。
オープンキャンパスでは学校紹介ムービーの上映や校舎内見学ができます。
見学後は在校生との懇談時間が設けられているので、先輩と直接話をする機会は貴重です。
オープンキャンパスは午前中で予定がすべて終了する為、午後は室看祭を満喫することができます。
機会は少ないですが、1日で学校を知ることができるのでとても効率的なオープンキャンパスです。

コース詳細

各コースで概要、学費、取得できる資格、就職先をまとめました。

看護学科|学費:101~200万

概要

看護の基礎的な部分から応用・現場での実技まで看護に関する知識を深く広く学びます。
実習では実習報告レポートだけでなく病院の資料記録をすることが多くある為、文学分野の授業にて読む相手にもわかりやすい文章の書き方を学ぶこともあります。
実習では患者さんへの治療糖に向けて体力を多く必要とするので、保健体育の授業では、学内でバレーボール・長縄跳び、学外では登山やスキー学習といった豊富なスポーツを受講することができ、卒業後の体力も安心できます。
英語の授業でも日本人講師による座学的な文法の授業と外国人講師による英会話の授業の2単位あるので、基礎的なサポートがされています。
病院では外国人患者さんへの対応もまれにある為、学習が重要になります。
このように、ほとんどの授業が看護に結びつけられた内容になっている為、看護師を目指す方には最適かつ良好な学習環境だと言えます。
また臨地実習では学んだ知識をいかし、臨床の場で実際の患者さんたちと深く関わりながら学ぶことができます。
病院だけでなく、デイサービスや老人ホーム、保育所での実習もある為、実習期間中に将来の目標を明確化することができます。
年間行事の中には、市立室蘭総合病院での災害訓練に模擬の患者として参加する機会があり、患者さん側の気持ちや医療現場の技術を体験しながら学ぶ機会もあります。
年に1度の室看祭では、同時にオープンキャンパスがあるので入学希望者はぜひ参加したいところです。
日胆地区スポーツ交流会や港祭り市民踊り、ボランティア活動など地域に寄り添って学生行事がある為、地元への愛も育めます。

学費詳細・費用

看護学科 総額180万円
入学金:5万円
授業料:79万円
教科書代:60万円
その他:36万円

取得可能な資格一覧

卒業後に看護師国家試験の受験資格、保健師・助産師学校・養護教諭養成機関の入学受験資格、大学編入受験資格が取得できます。
目指す将来に合わせて国家試験だけでなく、次のステップを学ぶ準備もできます。

就職・内定先の実績

市立室蘭総合病院、製鉄記念室蘭病院など市内の病院への就職が大半を占めています。
機関推薦入試と呼ばれる室蘭市医師会が行う入学試験制度があり、この方法で受験した場合、医師会に関連する病院への就職がほぼ確実となりますので、室蘭市内での医療従事者を目指す方はこの学校の受験を推奨します。

市立室蘭看護専門学院の
パンフレット・資料を見る

口コミ・評判

ポジティブな口コミ

正看護師の資格を取得したいと考えている人は公立の専門学校で学費も入学金も安く、奨学金も貰えるので進学先としてとても良いと思います。
委託契約制度があり、その制度で入学した人は就職先が決まっている状態の為、就職試験などは受けずに済みます。
国家試験の合格率は100%ではないから准看護師の試験を受けておく人もいるが、対策として模試の受験や過去問、冊子などを積立金で学校が購入して用意してくれます。
学校は古いです。
図書室や技術の練習ができる場もあるので、古い設備だとしても就職先と同じ場合も多々あるので、ギャップがなくて良いです。
奨学金は地元の病院からのものを受けられれば、そこの病院で働けば返済が免除になるなど学費のサポートがとても良いです。
看護学校の中ではわりと自由な校風な為、のびのびと勉強ができます。
市内、近隣地域の病院への就職がほとんどですが、看護大学への編入や保健師・助産師学校へ年に数名進学する人もいるので、将来への選択しはある方です。
1年生の時から国家試験に向けての授業や模擬試験があるので、看護師国家試験の合格率は割と高めです。
バス停が近い為、バス通学の人は便利ですし、駅まで徒歩10分ほどなので、アクセスは悪くないです。
男女比は圧倒的に女性が多く、みなで看護師になる夢を目指しているので仲間意識が強いです。

口コミ元

ネガティブな口コミ

国家試験の合格率は非常に良いですが、サポートがあまり充実していない為、流されるように生活をしていまいがちです。
真剣に目指してはいるので、自力で頑張る必要があります。
山にある立地のせいかアクセスが悪く、周辺にも若者向けの施設がないです。
バスの本数や専用駐車場の数が少ないです。
就職先は市内の医療機関になるのがほとんどで、外部や他県に行きたい人には授業も実技も足りていないので向いていません。
男性が少ないので友人は多くできるが、学生恋愛は少ないです。
講師は現役の医師や看護師の為、充実しているが、先生ではないので内容にムラやばらつきがあります。
校舎が古く、冬は非常に寒いです。
実習室や教室はたくさんありますが、あまり使われておらず、実技に使うような備品や道具が少ないので時々困ることがあります。
近くに娯楽施設は何もないので退屈しますが、勉強に集中するという面では良いです。
友人関係は良好ですが、サークルや部活動がない為、他のクラスや他学年と交流できる機会が少ないです。

口コミ元

関連記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*